【特別版】5分でディズニー総復習!「ファンタジア」の概要を解説付きで紹介!

ファンタジア

キャラクターが喋り、1つの大きな物語が動いていくアニメーション映画が多かったディズニーの作品の中にも、音楽をバックに多彩なキャラクターたちが生き生きと動き回って描かれている作品もあります。

その中でも特に功績が大きかったと言えるのは、やはりファンタジアではないでしょうか。

当時では珍しいクラシック音楽とアニメーションの融合に見事成功し、しかもストーリー性のあまり見えない特殊なクラシックを映像化するという挑戦への成功は、アニメーターたちの間でも大きな話題となりました。

この作品から50年が経った2000年には続編ともなる「ファンタジア2000」も登場し、ディズニーの人気作品の一つとして大きな進歩を成し遂げた映画でした!

今回は、そんなファンタジアの魅力を、内容の紹介とともにこの記事でたっぷりとお見せしていきたいと思います!

※今回は筆者の希望により「内容紹介」とさせていただきます。この作品を言葉で表すのは愚問だと思いますので、記事を見た人が作品を見たくなるような紹介を心がけたいと思います!

ファンタジアはどんな作品?

ファンタジアは、1940年にアメリカで公開された映画タイトルで、オーケストラによるクラシック音楽をバックとしたアニメーションで綴られる8つの物語と、それに付随した小話や休憩などを挟む、ひとつのコンサートに参加しているような感覚になる特殊な作品です。

全編のクラシック音楽の収録は、すべてレオポルド・ストコフスキー指揮によるフィラデルフィア管弦楽団の演奏によって行われています。

音のまとまりを重視し、重厚かつ柔らかな音階を楽しむことが出来るフィラデルフィアの演奏は、今でもCDや様々な国でのイベントで演奏されるなど、今でもその人気は絶えないですよね。

そんな皆さんの上質な音楽をバックに流れるのは、ウォルト・ディズニー率いる最強のアニメーターたち。

用いられるクラシックに本来付けられたストーリーをすべてとっぱらい、「音楽を映像にするとどんな形になるのか?」という純粋な思考の元に作られたのが、このファンタジアです。

ステレオ技術にこだわった、これまでにない音楽体験

ファンタジア

ファンタジア

画像参照:ディズニー公式サイトより

この映画は、当時上映されていた作品の中では初めて「ステレオ効果」が利用された映画で、後の世代につながるステレオ再生方式が世界で初めて一般的に導入され実用化された、まさに歴史的な映画なんです。

前方3チャンネル(左、中央、右)のミキシング音声を取りやめ、より立体感が出るように複数のスピーカーを劇場内に配置し、各チャンネルのスピーカーごとに違う音を出して、音の立体感を出したことにより、今となっては一般的になっているサラウンド音声を生み出したのです!

とはいえ、当時は上映する全ての映画館で同じ機材を全部用意しなくてはならないという、資金面および時間的な問題にぶち当たってしまい、最終的にはすべての劇場でこの音響効果を再現するのは難しくなってしまいました・・・。

しかし、後にその技術が全面的に映画館に標準装備されるようになり、1950年代半ばにはサラウンド・ステレオにてリバイバル上映され、クラシック音楽をコンサートで聞く感覚をより多くのゲストが感じ取ることができるようになりました。

1991年にはHi-Fi音声のビデオソフト、LD化に際してはドルビーサラウンドでこの音響が再現され、2010年(日本では2011年)に発売されたBlu-Ray・DVDでは「ハイビジョン・デジタル修復版」として音源を再編集し規格を上げることに成功。

オリジナル英語は7.1ch、日本語は5.1chのサラウンド・ステレオで制作され、GM規格でファンタジアの音色が登録されているなど、音響規格の変革にも貢献したファンタジアの進化は、どんどん羽ばたいていきました♪

ウォルト・ディズニーの構想した芸術性の塊

ファンタジア

ファンタジア

画像参照:ディズニー公式サイトより

ミッキーマウス、白雪姫、シリー・シンフォニー・・・。

数々の芸術的なアニメ作品を作り上げてもなお、ウォルトの「アニメとしての芸術」に対する探究心は衰えることがありませんでした

そしてとうとう、彼の当時既出だった作品の中で最も完成度が高かった「白雪姫」よりもさらに高いものにすることに決め、シリー・シンフォニーの方向性を維持しつつ、より物語性のある音楽作品を作ることにしたのです。

そこで題材として持ち上げられたタイトルが、今の私たちにはなくてはならない作品「魔法使いの弟子」。

緩急ついた音楽と、ポール・デュカスによるストーリー性の強い曲長がウォルトの制作意欲に火を点け、さらに演奏する楽団や指揮者にもこだわるようになっていきます。

当時著名な指揮者だった人々の中からレオポルド・ストコフスキーの起用を考え、レストランで彼と意気投合したウォルトはついに、1937年頃から製作を開始した。

どんなことにも興味津々なウォルトは音響面にもこだわるようになり、前述のような音響技術の開発や制作にも惜しみなく時間と費用を捧げていきました。

ファンタジア

ファンタジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA