【小ネタあり】小さい子供に大人気アトラクション!ウエスタンリバー鉄道徹底紹介!!

ディズニーランドの中を色々見ながらゆっくりできてしまうウエスタンリバー鉄道はディズニーランド開園当時からあるアトラクションで、お父さんお母さん世代はもちろん子供にも大人気のアトラクションです。

今回はそんな老若男女に大人気のアトラクション!であるウエスタンリバー鉄道について、待ち時間や場所など乗るために知って起きたいことと、知っていると更に楽しめる豆知識などの情報もまとめちゃいます。

ウエスタンリバー鉄道の概要

ディズニーランドの東側にあり、アドベンチャーランド→ クリッターカントリー→ ウエスタンランドとパーク内の3つのエリアを周ることができるウエスタンリバー鉄道。

神秘的な熱帯のジャングルと開拓時代のアメリカ西部から太古の世界にまでタイムスリップすることができる蒸気機関車です。

東側にあるのにウエスタン(西部)って不思議ですね。

2006年にタカラとトミーが合併してからはスポンサーの名前も2007年にタカラトミーに変化しました。

看板からすでに色々な歴史が感じられますね。

センターにデザインされた列車のデザインは色味的にはコロラド号かリオ・グランデ号でしょうか?

  • 場所 :アドベンチャーランド
  • 形式 :ライドタイプ(屋外)
  • 所要時間 :約15分
  • 定員 :1編成140名
  • 身長制限 :なし
  • 乗車中の撮影 :一部フラッシュ撮影NG
  • ファストパス:なし

ウエスタンリバー鉄道はどこにある?

ウエスタンリバー鉄道はパークに入って左側のアドベンチャーランドにあります。

名前にウエスタンと付いていますが、場所はアドベンチャーランドなので名前につられて迷子にならないように注意ですよ。

世界観的にも19世紀のアメリカを舞台にしていると思われるので、ウエスタンランドがぴったりだと個人的には思うのですが……。

ウエスタンリバー鉄道の場所はジャングルクルーズと同じで、一階がジャングルクルーズ、二階がウエスタンリバー鉄道というようになっています。

これはジャングルクルーズとウエスタンリバー鉄道を運営している会社が同じで「サファリ・トレーディング・カンパニー」という会社であるという設定があるからなんです。

同じ会社だから同じ建物ということを覚えておけば、違う待機列だと勘違いしないで済むので頭の隅っこに覚えておくとよいでしょう。

画像参照:東京ディズニーランド公式サイトより

ウエスタンリバー鉄道の待ち時間はどのくらい?

ウエスタンリバー鉄道は一周約15分かかりますが、予備車両1台を含め4台の機関車で運行しているので、最も短くて5分間隔で汽車がやってきます

それに加えて一回で乗れるゲストの数も140人と多いため、列ができていたとしても実際の待ち時間は比較的短いです。

そういう部分も含めて、小さいお子さんと楽しむにはうってつけの乗り物ですよね。

平日であれば20分程度土日祝日でも30分程度の待ち時間で乗ることができます。

45分を超えるような待ち時間の日はパーク中が人であふれるくらいで入園制限レベルの日くらいです。

待っている間も、日本とは違った掲示物やチケットや日本の駅でも買えるような日用品が売っている光景も見ることができます。

後でご説明する特別な場所への運行をしている時は、どうやらチケットなどは買うことができないようですが、列車が行ったり来たりしてとてもワクワクします。

車体の前の数字は28番こちらはミズーリ号になります。

車体番号を確認すると乗る予定の列車の名前が分かってしまうので、番号や名前をクイズにしてみてもいいですよね。

20番がミシシッピ号25番がリオ・グランデ号28番のミズーリ号53番のコロラド号4種類があります

それぞれの名前はすべてアメリカの川に由来するもの。乗った列車と同じ名前の川がどこを流れているのかと調べるだけでも勉強になりますね!

実は列車や名前と番号だけでなく、それぞれデザインも違っていたりするのが、鉄道好きにはたまりません。

ちなみに、20番のミシシッピ号だけは平成に入ってから追加された列車になります。

そのためか見た目も他の三台とは異なる特徴を持っています。

そういうのを知ると、なんだか無性に乗ってみたくなりませんか?

ウエスタンリバー鉄道の注意事項

ウエスタンリバー鉄道は時間をめぐっている特別な列車なので、思いもよらない場面に立ち会うことがあります。

こっそりそのシーンの一部をお見せしますが、時間旅行のことは秘密にしてほしいと言われているので、あくまで内緒です。

こんな体験を実際にできる列車は、家に帰っても思い出すだけで楽しくなりますよね。

色々な時代を行き来していますから、どの時代が印象に残ったかな?と歴史のことや風土や伝統について、普段しないような話も盛り上がります。

ディズニーランド内では色々な挨拶に触れる機会がたくさんありますが、こちらでも色々な言葉を耳にします。

色々な文化に触れられ、興味を持つきっかけにもなるという意味でもウエスタンリバー鉄道は唯一無二の列車と言えるでしょう。

ウエスタンリバー鉄道の小ネタ

ウエスタンリバー鉄道とジャングルの運営会社が一緒ということはすでにお伝えしましたが、それ以外にもウエスタンリバー鉄道には知るとより楽しくなる小ネタがたくさんあります。

ウエスタンリバー鉄道はちゃんと蒸気で動いている!

ウエスタンリバー鉄道にはコロラド号、ミズーリ号、リオ・グランデ号、ミシシッピ号の4つの車両すべてが実際に蒸気で動いている機関車なんです。

燃料は環境などを考慮してか石炭ではなく、燃料は灯油ですが、灯油を燃やした熱で水を蒸発させて動いているんですよ。

一回の運転で使う水の量はなんと2,000リットル!

一番前の車両に乗れたら水を補給している機関士さんたちの姿が見れますよ。

時折聞こえる汽笛は鉄道ファンなら胸が熱くなりますよね。

しかも、列車ごとに音も違うとのこと!耳を澄ませて汽笛も楽しみましょう。

アナウンスは国民的おじいちゃん

音と言えば、ウエスタンリバー鉄道のアナウンスは青野武さんなんです。

今は青野さんが亡くなってしまって変わってしまいましたが、2010年までちびまる子ちゃんのおじいちゃんや様々な洋画の吹き替えの声をされていた声優さんなので、聞いているだけで懐かしくなります。

1999年に村山明さんから青野武さんに変わったということもあって、リハブがあるたびに、変わってしまうのでは?と心配になるのですが、2018年現在も青野さんの声で旅を楽しむことができます。

アナウンスの内容に関しては、同じくディズニーランドの交通機関であるオムニバスと同様にパーク内のアトラクションの休止なども考慮して変化しています。

ゲストを混乱させない気配りがいたるところに感じられます。

乗り降りできない二つの駅がある

ウエスタンリバー鉄道は移動手段ではなく、ゲストが車両に乗り降りできる駅は一つしかありません。

しかし、ゲストが利用できる駅以外にも二つの駅があるのはご存知ですか?

一つは乗車中のアナウンスでも紹介される「スティルウォーター・ジャンクション」の方がご存知の方も多いと思います。

もう一つはアナウンスでの紹介もなく、乗車中も一瞬見えるか見えないかくらいの激レアな駅です。

まだ見たことがない、知らなかった人はぜひ探してみてください。

まとめ

小さい男の子なら絶対に満足できるであろうウエスタンリバー鉄道。

ディズニーには興味はなくとも鉄道が好きなら絶対に乗っておきたいアトラクションです。

列車の動く原理に興味を持ったり、言葉に興味を持ったり。

楽しむ内容は人それぞれと思いますが、沢山の文化や知識に興味を持つきっかけとなるウエスタンリバー鉄道は、待つのが苦手な人にも比較的簡単に乗れる貴重なアトラクションです。

待ち時間が少ない時は、4つの列車すべてを制覇するのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA