宿泊無しでも使えちゃう!ディズニーホテルのラウンジの特徴は?

ディズニーリゾートには、たくさんのホテルがあります。ディズニーランドやシーに行くとき、日帰りでしか行かない人はご存じないかもしれませんが、宿泊していないくてもホテルの中には利用できてしまう施設があるんです。

ディズニーリゾートのホテルを利用した時に、ホテルの施設をあまり利用せずに全力でパークに行ってしまう人はかなり多いのではないでしょうか?

せっかく行ったのにお天気が悪くて……室内でのんびりしたいときや特別なお祝いなどでのんびり過ごしたいとき。

泊まらないけれど、アフタヌーンティーなどで優雅に過ごしたいときなど、色々なシチュエーションに利用したくなるようなラウンジがあるのを知らない人が多く、使わないのはもったいないと感じる瞬間が多々あります。

シーズンイベントに沿った特別メニューやそのホテルにしかない、知ったら行きたくなってしまう魅力的なメニューやリッチな気分になれてしまう雰囲気もあわせてご紹介します。

ハイピリオン・ラウンジ(ディズニーアンバサダーホテル)

概要

営業時間

  • ブレックファスト:6:30~10:30
  • カフェ&カクテル:12:00~22:00

席数:80席

イクスピアリに隣接しているアンバサダーホテルにあるのが「ハイピリオン・ラウンジ」です。

アールデコ調のホテルの内装に合わせたインテリアは、優雅さだけでなく落ち着く印象があります。

天井近くまである、光が入ってくる大きな窓は、室内なのに開放感があって快適さをより強く感じるでしょう。

置かれた調度品も魅力ですが、こちらのお店はキャラクターをモチーフにしたケーキが見るだけでテンションが上がってしまうほど可愛いです。

ディズニーホテルのラウンジの中でかわいいケーキを食べたいのであれば、このお店にぜひ足を運んでいただければと思います。

窓の外に広がる非日常感や室内に差し込む日差し、風景の変化ものんびり過ごしたい人には嬉しい演出の一つです。

ホテルに宿泊しようとやってきた人や食事を終えた人たちが行き交う楽しそうな声もこのラウンジでは心地よいです。

キャラメルチョコレートケーキ(1,300円〉

キャラメルチョコレートケーキの上に乗っているのは、ミッキーマウスのデビュー映画”蒸気船ウイリー”のフィルムがチョコレート飾りになっていてディズニーファンの心をくすぐります。

特に今年はミッキー生誕90周年なのでミッキーのお祝いもかねてデビュー作に思いも馳せるのもよいでしょう。

しっかりとした柔らかなスポンジの味わいは一人で食べるのはもったいないです。

サイズは小ぶりですが、何人かで行ってシェアして食べると、より一層楽しい時間が過ごせるでしょう。

ケーキだけでなく紅茶またはコーヒーも付いてくるので、時間をゆったり過ごしたいなら食事を頼むよりケーキを頼んだほうがのんびり過ごせてオススメです。

モンブラン(1,700円)

こちらもコーヒーまたは紅茶が付いたセットです。

チップとデールがドングリを運んでいるのですが、その中に特別なドングリが!?というようなストーリー性も感じさせます。

チップとデールが好きなドングリがモンブランの栗と同じブナ科なのでチップとデールがデザインされているんでしょうね。

モンブラン自体も栗の風味がしっかりと効いていて、器もチョコレートで出来ているので、すべてが美味しく食べられる逸品です。

ドリーマーズ・ラウンジ(東京ディズニーランドホテル)

概要

営業時間

  • ブレックファスト:6:30~10:30
  • ランチ&スウィーツ:11:30~17:00
  • ディナー&カクテル:17:00~23:00

席数:77席

ドリーマーズ・ラウンジは、ディズニーランドの隣にあるディズニーランドホテルの2階にあるラウンジです。

このお店の一番のオススメはなんといってもアフタヌーンティーセット!

数量限定なのですが、周りを見ると来店するほとんどのお客さんが頼んでいる超人気メニューです。

アフタヌーンティーセット(4,000円)

アフタヌーンティーセットはシーズンイベントにちなんだメニューになっています。

どのベントの時に行ってもかわいくて食べるのがもったいないくらいです。

過去に私が行った際に食べたアフタヌーンティーセットについてこちらの記事でも紹介していますので是非見てみてくださいね!

何度でも通いたくなるドリーマーズ・ラウンジのアフタヌーンティーセット

細かいメニューは毎回変わるのですが、構成はほとんど同じなので簡単に紹介しますね。

1皿目:サンドウィッチ&オードヴル

サンドウィッチやキッシュなど、アフタヌーンティーには欠かせない軽食を楽しむことができます。

アフタヌーンティーではお喋りとお茶を楽しむための導入部分だからなのか、素材だったり食べやすい様なサイズになっていたりと色々な工夫が見てとれます。

シーズンごとに内容も変わっているようです。私は特にキッシュを毎回楽しみにしているのですが、口にするたびにまた来ようと感じるほど。

見た目も素敵なので、この一皿目だけで話も盛り上がりますね!

2皿目:スコーン

プレーンのスコーンとシーズンイベントのスコーンとクロテッドクリーム・旬のフルーツなどを使ったジャムが付いてくるんです。

クロテッドクリームは生クリームとバターかマーガリンで作るクリームらしいのですが、ジャムとの相性もよく自分の好きな比率を探しながら楽しみましょう!

シーズンイベントによって変わるスコーンは黒かったり、デザートの要素が強かったり色々ですが、ジャムと合わせることで色んな発見があります。

少食な人はスコーンは少し控えめにして食べるとデザートを最後まで堪能できるでしょう。

3皿目:デザート

季節のフルーツを使ったゼリーやヨーグルトとタルトなどが乗ったプレートです。

本来のアフタヌーンティーセットであればここで終わりなのですが、ここで終わらないのでお腹もカメラや携帯の充電も抜かりなく準備しておきましょう。

デザートプレート

3段のティースタンドを食べ終えると、さらにデザートプレートが現れます(笑)

忘れてしまっていて、食べきるのに苦戦するのは私だけじゃないはず。

これに加えてコーヒー、紅茶がおかわり自由なのも嬉しいです。

紅茶は、季節によって変わるスペシャルティーも選ぶことができます

スペシャルティーは他の紅茶より値段が高いので、とりあえずスペシャルティーを選びがちな貧乏性な私です(笑)

あっという間に1時間以上の時間がたってしまいますよ。

ベッラヴィスタ・ラウンジ(東京ディズニーシーホテルミラコスタ)

概要

営業時間

  • ブレックファスト:6:30~10:00
  • ランチ:11:30~14:30
  • ディナー:17:00~22:00
  • ライトミール:14:30~17:00 / 22:00~23:00

席数:98席

ほかのディズニーホテルのラウンジに比べて食事メニューが充実しているのが、ベッラヴィスタ・ラウンジです。

入り口を見るだけでも特別な空間に入っていくように感じるので、ワクワク感が倍増しますね。

このお店の特徴はなんといってもディズニーシーのハーバーショーを席から鑑賞できることです。

ショーの時間帯は予約必須なのですが、ショーの時間でなければ予約しないでフラっと行ってもゆっくりできます。

ビール(1,000円)

暑い夏に屋内でビールを飲みながら見るハーバーショーは格別です(笑)

ビールの隣にあるのはプレッツェルなのですが、これがビールに付いてきたものなのか別に頼んだのか忘れてしまいました……

プロメテウス火山を眺めながら室内でお酒を飲むことができる場所は意外に少ないので、それだけでも特別感があります。

まとめ

それぞれのホテルの雰囲気を楽しめるラウンジでの飲食は、シーズンによって違うメニューやお気に入りの定番メニューをリピートするという楽しみ方があります。

平日と休日で客層も変化しますが、いついってもディズニーリゾートを楽しみに来た人の会話や結婚式や同窓会で集まった人たちなど色んなドラマに立ち会うという意味でも非日常感がとっても新鮮です。

お酒やお気に入りのコーヒー、紅茶、ハーブティと食事を楽しみながら自分なりの贅沢な時間の過ごし方を探してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA