【スターウォーズ・最後のジェダイ】あらすじ&ネタバレ・字幕&吹き替え・グッズ販売

第8作目となるスターウォーズシリーズ「最後のジェダイ」。

スターウォーズファンもディズニー映画好きも、必見の一作です。

2017年12月15日より日本公開のため、さっそく見てきました。

あらすじ&ネタバレ、字幕&吹き替え、グッズ販売についてこの記事で紹介してみます。

【スターウォーズ・最後のジェダイ】あらすじ&ネタバレ

最後のジェダイ、ざっくりとしたあらすじ&ネタバレです。

・みどころはアジア系女優の「ローズ」

英語が堪能で、アジア系女性なのに完璧にネイティブな発音で演じています。

整備工という役柄ですが、色黒の「フィン」のファンで、傷を負いながらも大活躍をします。

・カイロレン(ベン・ソロ)

画像引用元:画像引用元:http://starwars.disney.co.jp/(以下、同)

映画の序盤で、黒いマスクをぬいで壁にたたきつけて、壊してしまいます。

基本「顔出し」でずっと映画が進んでいきます。

・レイア(女性、やや年配)

最初、途中も多めに出演。

中ほどでスクリーンいっぱいの「ドアップ」が続きますので、レイアのファンはお楽しみに!

・レイ(若い女性)

ルーク・スカイウォーカーとのシーンが多めです。

ライトセーバーの格好よい剣さばきが見られます。

・スノーク(怖い老人みたいな人)

ネタバレですがやっつけられます。やっつけられる様子を映画館でよく見てください。

両脇からやられます。

ルーク・スカイウォーカーが最後の盛り上がりで、刺してるのに刺さっていない、という不思議な現象を映画の中で目撃しました。

海の見える岩島から、分身の術でも使ったのでしょうか!?

詳しくは映画館でルーク・スカイウォーカーの行く末を楽しんでくださいね。

次はスターウォーズ・最後のジェダイで、字幕で見るか吹き替えで見るか、迷ってる人向けにアドバイスをまとめました。

【スターウォーズ・最後のジェダイ】字幕&吹き替え

私自身は英語がわからないため、ディズニー映画はいつも「吹き替え」で楽しんでいます。

ところが今回スターウォーズ・最後のジェダイで、時間や字幕・吹き替えを間違えてチケットを買ってしまい「字幕」で見ることとなりました。

英語はほとんど聞き取れませんでしたが、字幕のメリット、吹き替えのメリットをそれぞれ紹介してみようと思います。

●字幕のメリット(スターウォーズ・最後のジェダイ)

今回アジア系の女優「ローズ」という整備工が初出演、大活躍します。

アメリカの映画女優「ケリー・マリー・トラン」、ぱっとみて「日本人!?」「東京ディズニーランドでキャストやっていそうな人じゃない!?」というイメージでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA