【TDL】つらい花粉の時期を乗り切ろう!ディズニーリゾート最新花粉対策情報☆

ディズニーリゾート 花粉対策

ディズニーランドやディズニーシーを歩いていて思うのは・・・時期が来ると苦しくなる花粉という凶器!

最近はスギだけでなく、モミの木セイタカアワダチソウからくる花粉、更にはPM2.5黄砂といった公害に伴う微細生物による症状なども出てきて、もはや花粉症を持っていなくても苦しくなります・・・。

そのせいか、苦しい時期は春だけにとどまらず、筆者のように四季折々、年がら年中アレルギーと戦っている人もいるわけで・・・本当にたまったもんじゃありません^^;。

しっかり対策を取りたいものの、実際パーク内に入ってから症状に気づいてしまったらどうすることもできない気がしますよね・・・。

そこで今回は、パーク内でもできる花粉対策や、あらかじめ持って行っておきたい最新花粉対策グッズを紹介していきたいと思います!

マスクが嫌いな人でもできる簡単な対策方法もお教えしますので、絶対役立つと思いますよ!

意識して花粉対策!パーク内でできる花粉対策方法

もともと花粉症じゃないから大丈夫!と思ってパークインして・・・数分で発症するなんてザラなことです。

もちろんちゃんとした準備をするに越したことはありませんが、準備していなくても意識すれば花粉の驚異から自分の身を守ることも可能です。

ここでは、パーク内で花粉症の症状やアレルギー症状が出ちゃった時のための対処法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

ポケットティッシュが見つからない時はキャストさんに相談!

アレルギー症状で最も多いのは、くしゃみ鼻水

そうなると欲しくなるのはティッシュですが、歩き回る一日に箱のティッシュはさすがに荷物になってしまうので、ポケットティッシュが欠かせないですよね。

とはいえ、アレルギー症状に耐えるための分量としては1~2個なんて可愛い個数では持ちこたえることができません・・・最低限7~8個持っている必要があります。

いざとなれば買えばいい!と思うかもしれませんが・・・実はパーク内では表立った場所にポケットティッシュを陳列しているお店がないんです(´;ω;`)。

自分もディズニーランドへ遊びに行ったある日に気づきショックを受けたことを覚えています^^;。

ですが、ただ表に出ていないだけでちゃんと用意されているのでご安心を。

ディズニーランドの「グランドエンポーリアム」、及びディズニーシーの「エンポーリオ」では、キャストさんにお願いすると、裏からディズニーリゾートオリジナルデザインの可愛いポケットティッシュを出してくれるんです!

他のお店でも用意がある場合がありますが、確実なのはやはり各パークで随一の大きさを誇るお土産屋さんですので、欲しいと感じたらこのお店で探すようにしましょう!

ただし、数に限りがあったり、時期によっては在庫がない場合もあるので、注意も必要です・・・。

花粉が飛びやすい場所は要注意!避けて通ろう!

パーク内でも木々が多い場所や、花粉を飛ばす花々が植えられている場所は確実に花粉症への第一歩へ足を踏み入れているも同然です。

そこを避けて通るということは、一部のアトラクションやショー、お買い物が楽しめなくなるということにつながりますが・・・体を第一にして諦めることを覚えるのも大事です(´・_・`)。

特にディズニーランドは危険地帯が多く、下記のマップ上に記載した3つの場所は花や木々が大変多く、アレルギー症状に苦しむ方にとっては避けたほうがいいと感じました・・・。

ディズニーリゾート 花粉対策

ディズニーリゾート 花粉対策

画像参照:東京ディズニーランド「マップ」より

Aはクリッターカントリー周辺区域で、川があるから湿気が出て花粉が出にくい!・・・と感じるかもしれませんが、「蒸気船マークトウェイン号」や「ウェスタンリバー鉄道」に乗ると触れ合う自然からは大量の花粉が(;´Д`)。

Bはウエスタンランドとアドベンチャーランドの境目にあり、違いをはっきりするために多くの木々が植えられている場所なのですが・・・この場所は湿気により四方からやってくる花粉が留まりやすく、「スイスファミリー・ツリーハウス」は登ってる最中に鼻がむずむずとしてきます(;_;)。

筆者はスイスファミリー・ツリーハウス好きなんですが・・・最近花粉の影響が怖くて歩けません(´・ω・`)。

Cは意外に感じる方も多い、「プーさんのハニーハント」のファストパス発券所付近を表しています。

お手洗いやワゴンも立ち並び、人気の高いハニーハントを待つ人で普段から賑わう場所ですが、実はこの近くに植えられている木々はスギなんです・・・(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!。

アトラクションを楽しみたい気持ちも大きいかもしれませんが、花粉症で苦しむことを考えるとあらかじめ避けたほうがいいかもしれませんね^^;。

マスク嫌いでも大丈夫!最新花粉対策グッズBest3☆

風邪をひいていない限り使うこともないマスクですが、花粉の時期になるといきなり大活躍しますよね。

ですが、マスクを身に付けると呼吸がしづらくなるだけでなく、自分の話し声も少し小さくなってしまい、正直マスクは嫌いだ!という人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、マスクを必要としない最新花粉対策グッズを3つ紹介させていただきます。

今年からは、もうマスクの圧迫感に苦しまなくて済みますよ!

その1:イハダ アレルスクリーンEX スプレータイプ

ディズニーリゾート 花粉対策

ディズニーリゾート 花粉対策

画像参照:Amazonより

最近ではコンビニでも販売されるようになった、スプレーするだけで花粉やPM2.5をブロックしてくれる、ミストタイプの化粧水です。

ミクロ上に噴射された化粧水が肌に着くと、特殊な静電気を発することで肌から花粉等が入るのをブロックしてくれるんです。

化粧をした上からかけることもできるので、ばっちりメイクをしてからこれを噴射すればマスクいらずでお出かけすることができます!

玄関に置いて、出かける前に噴射する習慣をつけると、だいぶ体も楽になりますよ^^。

その2:ファブリーズ 消臭スプレー 布用 ハウスダストクリア

ディズニーリゾート 花粉対策

ディズニーリゾート 花粉対策

画像参照:Amazonより

外を歩けば必ず洋服についてしまう花粉は、ただバンバン叩いただけではなかなか落ちてくれません。

そこで、家に入る前にこれを洋服にスプレーすることを強くおすすめします!

ファブリースは除菌効果が強いことで有名ですが、この除菌効果をうまく使って、洋服についた花粉やハウスダストを減らしてくれるんです!(完全に消し去るわけではありません)。

パーク内で利用する場合、2~3時間おきに噴射して、少しパンパン叩くだけでも大きい効果を得られますよ^^。

その3:痛くない鼻うがい ハナノア シャワータイプ

ディズニーリゾート 花粉対策

ディズニーリゾート 花粉対策

画像参照:Amazonより

鼻うがいと聞くと、「痛い」「気持ち悪い」「やりづらい」というネガティブワードが聞こえてきそうですが、このハナノアは日常生活から簡単に鼻うがいをしやすくしてくれるキットなんです。

液体は体液に近い洗浄液になっているので鼻の中に入れても痛くならず、かつハッカエキスが入っているので、うがいをしたあとはスッキリ爽快感を得ることができます。

ちょっとアマゾンの紹介映像が・・・その・・・衝撃的ではありますが、正しい使い方ですので、動画で使い方を学んで使うようにしてください^^。

左右どちらかの鼻にスプレーキットを押し当て、「あーーー」と声を出しながらグッとスプレーキットを押すと、反対の鼻の穴から液体が出てくるのですが・・・注意すべきは「上を向かないこと」です。

上を向いて使うと、液体が全部体に入ってしまうので、これは本当に注意してください(;´Д`)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA