ディズニー「プーと大人になった僕」の内容を紹介!実写でも変わらぬプーの可愛さ♪

プーと大人になった僕

大人になると、ついつい子供の頃を懐かしく思うこと、ありませんか?

あの頃は良かったなぁ~とか、今あの頃に戻れたら・・・とか。

でも、大事な時間は大人になってからでも取り戻すことは可能です・・・その方法に自分で気づくことができれば。

今回紹介する、現在全国の劇場で公開中のディズニー映画「プーと大人になった僕」では、そんな子供の純粋な心を思い出すためのヒントがたくさん散りばめられています。

まだまだ公開中なのでネタバレはできませんが、映画の内容や注目してみてほしいポイントなどをまとめてみましたので、まだ映画を見たことがない人はぜひここで予習してみてくださいね♪

ストーリー概要

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

画像参照:ディズニー「プーと大人になった僕」より

ここでは、ネタバレしない範囲で前半~中盤のストーリーを紹介していきます。

結末は絶対に映画館、もしそうでなくともご自宅での鑑賞で知ってほしいので、ぜひそちらでチェックしてみてくださいね!

僕たちの知っているクリストファー・ロビンはもういない

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

画像参照:YouTube「プーと大人になった僕」公式トレイラーより

「ねぇ、プー。僕がいなくなっても、ずっと「何にもしない」ってことを続けてくれる?」

「もちろんするよ、約束する」

「僕が100歳になっても?」

「・・・その時、僕はいくつ?」

「99歳だよ・・・ハハッ、プーのおばかさん」

 

こんなやりとりをプーとたわいもなく続ける日々を送っていたクリストファー・ロビン(以降ロビン)も、時期にプーとの楽しい記憶が脳裏から離れ、大きくなるにつれてとうとうその存在すら忘れかけてしまっていました。

大人になったロビンは結婚をし、愛する妻・イヴリン、二人の間に生まれた娘・マデリンと共にロンドンでの生活をしていましたが、仕事中心の生活を送るようになってから、少しずつ家族との溝を感じるようになっていきます。

そんなある日、家族で故郷へ帰る予定を立てていましたが、仕事場から会社の業績を引き上げるための政策にロビンを勝手に起用してしまい、出勤するよう迫られてしまいます。

イヴリンとマデリンはがっかりしてしまい、ロビン自身も家族仕事のどちらかしか取れない事に悩み、とうとう自分の生き方に悩み、行き詰まってしまいます。

そんな時、ロビンの口癖を共に呟く小さな声が後ろから聞こえてきます・・・そう、小さい時一緒に遊んだプーが、自分の後ろに座っていたのです!

プーとの再会と、”迷子”の仲間探し

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

画像参照:ディズニー「プーと大人になった僕」より

現実世界にいるはずのないプーとの再会に戸惑いながらも、小さい頃を思い返し懐かしい気持ちになるロビン。

素直に喜ぼうとしても、目の前の現実をやや受け入れられず、仕事ばかりにかまけたせいでおかしくなったのでは?と自分の頭を疑うことに。

しかし目の前でプーは、「仲間とはぐれてしまったから探して欲しい」と純粋な気持ちでロビンにお願いをしてきてしまい、断りづらくなったロビンはかつて仲間たちと一緒に遊んだ世界・・・故郷のすぐ近くにある”100エーカーの森”へ向かうことにします。

大人の視点、子供の視点をうまく使いこなし、森の中に隠れていたピグレットティガーラビットイーヨーカンガルーを見つけ出し、プーと引き合わせることに成功します。

森の仲間たちと再会するうちに純粋な気持ちを取り戻しつつあったロビンですが、それでも頭の中に残るのは仕事のこと。

時間も迫る中、とうとうロビンは”100エーカーの森”に背を向け、プーの「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」というさみしげな質問にも曖昧な答えだけ残し、急いでロンドンに帰ってしまいます。

ただひとつ、「大事な」会議の書類の入ったバッグを森に残して・・・。

大事な親友のために、森の仲間がロンドンへ・・・

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

画像参照:ディズニー「プーと大人になった僕」より

ロビンが帰ったあと、悲しみが包み込む”100エーカーの森”。

そんな中、プーはロビンが置いていった小さなカバンを見つけ、中に入っているよくわからない紙切れが、彼には大事なものであることを悟ります。

しかし、彼がどこに行ったのかは分からず、どのように返せばいいのかも思いつきません。

そんな悩みに包まれている中、ひょんなことから外で遊んでいたマデリンと遭遇してしまいます。

プーたちの姿が、父が幼い頃書き連ねたイラストと似ていることから、みんなが”100エーカーの仲間”であることに気づいたマデリン。

プーたちがロビンに忘れ物を届けたいことをマデリンに伝えると、マデリンは仲間たちを自転車のかごに乗せ、そのままロンドンへ向かうことにします。

自宅や”100エーカーの森”とは程遠く、人通りも多く都会的なロンドンを舞台に、悩めるロビンへ「大事な」忘れ物を届けるため、プーと仲間たち、そしてマデリンの大冒険が始まります。

でも、ロビンが忘れていった本当に「大事な忘れ物」は、決して会議用のカバンではなかったのです・・・それは・・・。

ここに注目!「プーと大人になった僕」をより楽しく見るためのポイント☆

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

画像参照:YouTube「プーと大人になった僕」公式トレイラーより

ここからは、映画を見るにあたって注目して欲しいポイントをご紹介していきます。

ディズニーの過去のアニメ作品の実写化はどれもこれも成功していますが、それには細かな部分をしっかり描いていることが主な成功要因だと思います。

ただ「アニメに近い実写に仕上げる」ならお金をかければいくらでもできますが、「アニメと同等の感動を覚える実写に仕上げる」にはかなりの努力とプロ精神が必要になります。

この作品でも、その細かな描写がどこで生かされているのか、しっかりチェックしておけばより感動しながら映画を楽しむことができますよ♪

1.ストーリーは原作、過去のアニメ作品とは別基軸

もう見れば分かることですが、過去に公開された映画作品やアニメ作品、並びに原作のような世界観とは違った場面を描いています。

どちらかというとアニメや原作は、幼きクリストファー・ロビンと”100エーカーの森”の仲間たちとの交流を描いた物語になっていますが、こちらは大人になったロビンと、記憶から薄れかけた仲間たちとの純粋さを取り戻す」物語になっています。

監督であるマーク・フォスターは、実写制作発表の時点で既にこの点を話題に取り上げていましたが、その理由の一つとして「小さい頃、プーを愛していた大人にこそ見て欲しい作品にしたい」という気持ちがあったそうです。

私たちも子供の頃、プーさんの純粋さとかはよく考えずに作品を楽しんでいましたが、今改めて作品を見てみるとその中には、疲れた現代に生きる大人へ向けたメッセージがいっぱい散りばめられています。

そんな心温まる映画に仕上がったのが「プーと大人になった僕」だと思うと、なんだか胸が熱くなってきますね。

薄汚れた仲間たちのその意味は・・・

トレイラー公開時から議論を呼んだ「プーさんや仲間たちの色あせ具合」。

ストーリーがまだよくわからなかった私たちにとって、実写化の失敗やストーリー改変の危機など、かなり湾曲した噂が広まり続けました。

しかし、大まかなストーリーや予告編が登場する事にその世界感が確立され、徐々にファンも納得する内容になっていきましたね。

人形の色があせているのは「クリストファー・ロビンの心の状態」を表しているからだそうです(諸説有り)

現実の物もそうですが、時間が経つと最初は新しかったものも、風化して汚れが付いて、古いアイテムになってしまいますよね。

プーさんの世界にいる仲間たちも、時間が経つにつれて風化してしまい、色があせてアニメとは打って変わる存在になってしまってます・・・。

まして序盤、”100エーカーの森”に誰もいなかったことを考えると、もうロビンの心にはほとんど仲間たちとの絆がなかったことを表しているので、プーと再会できなければ完全に消滅していた可能性もあったかもしれません。

そんな状態からどのように復活していくのか・・・この続きは、是非本編でお確かめください(´∀`)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA