「リメンバー・ミー」のあらすじや主題歌をおさらい!「家族愛」がテーマの感動作!

メキシコで「死者の国」の童話をモチーフに描かれた、ディズニーピクサーが手がけた感動作「リメンバー・ミー」は、もうすでにご覧になられましたでしょうか?

これまでのピクサーの実力をふんだんに盛り込み、美しさに溢れるスクリーンの映像には、もはやため息しか出ませんでした・・・。

ブルーレイやMovieNexによる美しい映像体験によって映画の感動をまた味わうことが出来るわけですが、まだお手に取っていないという方も多いはず。

そこで今回は、ディズニーピクサー作品「リメンバーミー」のあらすじや主題歌の内容、主題歌を担当する歌手のシシド・カフカについてまとめてみます。

【リメンバーミー】映画のあらすじは!?【ディズニーピクサー】

リメンバー・ミーは、日本で言うところの「お盆」のような雰囲気がありますが、まさにその時期を題材にしてストーリーが練り込まれています。

ご先祖さまが死者の道を通り、自身の住み慣れた町を通って生者との間をすり抜けていく・・・聞くだけだとちょっと怖い雰囲気もありますが、そんな雰囲気をディズニーは幻想的に描いています。

メキシコでは死者を祀るための花として「マリーゴールド」を葬式や仏壇への供え物として活用するのですが、映画の中でもオレンジ色のマリーゴールドが敷き詰められたシーンがあり、とても印象深いですね^^。

元気さもあり、なおかつ勇気と希望、そして感動も同時に与えてくれる、ギターと音楽が大好きな少年「ミゲル」と、その祖先のお話を描いた「リメンバー・ミー」のあらすじを紹介します。

画像引用元:ディズニー公式サイトより

リメンバー・ミーのおおまかなあらすじをご紹介!

画像引用元:ディズニー公式サイトより

この物語の主人公は、ギターと音楽が大好きな少年「ミゲル」。

彼の家では祖先が音楽の道を歩んだ結果を黒歴史とみなし、娯楽にうつつを抜かす暇などないと、音楽やギターを禁止していましたが、敬愛する亡きミュージシャン・デラクルスのグッズを集めたり、彼のヒット曲「リメンバー・ミー」を隠れて聞くなど、ミュージシャンに対する強い執着心を見せています。

そんなある日、日本でいう「お盆」にあたる「死者の日」に、自身の祖父があの有名なミュージシャンのデラクスルスであることを悟りますが、それを聴くと家族は激怒、さらに愛用していたギターを破壊されてしまいます。

それならばと、デラクルスの霊廟へ向かったミゲルは、霊廟に置かれた彼のギターを借り、自分の好きな音色を奏でて演奏します。

しかし・・・その行為がきっかけとなってしまい、ミゲルは生者から認知されず、なおかつ死者の姿が骸骨という形で見えるようになるという奇妙な現象を体験してしまうのです!

画像引用元:ディズニー公式サイトより

ミゲルは迷いながらも、死者の国で自分の祖先たちと出会うことができました。

そしてミゲルは、霊廟から死者の遺品を勝手に持ち出すこと、そうすることで死者を冒涜したとし生者に認知されなくなったこと、元の世界へ戻るには盗んだ遺品の持ち主に許しを得ることなど、様々な情報を入手します。

途中で、生前デラクルスの友人だったと語るヘクターとも知り合い、道中は賑やかで寂しくない楽しい旅路をゆきながら、敬愛するデラクルスを探し続けます。

しかし、ミゲルは知りませんでした・・・楽しいと思ってた死者の国に居続けるとどうなるかを、そしてヘクターとデラクルスの本当の関係性を・・・。

 

ここまでが大雑把なあらすじでした。

はたしてミゲルは無事家に帰れるのか、デラクルスの許しを得ることが出来るのか、そしてヘクターとの友情はどうなっちゃうのか?!など、気になる点はぜひ本編でお楽しみください(*゚▽゚)。

【リメンバーミー】主題歌の意味は!?【ディズニーピクサー】

ディズニーやピクサー映画では毎回いくつものヒットソングが盛りこまれています。

今回の映画「リメンバーミー」では主題歌のメインソングもそのものずばり「リメンバーミー」

この主題歌には深い意味がこめられています。

いったい映画の中でどんな意味が込められているんでしょうか!?

画像引用元:ディズニー公式サイトより

●「リメンバーミー」主題歌にこめられた意味は!?

リメンバーミーの意味は文字どおり「わたしを思い出して」

この映画では、生きている人が「祭壇」(さいだん・ぶつだん)に祖先の「写真」を飾ってくれないと「二度目の死」がおとずれてしまうんです><

「死者の国」では、一度死んだ人間たちが、「幸せそうに」見えるくらい普通の生活を送っています。

まるでディズニーランドのゲートにインして、アウトパークして生前の世界に戻ったりするように。

しかし「死者の国」での「二度目の死」は、本当の意味での「死」を意味します。

画像引用元:ディズニー公式サイトより

生きている血のつながった子孫(しそん)におぼえていてもらい、写真を飾ってもらえないと、死者の国での命を保っていられなくなるんです。

だからこの映画の中では「リメンバーミー」の歌が、「ある人からある人」に向けて、歌われているんです。

ネタバレになってもよい人は、「ある人からある人」のリンクを読みにいってみてください。

画像引用元:ディズニー公式サイトより

みなさんも大切な人に「自分を思い出していてほしい」と思っていると思いますが、まさにその気持ちにピッタリな曲・シーンなんですよ。

次はディズニー・ピクサー映画で主題歌にばってき(抜擢)された「シシドカフカ」がどんな歌手なのか、まとめてみます。

【リメンバーミー】シシドカフカはどんな歌手!?【ディズニーピクサー】

シシドカフカというのはディズニー映画「リメンバーミー」の主題歌・エンドソングに抜擢された女性歌手です。

日本に住んでいて、歌手、女優、モデルとして活躍しているベテランです。

「プリッツ」のCMでは歌いながらドラムをたたいているんですよ。

黒くて長い美しい髪をなびかせ、ドラムをたたきプリッツの歌を歌っています。

今回のディズニーピクサー映画「リメンバーミー」の特徴は、メキシコのお盆や文化について。

画像引用元:ディズニー公式サイトより

主題歌を歌ったシシドカフカさんは、なんとメキシコ出身なんだそうですよ!

しかしメキシコで生まれたというだけで、ご両親は日本の方らしいです。

1985年生まれの現在32歳。

シシドカフカさんが歌う「リメンバーミー」エンディングソングがどんなだったか、聴いたのでまとめます。

画像引用元:ディズニー公式サイトより

●シシドカフカさんのエンディングソング「リメンバーミー」はどんな歌だった!?

キーはかなり低めで、ふつうの日本人女性がカラオケで歌うには声が低すぎるくらい!?と出だしで思いました。

「お別れの歌」なので、しっとりとバラード調に歌い上げています。

この映画のキーワードのひとつ、主人公ミゲルが大好きだった「ギター」が歌に登場します。

ギターを伴奏にしっとり歌い上げるのが似合いそうな曲ですね。

オレンジ色のマリーゴールドの花びらがヒラヒラ舞うと、とても心がいやされます。

アナ雪「レットイットゴー」のような力強い歌もいいですけど、「リメンバーミー」のような心を優しくしてくれる曲も人気が出ると思いますよ。

画像引用元:ディズニー公式サイトより

「レットイットゴー」カラオケで歌いましたが、松たか子さんみたいに全然上手には歌えないです。

リメンバーミーなら、きっとみんな上手くカラオケで歌えるようになると思います。

ただ聴いて楽しむのもいいですけど、カラオケで歌いやすい曲も楽しめますよね。

シシドカフカの「カフカ」、フの部分が「v」なんです。(Kavka)

外国人っぽくてカッコいいですよね^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA