心のコンパスを信じて旅に出よう!シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジはルールを守れば写真を撮ってもOKな小さなお子さんとの記念を残しやすいライドタイプのアトラクションです。

パーク全体が混んでいてもアトラクション自体の混雑が少ないのも魅力の一つですが、身長制限がないため親子三世代でいくディズニーでは定番のアトラクションになっています。

スタンバイの段階から沸き起こる冒険へのドキドキ感は他のアトラクションにもありますが、なにより、ミュージカルを見た後の様な満足感が多くのリピーターを呼んでいるのでしょう。

そして、かわいいチャンドゥ!今回はシンドバッドの冒険だけでなく、他のキャラクターも含めてシンドバッドのアトラクションを紹介したいと思います。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの概要

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジはシンドバッドの宝探しの冒険を共にするライドタイプのアトラクションです。

現在の内容になったのは2007年3月から。

ディズニーシーオープン当初は「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」という名前で実はとっても怖い内容になっていたようです。

その時の記憶がある人は、シンドバッドのアトラクションは小さな子供とはいけないと考える人もいるかもしれません。

リニューアルの前は大人でも怖いという人がいたので、無理もないでしょう……。

現在のシンドバットのアトラクションは子供と行きたいと言える内容にリニューアルしています。

私が知っていたシンドバッドの冒険は青年シンドバッドがうたた寝しているうちに船に乗り遅れ、家に帰るために知恵を振り絞り冒険をします。

その過程でたくさんの宝石手に入れ、無事に家に帰るという内容。

実はシンドバッドの冒険はベースは決まっているのですが、色々なパターンがあります。

お金持ちの息子だったのに、お金を使い果たして一獲千金を狙って冒険に出るものなどもあります。

どのシンドバッドも商人であり、冒険をするという部分は共通するようです。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジのシンドバッドは優しくて勇気があって賢い!

そんなシンドバッドの冒険を見られるのが、このアトラクションの醍醐味なんです。

数々のディズニー映画やミュージカルの音楽を作り出した作曲家、アラン・メンケンの壮大で力強い音楽と、優しさと勇気あふれる冒険の物語が繰り広げられます。

アトラクション内で流れるBGM『コンパス・オブ・ユア・ハート』は、思わず口ずさみたくなるメロディーと歌詞で、アトラクションから出た後にはあなたも思わず歌っているかも?!

  • 場所 :アラビアンコースト
  • 形式 :ライドタイプ
  • 所要時間 :約10分
  • 定員 :24名
  • 車いす :OK
  • 乗車中の撮影 :フラッシュ撮影、液晶画面を使用しての撮影NG

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジはどこにある?

※画像出典:ディズニーシー公式サイトより

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジはアラビアンコーストにあります。

近くには「ジャスミンのフライングカーペット」があるので通り過ぎないように注意ですね。

また、シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの近くはキャラクターたちがグリーティングに出てきてくれることが多いです。

アラジンやジーニーたちに会ってアラビアン気分を上げてからアトラクションを楽しむとテンションがさらに上がりますよ。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの待ち時間はどのくらい?

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジは、ディズニーシーのアトラクションの中でも特に待ち時間が短いアトラクションです。

24人乗りの船に乗るので回転率がはやく、並んでいるところを見たことがないためなのか「人気=行列」という人には魅力がないと思う人も多いでしょう。

実際、待ち時間は平日・休日共に待ち時間は5~10分程とほとんど変わりはありません。

もしもシンドバッドの待ち時間が20分を越えていたら異常事態です(笑)

なんせ、ディズニーオタク、通称Dオタ界隈で「おれたちのシンド(シンドバット)」という謎の言葉が生まれるほどに空いていることが普通なアトラクションなんです。

※おれたちのシンド:混雑した日でも比較的空いているので、このアトラクションの待ち時間がリゾート全体の混み具合の目安になっているという意味。

時間が空いた時などに待ち時間も含めて20分くらいで乗れてしまうのも魅力の一つですね。

でも、魅力がないから待てずに乗れるのではなく回転率が良すぎて並ぶ必要がないのです。

くれぐれもお間違えの無いようにお願いします。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジで見れるストーリー

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジは、船乗りシンドバッドと子トラのチャンドゥと一緒に冒険をしていくアトラクションです。

その物語はシンドバッドたちの住む町から始まります。

ひな鳥が襲われているのか盗賊たちが狙われているのか……

卵を狙う盗賊たちから、シンドバッドが怪鳥ルクと協力して卵を守っています。

シンドバッドの活躍でどちらも最悪の事態にはならないはず。

ドキドキワクワクの描かれている場所でもあります。

ここにとらえられているのは???

財宝の山に喜ぶ盗賊たち。

盗賊に閉じ込められていた 巨人をシンドバッドが助けています。

次の場面では巨人が大きな楽器を手に演奏しています。

次のシーンは乱暴もののサルたちを魔法の楽器なだめるように依頼を受けたシンドバッド。

サルたちのところに行ってみると……

みんなで楽しくセッション!

このシーンに出てくるチャンドゥが本当にかわいいのですが、チャンドゥばかり紹介しても仕方がないのでお猿さんを紹介。

音楽の力の姿を描いているのがこの部分ですね。

この場面ではほんのりとバナナの香りが漂ってくるのも憎い演出ですね。

よく見るとこんなところにもチャンドゥのしっぽがチラリ。

他の場所でもひょっこりしているのが見られますが、これもシンドバッドのアトラクションの楽しみの一つになっています。

次の場面ではクジラが町に送っていってくれるというシンドバッドの声と大海原に浮かぶ船の影が。

と思って船が曲がると大きなクジラに乗ったシンドバッドが!

クジラの大きな目が突然現れるのだから、この場面は大人でもちょっとびっくりです。

見終わると多くの人が「コンパス・オブ・ユア・ハート」を口ずさんでいると思います。

ついつい口ずさみたくなるメロディーは一度聞くと小さいお子さんでも覚えてしまえるようです。

ちなみに、アトラクションを出て右に行くと「サルタンズオアシス」というお店があるのですが、そちらではチャンドゥの顔の形をした中華まん「チキンカリーまん」が売っています。

思い出にひとついかがでしょう?

ディズニーシーのオリジナルキャラ

シンドバッドの相棒である子トラのチャンドゥはグッズがたくさんある人気者。

それなのに……実はディズニーシーでしか会うことができない限定のオリジナルのキャラクターなんです。

物語の中ではたくさんのかわいらしい姿を見せてくれます。

チャンドゥの出てくる映像作品が出てくれることを心待ちにするチャンドゥファンは多いと思います。

「シンドバッド 7つの海の伝説」には出てこないので、いつかチャンドゥが出てくるシンドバッドの冒険を見られる日が来るといいですね。

7つの海の伝説はリニューアル前の「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」の元になった作品です。

興味がある人は見てみると、今のシンドバッドでよかったと思うかもしれません。

チャンドゥももちろん登場しませんし、リニューアル前のシンドバッドの内容についてもなるほど感じるでしょう。

まとめ

壮大な音楽と動く絵本を読んでいるようなシンドバッド・ストーリーブックはストーリーを知っていればより楽しむことができるでしょう。

「心のコンパス」というキーワードは聞いているだけでワクワクしてきます。

気になることがあればストーリーを読むだけでも違う世界が見えてくるかもしれません。

シンドバッドの出てくるお話はたくさんあり、新しいものが生まれ続けています。

あなたの知っているシンドバッドの物語との違いを思い出しながら冒険の旅に出てみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA