5分でディズニー総復習!「くまのプーさん/完全保存版Ⅱ」のあらすじをネタバレ解説付きで紹介!

くまのプーさん/完全保存版Ⅱ

「くまのプーさん」の作品には魅力的なキャラクターたちが次々と登場してきて、なおかつそのキャラクターをピックアップした長編作品や短編作品も作られています。

ティガーを題材にした「ティガー・ムービー」、ルーとラビットを題材にした「ルーと楽しい春の日」、イーヨーを題材にした「プーさんとイーヨーの一日」などなど。

そんな中、今回紹介するのは小さな体に大きな心を持った、プーさんファミリーの中でももっとも優しさにあふれたキャラクター・ピグレットを題材にした「くまのプーさん/完全保存版Ⅱ ピグレット・ムービー」です!

1977年に公開された「くまのプーさん/完全保存版」の正当な続編であり、物語の進み方も初代のものをイメージして作られた今作では、オリジナルストーリーでピグレットの大切さが紡がれています。

クリストファー・ロビンの家にある絵本から、ピグレットの家にあるスクラップブックに物語の進行を移し、3つの素敵なお話から全編が描かれていきます。

今回は、この作品のストーリーを紹介しつつ、作品の楽しみポイントもまとめさせていただきましたので、本編を見る予定の方でも一緒にご覧下さい(´∀`)。

「くまのプーさん/完全保存版Ⅱ ピグレット・ムービー」ストーリー紹介

この項目では、何度も申し上げるとおりネタバレ要素を多く含みます

そういった要素が苦手な方はブラウザバックをおすすめします!

はちみつ収穫での出来事

くまのプーさん/完全保存版Ⅱ

くまのプーさん/完全保存版Ⅱ

ピグレットは、森の仲間たちとの出来事を1冊のスクラップブックに収め、それを宝物にしています。

今日も、また1つの思い出を描いてスクラップブックに貼り付けていましたが、途中で外から仲間たちの声が。

プー、ティガー、ラビット、イーヨーが様々な荷物を持って森の中に入っていきます。

後を追ったピグレットは、仲間たちがはちみつの収穫をするために作戦を計画しているという話を聞きつけ、自分にもなにか手伝えないか提案します。

ところが、プーたちは「もうすこし体が大きくなってから手伝ってね」と話を聴こうとしません。

一方、仲間たちの立てた計画は最初から崩れていて、ハチを穏やかに別の巣へ移動させる作戦でしたが途中で怒らせてしまい、事態は悪い方向に。

機転を利かせたピグレットのアイデアでなんとか難を逃れますが、仲間たちはそのことに全く気づかず、自分たちで手に入れたはちみつを訳あって大いに喜び合います。

くまのプーさん/完全保存版Ⅱ

くまのプーさん/完全保存版Ⅱ

その姿を見たピグレットは「僕って影まで小さい・・・」と仲間との壁を感じ、一人森を後にしますが、その道中リスや小鳥を助け、小さなことでも力になれることを悟ったピグレットは、今からでも何か手伝えるかも知れないと戻ることを決意。

しかし仲間たちはその場にはもういません・・・森の仲間たちは閉じ込めておいたハチが脱走し、プーたちへ反撃を仕掛け、その場から逃げ去ったあとだったのです・・・。

くまのプーさん/完全保存版Ⅱ

くまのプーさん/完全保存版Ⅱ

いなくなったピグレット

くまのプーさん/完全保存版Ⅱ

くまのプーさん/完全保存版Ⅱ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA