ディズニー作品のテレビ放映は楽しみ!でも無闇にカットすると大変なことに・・・

ディズニー作品が劇場で公開されたあと、DVDやブルーレイが出るのを待って、自宅で楽しみたい!と思う人も多いかと思いますが、TVで放送されるものを録画して楽しむ!というタイプの人も多いようですね。

最近は夏休みや冬休み、さらにディズニーの新作が出るごとにスペシャル企画と題して様々なテレビ局が放送したり、今ではネット専用チャンネル「Dlife」で特集を組むなど、いろんな分野での番組を楽しむことができています。

とはいえ、ディズニーファンを満足させるにはただ放送するだけではいけないのです・・・ちゃんとファンの楽しみ方を考えた放送ができていないと、思わぬ自体を起こすことも・・・。

今回は、ディズニー作品をテレビで放送するに関した様々な分野のお話をしたいと思います。

放送される番組のディズニー作品は何がいいの?

テレビでの放映について

テレビでの放映について

画像参照:Disney.jpより

「ディズニー作品は高画質のブルーレイで見たほうがいいんじゃない?」と感じる人はもちろんいるかもしれませんが、番組で放送されるディズニー作品にはそれなりの楽しみ方があるんです。

ここで、いくつかその内容を紹介していきたいと思います。

データ放送やスマホアプリによる、番組連動企画が楽しめる

各番組で用意している企画があるとすれば、まずはこれかもしれませんね。

特に、最近では日本テレビ系列金曜放送の「金曜ロードSHOW!」において、WEBページスマートフォンアプリ、さらにデータ放送を用いたパズルやミニゲーム企画を通して作品を紹介するというのを毎回行っています。

作品をただ見るだけでも十分楽しめるかもしれませんが、こういったちょっとした企画に参加すると、より作品のことを理解するのに役立ったり、CMの合間を縫って息抜きに繋げることもできますので、もしも見かけたら参加してみるといいかもしれません^^。

番組内のキーワードを集めてプレゼント応募!

もうひとつのお楽しみとしては、番組を最後まで見た人、もしくは番組内で発表されるキーワードを応募して抽選でもらえるプレゼントに期待する人もいるかもしれませんね。

放送作品の原作本キャラクターグッズ、作品のDVDやブルーレイがプレゼントされることもあり、懸賞応募に命を懸ける人にとってはまたとないチャンスですよね。

もちろん抽選なので当たるかどうかは運次第ですが、参加することに楽しみを感じていくと、次の作品も見てみたい!と感じるようになるかもしれません(´∀`)。

ミュージカルパートにつけられる、丁寧な歌詞演出

この演出には好き嫌いがあるようですが、筆者は放送局の丁寧さを感じたり、歌詞を改めて見ながら聞きたいと感じることも多いので好きです^^。

作品のテーマカラーに合わせた歌詞を、歌唱パートに合わせて画面下部に映すという演出をするテレビ局が多くなっていますが、小さい子供が見るという点も考えればいいんじゃないかなぁと思います。

ただ、本来の作品には歌詞演出はないので、ブルーレイなどの作品のように何もない状態の作品を見たい人にとってはあまり良いものではないようですね^^;。

 

このようにテレビで見ることの利点もありますが、良かれと思ってやった演出が裏目に出てしまう・・・そんなこともあるんです。

本当はやってはいけない・・・ファンを怒らせてしまったディズニー作品放送時のミス!

放送時間制限があったり、放送できる内容に限りがあったりすることもあり、地上波での放送では時折内容の一部カットや演出の変更が行われるなど、その時に応じた対応を取ることがあります。

しかし、それはファンを怒らせる結果になってしまうこともあり、最悪は番組自体がなくなってしまう危機にも至ってしまうのです。

今回は、過去に起きた2つの作品改変による騒動を紹介させていただきたいと思います。

ミュージカルをごっそりカット!翌週で放送が終わってしまった「水曜プレミアムシネマ」

 

テレビでの放映について

テレビでの放映について

画像参照:Disney.jpより

TBS系列で放送されていた映画番組「水曜プレミアムシネマ」にて、2014年3月19日に放送された「塔の上のラプンツェル」で事件は起きました。

この番組では、番組の最初に映画コメンテーターのLiLiCoさんによる作品の紹介が行われ、番組の最後には同じくLiLiCoさんによる映画ラインナップの紹介を楽しむことが出来るなど、映画ファンには嬉しい番組でした。

筆者もLiLiCoさんの軽快な喋りに、的確に映画を説明する語りが本当に楽しくて、ついつい毎週知らない映画でさえも見るようになっていたくらいです。

そしてこの番組枠では定期的にディズニー作品を放送しており、「ライオンキング」「カーズ2」「トイストーリー」など、メジャーな作品からマイナーな作品まで放送していて、ディズニーファンにも支持されてきた番組だったのです。

しかし、この日に放送した「塔の上のラプンツェル」では、なんと各ミュージカルシーンが半分ずつカットされるという異様な事態に。

「輝く未来」「自由への扉~リプライズ~」こそはノーカットでの放送となりましたが・・・

  • 「自由への扉」は、1題目の「変わらない毎日」の歌詞から大幅カット
  • 「お母様はあなたの味方」でマザー・ゴーテルが階段を上ったあたりからカット
  • 「誰にでも夢はある」のピアノ演奏シーンからカット

・・・見てた筆者も目を丸くし、ミュージカルシーンのぶつ切り感に違和感しか覚えませんでした^^;。

この番組は、翌週放送の「ワイルド・スピード」をもって最終回となり、次の番組にバトンタッチすることとなりました。

もともと裏番組の視聴率が強く低迷期によるこの事件で、ちょうど番組改編期だったこともあり、改変による番組終了となってはいますが・・・実際はどうなんですかね^^;。

視聴者参加の企画がまさかの事態に・・・エンディングでこけちゃった「アナと雪の女王」

テレビでの放映について

テレビでの放映について

画像参照:Disney.jpより

2017年3月4日、「アナと雪の女王」が地上波初放送されるということもあり、本放送の前に特別番組を放送するなど、かなり力を入れていたフジテレビ

さらに本編はノーカット放送すると告知していたこともあって、当日の視聴率は19.7%を記録し、数字だけ見ると大当たりな番組を放送することができた・・・そう思えるはずです。

しかし、問題はエンディングの演出にありました(;´д`)。

この番組では放送の数ヶ月前から、「Let It Go~ありのままで~」を歌ったり踊ったりした動画を募集し、選出された動画をエンディングで用いるという趣旨の告知を行っていました。

多くの視聴者からの応募があり小さい子からお年寄り、雪の中で歌う女性や集団でワルツを踊りながら歌う人々・・・動画単体で見れば微笑ましい動画の数々でした。

しかし・・・EDでの編集の仕方が悲惨でした。

本来ならMay’Jさんが歌う曲が流れるはずなのがここではカット、エンドクレジットは小窓による早回しという、ファンを蔑ろにする演出になってしまいました。

また、みんなの歌う環境の違いを考慮せず一斉に動画の音声を再生し、さらには同局のドラマや番組出演者による歌唱シーンをいれ、中には変顔シーンも盛り沢山で・・・もはやいろんな意味で不協和音に・・・。

個人的に動画を投稿した皆さんの姿を見て「お年寄りの方でも歌を知ってるんだ!」というワクワク感が生まれたので企画自体は良かったと思いますが、カットした上から同局の宣伝を入れるのはちょっと・・・と感じてしまいた^^;。

この騒動はディズニーファンの中ではかなり有名な話になってしまい、ディズニー作品を放送するうえでもっと大事に扱って欲しいという強い希望もネット上で多く見られました。

次に放送される予定があるのかはわかりませんが・・・できるだけノーカットでお願いしたいですね^^;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA