自由を愛する異色のプリンセス誕生!「メリダとおそろしの森」ストーリー解説!

メリダとおそろしの森

ディズニープリンセスといえば、可愛くておしとやか、ちょっとお転婆なところもあるけれど優しく気品にあふれる女性が多いですよね。

そんな中でも特に異質なプリンセスとしてよく紹介されるのが、今回紹介する「メリダとおそろしの森」の主人公・メリダですね。

赤いロングヘアを振り乱しながら森の中を颯爽とかけるシーンは、PVの中でも特に印象に残る場面でした。

日本では印象の弱いキャラクターですが、アメリカなどでは「自由の象徴」として多くの女性に愛されているキャラクターなんですよ。

今回は、そんな新機軸のキャラクター・メリダを主人公にした「メリダとおそろしの森」について、ネタバレを含めた作品解説をしていきたいと思います!

【メリダとおそろしの森】ストーリー紹介

メリダとおそろしの森

メリダとおそろしの森

画像参照:YouTube「公式トレイラー」より

まずは、この作品のストーリーを簡単に説明していきます。

ネタバレ要素が多く含まれていますので、閲覧にはご注意ください。

娘の反抗、母の焦り

メリダとおそろしの森

メリダとおそろしの森

画像参照:YouTube「公式トレイラー」より

物語の舞台は、スコットランドのダンブロッホ王国

この国の国王の娘・メリダは、自由を愛する活発な少女として成長していましたが王位継承者であるがため、日頃から母親のエリノア王妃による厳しい教育を受けていました。

そんな母の態度に、自分から自由を奪う煩わしい母親であると思うメリダ。

そんな娘の反応なんてなんのその、国の将来を案じたエノリア王妃は、近辺国のいずれかと平和条約を結ぶがため、娘の婚約者を決めるための競技会を開きます。

しかし、その競技会に割って入ったメリダが他国の王子を差し置いて優勝を奪い取ってしまいます。

この一件を期に王妃とメリダは大喧嘩、メリダは母親の大事にしていたタペストリーを剣で切り裂いてしまい、「お母様は獣(けだもの)よ!」と叫び散らして家を出てしまいます。

森の魔女との出会い、思いもよらぬ結果

メリダとおそろしの森

メリダとおそろしの森

画像参照:YouTube「公式トレイラー」より

愛馬・アンガスに乗り、森の中を颯爽とかけるメリダは、もう王国には戻りたくない気持ちでいっぱいでした。

そんな中、森で彷徨ったメリダの前に「鬼火」が現れます。

鬼火はメリダを森の奥へと誘い、それに乗ったメリダは後を付いていきます。

たどり着いた先では、「森の魔女」がクマの木彫りを作り、売ったお金で生活をしていました。

本来魔法を使うことを禁じられた森の中ですが、それでもメリダは「母親の考えを変えさせる魔法をかけて欲しい」と懇願します。

それに応えた魔女は、魔法のかかったケーキを作り上げ「これを母親に食べさせれば魔法はかかる」と説明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA