【必須情報!】ランド&シーで慌てない!スマホの充電器事情や販売場所を紹介!

充電器事情

ディズニーランドやディズニーシーに行く時は絶対忘れられない必須アイテムの中に、誰しもが思い浮かべるスマートフォンデジタルカメラといった電化製品

パーク内の情報を調べたり、お買い物の決済に使ったり、想い出の写真を撮るためにも必ず必要となってくるので、現代の私たちにとってはなくてはならない存在ですよね。

とはいえ、そんな数々のアイテムの最大の弱点が「バッテリーがなければ何もできない」こと・・・。

満タンに充電したつもりでも、使ってるうちにみるみる電池残量が減っていき、とうとう光すら出すことができなくなってしまう・・・そんなこと、ありませんか?

この記事では電池、充電器が必要なアイテムのおさらいや電池不足の回避方法当日までに準備するべき点を紹介していますので、これからディズニーランドやシーへ向かう方は特にお読みになっておくと後悔しませんよ!

何に必要?意外と知らないバッテリー必須アイテム

まずは、どんなアイテムに充電や電池、バッテリーを必要とするのかを考えていきたいと思います。

1・スマートフォン

https://www.instagram.com/p/BoBfWO6lPUL/?tagged=%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3

これはもはや言わずともわかるものですよね。

通話やメールにカメラだけでなく、料金計算や時計の確認、天気の確認に至るさまざまな情報が即座に手に入るスマートフォンは、パーク内にいる9割の人が使っています。

最近では「東京ディズニーリゾート公式アプリ」も誕生し、アトラクションの待ち時間やショー・パレードの開始時刻のお知らせ、指定席獲得のための抽選、また将来的にファストパスの発券もできるようになるので、今後はスマホから目が離せなくなりそうです^^;

しかし、公式アプリは意外と電池を食ってしまうのが最大の難点・・・他のアプリと競合して起動していればなおさらのことですよね・・・。

随時ネット環境とつながっているので、通信するたびにガシガシ電池残量が持って行かれてしまい、情報検索だけで4~5%は消耗しているかもしれないので、常に残量を確認しながら使う必要がありそうです。

2・デジタルカメラ

スマホにもカメラ機能はありますが、より高精度な写真動画を撮影したいという方は特に一眼レフレンズを備えたカメラを持つことが多いようです。

特に動画サイトにアップロードするためのショー・パレードを撮影するために、規約に反しない程度のアイテムを揃えてパークインするガチ勢の方もいるので、今でもカメラの需要は大きいですね。

とはいえ、昔のネジを巻いてパシャっと撮るあのカメラとは異なり、電池がなければ動いてくれません><。

最近のものは充電式が多いですが、中古などで買う一昔前のデジタルカメラなら単三、および単四で動く電池式のカメラも見かけることがあります。

絶妙なタイミングを逃したくない!という時は、サブのバッテリー100均などで売っている電池だけでも持ち歩くと楽になるかもしれません(^_^;)。

3・ランタン型ランプ、アクセサリーランプ

夜になり、周囲が暗くなってくると、ついつい光り輝くディズニーデザインのランプが欲しくなりますよね。

道中あちこちのワゴンで、ディズニーの人気キャラクターをモチーフにしたランタン型のランプや首からかけて使えるアクセサリータイプのランプ、また小さい子に人気なステッキ型のランプなども販売しています。

お土産に悩んだ時には、こういった「パーク内限定アイテム」を渡すと意外と喜んでくれるので、迷った時には大活躍してくれます(^-^)。

とはいえ、いざ家に持ち帰って次の来園時に持って行ってみると、スイッチをつけたら反応がない・・・ということもありえます。

せっかく記念のアイテムを持ち歩くんですから、いつどんな時でもスイッチをつけたら光ってくれる!と思いたくなりますが、残念ながら電池の寿命はそこまで待ってくれません・・・。

ほとんどの商品はボタン電池を使用していますので、近くのコンビニや電化製品を扱っているお店で購入し、定期的に交換するようにしましょう。

持っていると便利!コンビニで揃えられる充電アイテムを紹介☆

続いて、パーク内を歩くときに持っていると便利な、充電アイテムの数々を紹介していきます!

ここで紹介したもののほとんどはコンビニでゲットできますので、もし当日持っていくのを忘れてもいざという時安心です♪

1・電池使用タイプのモバイルバッテリー

充電器事情

充電器事情

画像参照:Amazonより

モバイルバッテリーといえば一般的なのはあらかじめ充電しておくタイプのものですが、販売されているアイテムの中には「電池を使用するタイプのモバイルバッテリー」もあるんです。

利点はやっぱり電池式ですから、いざという時充電器自体の充電し忘れが予防できて、近くのコンビニや100均で販売している電池でも充電ができるのが最大の魅力です。

ただし、充電式のモバイルバッテリーよりも通電力が弱く、充電が終わるまでかなりの時間を要するので、「今使いたい!」という時に端末に挿せば、すぐに使えるというわけではありません・・・。

値段がお手頃な分、「それなりの能力」だという点を了承した上でもっておくといいかもしれません^^;。

2・充電タイプの乾電池

充電器事情

充電器事情

画像参照:Amazonより

1つめのバッテリーを購入するなら、是非一緒にあわせて購入して欲しいのが「充電タイプの乾電池」ですね。

「エネループ」などのブランド商品が多いイメージですが、最近は安価に購入できる自社オリジナルブランド製品も多数用意されていて、数年前に比べるとだいぶお手頃になりました。

乾電池といえば使い終わったらすぐゴミ箱行きになるイメージが強いですが、このアイテムがあれば半永久的に乾電池を購入しなくても良くなるんです!

主に単三の電池を使う機会が多い現代の家電製品の電池交換にも役立ちますので、パークへ持っていくだけでなく生活面にも大きな影響を及ぼすアイテムになること間違いなしです!

3・USB充電ケーブル

充電器事情

充電器事情

画像参照:Amazonより

これは購入しなくても、自宅のものを持ち歩くのも可能ですが「パーク内じゃ電池の充電なんてできないじゃん!」と思われるかもしれませんよね。

確かにパーク内にはどこにも電源ケーブルを差し込む場所はありませんし、実際にキャストさんに聞いてもやんわり断られてしまいます。

このアイテムは誰が得するの?と考えると当てはまるのは、宿泊を予定しているゲストの皆さんです。

ホテルの部屋には必ず電気を使うための差し込み口が用意されていますし、その部屋で充電することは大体のホテルが許可していることなので、気兼ねすることなく充電することができます。

手持ちだと荷物がかさばってしまうので、ホテルにあらかじめ送る宿泊用の荷物に入れて一緒に送っちゃうほうが便利かもしれませんね。

パーク内でも販売中!充電器の販売場所はこちら☆

もしも準備も忘れた・・・買いに行く時間もない・・・というか、そもそもTDL/TDSに入っちゃったよ・・・という方は、パーク内で準備を済ませましょう。

ランドとシーの各店舗には、あらかた充電された状態でモバイルバッテリーが販売しています。

お店ごとに販売しているデザインやテーマにしているキャラクターが変わりますので、詳細は各店舗にてキャストさんにお問い合わせくださいませm(_ _)m。

ディズニーランド 販売店舗

ディズニーシー 販売店舗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA