毎日ディズニーランド!

ディズニーランド・ディズニーシーのチケットやお土産・アトラクションなどの最新情報をお届けするブログ

*

ディズニー映画【モアナ】ストーリーのネタバレ&結末・感想

   

アナと雪の女王」「ベイマックス」でおなじみのディズニー映画の新作「モアナと伝説の海」。

太くきりりとした眉(まゆ)と大きな黒い瞳が印象的なヒロイン「モアナ」が主人公の映画です。

南国の青い空と透き通った海、豊かな自然、この映画の景色を楽しみにしている人も多いんじゃないかと思います。

「どんなお話なのかな」とディズニー公式ホームページを見ましたが、ストーリーや登場人物の名前など、南国風の名前が多いですよね。

モアナのストーリー、登場人物をわかりやすく完全ネタバレ」でまとめました。

映画を見に行くときに、ぜひ予習していってください♪

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

スポンサードリンク

ディズニー映画【モアナ】ストーリーのネタバレ

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

海に選ばれた少女モアナ16才)が、伝説の海を渡り村の平和を取り戻すお話です。

この映画は恋愛モノではなく、冒険ファンタジーのジャンルとなります。

モアナは村の豊かな自然の恵みを取り戻すため「マウイ」という大男を探しに出かけます。

「マウイ」は半分神・半分人間で、彼が成し遂げたことがタトゥー(いれずみ)として体に描かれています。

南の島の地方ではタトゥーは神聖なものとされ、社会的にも重要な意味を持っています。

この映画のタトゥーのように動くことはありませんが、文化・芸術として大切に扱われているんですよ。

モアナの家族は名前を知らなくても映画は楽しめますが、お父さんはトゥイお母さんはシナおばあちゃんはタラです。

モアナは「村長(むらおさ)の娘」で、海の沖へ出てはいけないとお父さんからキツく言われていました。

しかし村の自然に異変が起こり、村の人々を救うためにサンゴ礁の向こうへ行くことにしました。

モアナにはカラフルなおんどり(ヘイヘイ)、子豚(プア)というペットがいます。

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

モアナが海へ旅立つときに、おんどりのヘイヘイがついてきてしまいました。

」というアイテムを盗んだ「マウイ」に会うため、、モアナは海で奮闘します。

きみどり色手のひらサイズ、宝石のようなものが「」です。

美しい島、命の女神「テ・フィティ」のだったのに、盗まれてしまったので、「テ・カ」として溶岩モンスターとなり、村を困らせていたのです

スポンサーリンク

ディズニー映画【モアナ】ストーリーの結末は!?

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

映画のカギをにぎるアイテムが「」「神の釣り針」です。

「心」はモアナのアイテムで、持ち主に返してあげたら村の気象異常が直るため重要なパーツなんです。

「神の釣り針」はマウイが変身するために必要なアイテムで、攻撃や防御にも使います。

」「神の釣り針」とも、いったん「テ・カ」の溶岩による攻撃でもうダメかと思いましたが、最終的にはディズニー映画らしい結末で、重要アイテムはモアナもマウイも思った通りに使えました

「心」かわいいけど残酷な海賊たち「カカモラ」や、カニのモンスター「タマトア」に盗られそうになりますが、何とか最後まで持ちこたえました。

モアナが溶岩モンスター「テ・カ」「心」をはめてあげると、命の女神「テ・フィティ」姿を戻すことができたんです

岩や火山を擬人化するところが、「インサイドヘッド」短編の岩の恋人たち南の島のラブソング)の歌を思い出させます。

画像引用元:http://eiga.com/

こわ〜い真っ赤な溶岩モンスター美しい緑の大地に戻るシーンは、モアナの海の美しさと同じくらい感動しますよ^^。

「神の釣り針」キンキラリンのカニモンスター「タマトア」の背中からゲットしたのですが、溶岩モンスター「テ・カ」との戦いにより、釣り針が半分こわれてしまいます

最終的にマウイがもう一度、溶岩モンスターと戦うので、釣り針は根元から折れて完全に壊れてしまいます。

しかし復活した「テ・フィティ(緑の大地、命の女神)が再びマウイに、新しい釣り針をあげるんです。

マウイ、一度は「釣り針の方が大切......」ってモアナの元を去ったのですが、もう一度タカみたいに空を飛んで戻ってきてくれたんですよ。

マウイって強いだけじゃなくて心も優しい最高の男ですね^^!

結末ではなく見どころですが、タラおばあちゃんはモアナに「心」を渡したあと、亡くなってしまいます

しかしその後、銀色に輝やく「エイ」となって、モアナの航海についていくのです

タラおばあちゃんの肩から背中あたりに「エイ」のタトゥーがあるんです。

タラおばあちゃんが「エイ」となって海面を泳ぐシーンも美しく、映画の感動を高めます。

映画の奥行きを深めてくれてるタラおばあちゃんのセリフ、歌声にも注目です^^!

ディズニー映画【モアナ】ストーリーの感想は!?

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

ポリネシアンの南国、自然の美しさ

大きくなったモアナの戴冠式っぽい場面があるのですが、そのお屋敷がディズニーランドの「ポリネシアンテラス・レストラン」や「魅惑のチキルーム」にそっくりだったんです^^。

ポリパラのショーみたい」と思わず思ってしまいました^^。

ヤシの木砂浜はもちろん、空と海の色はさすがディズニー、絶品です♪

風景のほか、南国の文化考え方に触れられたのも良かったです。

大男「マウイ」やタラおばあちゃんの体に、きれいな模様のタトゥーが入っています。

モアナの映画を見るまでは、タトゥーって怖いだけのイメージだったのですが、ひとつの文化として受け入れられるようになりました^^。

モアナやマウイの敵キャラにあたるココヤシ海賊たちカニ溶岩モンスターも怖いですが、それぞれの味があって楽しめます。

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

モアナの見た目の可愛さよりも強さ、こころざしを描いた映画

この映画では、モアナもマウイもすこぶる強いです

敵キャラのココヤシ海賊(カカモラ)、カニ(タマトア)溶岩モンスター(テ・カ)相手に、大海原で戦う様子は「パイレーツオブカリビアン」(カリブの海賊の映画)を思わされるくらいです。

帆かけ船をあやつって戦うからだと思います。

モアナは船の操縦もできないのに船に飛び乗り、かなり後になってからマウイに操縦の仕方を教えてもらいます。

モアナのこころざしの高さに、毎日がんばる自分を重ねる女子、女性も多いのではないでしょうか。

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

・海や風が好きな人、海と仲良くしたい人にオススメ

海が選んだモアナ」ということなので、モアナは海に何度も何度も落ちまくるのですが、そのたび海水がモアナをつまんで、船の上に戻してくれます。

海が好きで海遊びをしたい人は、モアナがとってもうらやましくなりそうです

海の水は冷たいはずなのに、この映画の海はあたたかく感じるのがディズニーの魔法なんですよね^^。

海が好き、風が好き、モアナみたいに海と仲良くしたい人は、ぜひ「モアナと伝説の海」を映画館で見に行ってください^^!

 - ディズニー映画 , , , , , ,