【美女と野獣・実写版】ディズニーファンによる評価&感想【キャスト・歌】

ディズニーランドが近年おしてる「美女と野獣」、ついに実写版映画が2017年4月に公開しました。

ディズニーランドホテルの「美女と野獣ルーム」の充実ぶり、現在工事をしている「美女と野獣エリア」新オープン予定など、美女と野獣は今、最も注目すべきプリンセス物語の1つです。

「美女と野獣」映画の実写化、見ようかどうしようか、迷っている人もいるのではと思います。

シンデレラ、マレフィセント、アリスの実写映画を見たのと比較して、「美女と野獣」実写版の評価・感想、またキャストや歌について、思ったことを述べてみたいと思います。

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

【美女と野獣・実写版】全体の感想は!?【キャスト】

全体の感想として、「感動がより立体的に」「お城の中が暗い」をあげてみます。

○感動がより立体的に

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

どのディズニー実写版にも言えることなのですが、2次元アニメーションの映画と比べて、実際の人物やモノ、風景を映すわけですから、美女と野獣の世界観が「より立体的」になったように感じました。

主人公ベルの美しさと気立ての良さ、悪役ガストンの品性のない性格など、実写によって人物像がより立体的に感じられました。

野獣の住んでいた「お城」も、見たことがないくらい立派ですごくてコワイです。

美女と野獣の実写版の評価は、ヒトやモノ、風景の「存在感」にあるのではないかと私は思っています。

○お城の中が暗い

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

「美女と野獣」実写版で主人公ベルは、野獣の城にずっと閉じ込められています

お城のシーンが長く、人気のないお城なので、基本的に映像が暗くてコワイです。

映画館で小さいお子さんが泣いたりしてませんでしたが、幼稚園や保育園の子だったらコワイだろうな…と思います。

大人が見てても、暗い映像って気が滅入りますよね。

シンデレラ実写版では、お城の舞踏会の華やかさはもちろん、シンデレラの育った生家も絵本に出てくるようなヨーロッパ風のおうちで、映像美が醍醐味(だいごみ)でした。

アリスやマレフィセントでは、物語の移り変わりとともに、いろんな風景を楽しめました。

その点、美女と野獣は暗いお城に閉じ込められっぱなし、「映像美・風景より中身で勝負」という印象を受けました。

中身というのは、音楽と物語の力で描いた、ベルと野獣(お父さんも)の「真実の愛」のことです。

【美女と野獣・実写版】出演キャストの評価は!?

ディズニー実写版に評価というのもおこがましいのですが、私なりに評価を書いてみようと思います。

主人公ベル(昆夏美 / エマ・ワトソン)

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

ベルのやわらかい雰囲気、本好きの聡明さ、次第に野獣に心を開いていく勇気を合わせ持つ、気品ある女性を演じてくれています。

この映画では、ろうそく台、時計、カップとポットと言った「モノ」が名脇役となっています。

そんな「モノ」に対しても人と同じように接するベルの人柄が、この映画の魅力において大きな柱となっています。

野獣(山崎育三郎 / ダン・スティーヴンス)

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

ほどよく怖く、ほどよい感じで醜くなっていて、美女と野獣の世界観にとてもマッチしていた野獣でした。

最初の頃は心を閉ざして自信をなくしていた野獣ですが、ベルが大好きな「大量の価値ある本」を持っていたことで、自信と誇りを取り戻していった過程が丁寧に描かれていました。

この物語で一番自分の内面を変化させていけたのは、野獣だったに違いありません(全ディズニー映画を通して、かもです)

そして魔法が解けたあとの王子は、超イケメンです♪

ガストン(吉原光夫 / ルーク・エヴァンズ)

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

悪役、卑怯者役のガストン。もてっぷりから、少しは魅力、いい所もあるのかなと思いながら見ていましたが、最後の場面で野獣を攻撃した場面では、心底の悪役ぶりを発揮しました。

最近のディズニー映画の悪役は、アナ雪の「ハンス王子」ですが、あちらは知恵の悪役、こちらは力づくの悪役という感じです。

お付きの人?(ル・フウ)がやたら良い人に見えるくらいの悪っぷりガストン、芯から怖くて、好演技でした。

モーリス(村井國夫 / ケヴィン・クライン)

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

ベルのお父さん。お母さんが亡くなってるので、ベルと父親の愛情の深さが、この映画に温かみと深みを与えていました。

決して豊かではない生活でしたが、お父さんと一緒にいられて幸せだったベル。

ベルの父は、実写版で見れて好印象だった登場人物の一人です。

ルミエール(成河 / ユアン・マクレガー)

画像引用元:https://www.youtube.com/

先日終演した「テーブル・イズ・ウェイティング」(ディズニーシー)の印象が強すぎるルミエール。

ネタバレですが、小っちゃくて黄金で、もうビックリしました。

本物の炎が灯されていたのも、実写版ならではでした。

ポット夫人(岩崎宏美 / エマ・トンプソン)

画像引用元:https://www.youtube.com/

ディズニーランドの夜のキャッスルショー「ワンス・アポン・ア・タイム」で大活躍しているポット夫人。

バラの花びらが落ちるたび暗い気持ちになるみんなを、余裕の温かみで包み込んでくれていて、なごみました。

「美女と野獣」実写化では、ポット夫人をはじめ「モノ」たちの描き方が光ってました。

チップ(池田優斗 / ネイサン・マック)

画像引用元:https://www.youtube.com/

ちょこまか動くチップが可愛い!

これだけでも、「美女と野獣」実写化を見に行く価値があります。

小さい体で健気に頑張るチップに、励まされること必須です。

映画が全体的に「暗い」分、ポット夫人・チップ達のラストシーンは感動的でしたよ。

【美女と野獣・実写版】歌の感想、評価は!?【キャスト】

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

「吹替」「字幕」どちらで見るか悩んで、「吹替」で見ました。

物語がわかりやすくて良かったのですが、「歌」のシーンになったら「英語で聞きたかった!」と思ってしまいました。

日本語吹き替えキャストの歌も上手でよかったのですが、日本語のため、現実世界に引き戻される感じがしたんですよ。

ディズニー映画の魅力は、登場人物、物語、作品背景などいろいろありますが、ときどきタップリ歌われる「歌」も大きな魅力なんです。

とりわけ映像が暗くなりがちな「美女と野獣」実写版では、「歌」「音楽」の美しさが心に沁みました。

「美女と野獣」実写版の世界にドップリ浸り語ったら、「字幕」で英語の歌を楽しんだ方が良かったかな…と思いました。

「吹替」ではお子さん連れが多かったです。

この次見る機会があったら「字幕」で見ようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA