【ディズニーランド】魅惑のチキルーム:アロハエコモマイに登場する鳥の名前を覚えよう!【ハワイ感溢れるセリフも一緒に】

みなさんはディズニー映画『リロ&スティッチ』を見たことはありますか?

映画の舞台は常夏の島ハワイの中でも最北端にあるカウアイ島。

独特なタッチで描かれる常夏の風景は見る人を元気にさせてくれます。

そんな『リロ&スティッチ』を題材としたアトラクションが『魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”』

くつろぎながら陽気な音楽を楽しむことができるので、ディズニーのヘビーユーザーにとっては穴場スポットなんです。

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”の概要

そもそも、魅惑のチキルームってどんなアトラクションなんだろう?

魅惑のチキルームはディズニーランドの開園時からずっとあるアトラクションですが、知らない人がたくさんいるかもしれませんね。

1983年~1999年:魅惑のチキルーム

1999年~2008年:魅惑のチキルーム”ゲット・ザ・フィーバー”

2008年~:魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”

と内容のリニューアルを繰り返しているアトラクションなんです。

2008年からはスティッチも登場するようになっているので、パーク内を歩き疲れて休憩したい家族連れには特におすすめ!

できたころには行っていたけれど、最近は行っていないという人もいるようです。

昔行ったからもういいやなんて言っていたら、正直もったいない!声を大にして言います。

  • 場所 :アドベンチャーランド
  • 形式 :シアタータイプ
  • 所要時間 :約10分
  • 定員 :318名
  • 車いす :OK
  • フラッシュ撮影 :NG
  • ファストパス:なし

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”はどこにある?

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”はアドベンチャーランドにあるのですが、外観がレストランっぽいので初めてみると、なんだこれ?って思います。

横に看板がありますがアトラクション名だけではどんなアトラクションか想像がつかないし、待ち時間が常に10分前後だし、全然人もいないし……

人気なさそうだし、別にいーや!という感じでスルーしてしまう・・・。

ちょっと待った~~!見た目で判断してはいけませんよ!

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”の待ち時間はどのくらい?

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”の待ち時間はほとんどありません

ただし、前の回が始まったばかりだったりすると最大で10分間は待ち時間が発生してしまいますが、始まったばかりだと座って待つことができるので待っている間も休憩できてしまいますよ。

他のアトラクションとは違い、ここは並ぶということはほとんどない……混雑日にさえ列を見かけた記憶がありません。

中に入ると南国にあるホテルのロビーにでも来た気分に浸れます。

待っている場所は南国の木陰をおもわせる過ごしやすい雰囲気で毎回リラックスしすぎるのが難点です。

スタンバイ場所にある岩もなんだかポカポカあったかくて寒い日なんかは暖を取るのにぴったりです。

あっという間にチキルームへの移動が始まり、いそいそと中へ。

スタンバイ場所にお手洗いがあるのも珍しく、休憩におすすめしたいポイントの一つなんですが、いつもすぐにチキルームに案内されてしまうので、なかなか中のトイレに足を運べません。

待ち時間が最小限という点が待ち疲れてしまっているとそれだけで楽園です。

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”のストーリー

魅惑のチキルームでは、「リロがスティッチを探している(スティッチが迷子になっている)」というのが分かるポスターなどが貼られているんです。

スタンバイ場所でスティッチについて盛り上がっているうちに時間が過ぎてしまうので、少し長めに待つならチャンス!

花壇にスティッチを探していますというポスターがあるので、ぜひみつけてください!

ここに迷子のポスターがあるということは、スティッチはこの近所に住んでいるはず。

魅惑のチキルームはリロとスティッチが実際に住んでいる街にある、ということが示されているんですね。

『リロ&スティッチ』の日常を感じることのできる雰囲気を持っているのもポイント。

ショーの主役はハワイのカラフルな鳥たち。

スティッチは友情出演のような関わりですが、実際に私たちがスティッチの住む町にいたら、こんな感じかな?と思わせてくれます。

魅惑のチキルームに登場するハワイの鳥は歌が大好き!それぞれの名前をご紹介

このアトラクションは2回リニューアルしてるんですよね。

今の魅惑のチキルームは2008年にオープンしています。

その前まではスティッチ要素が全くなくて、南国の雰囲気でゆったりと音楽を楽しみたい人に親しまれておりました。

南国で歌や音楽が大好きなディズニーキャラといえばやっぱり、スティッチ!

2008年にスティッチが登場し、鳥が歌う曲も『リロ&スティッチ』で使用されている歌に変更されました。

ディズニー好きとしては、スティッチの登場に歓喜したものです。

2006年、2007年にスティッチを推したイベント『リロ&スティッチのフリフリ大騒動〜Find Stitch!〜』もやっていたのでこのころのスティッチ推しはすごかったと記憶しています。

 登場するメインの鳥たちは4羽

ハウオリ

色が鮮やかでカラフルな鳥。みんなのリーダー的存在でまとめ役の鳥です。

ハウオリはハワイ語で『楽しい、嬉しい』を意味します。

はきはきとした声でかっこいい歌声を披露してくれます。

マヌ

ブルーの鳥で、ポイントは眼鏡をかけていること!席によっては眼鏡はよくわからないかも。

マヌはハワイ語で『鳥』を意味します。

慎重な性格の鳥で、スティッチのいたずらに一番驚いて怖がってしまいます。

マヒナ

ピンク色の鳥。メンバーで唯一の女の子!

マヒナはハワイ語で『月』を意味します。

お姉さん的雰囲気を持っていて、原因不明のアクシデントに興奮する他のオス鳥たちをなだめるしっかり者です。

歌声がとっても魅力的です!ハワイの鳥たちの間でもモテモテ間違いなし♪

ワハヌイ

緑色をした鳥。マヌをからかいがちのお気楽な性格です。

ワハヌイはハワイ語で『おしゃべりな口』を意味します。

アクシデントを逆に楽しんじゃうような口ぶりで、場の空気を和ませてくれるムードメーカー!

この4羽の鳥たち(+スティッチ)でストーリーが進んでいきます。

時折楽しい歌を披露し、部屋の中にはさまざまなギミックが存在します。

周りの植物やインテリアたちも動き出してどんどん盛り上がっていきます。

変わっていく部屋の様子をみながら歌を聞くことになるので、意外にもあわただしく感じます。

そして最後にはスティッチが登場。

ラストに向けて、スティッチと4羽の鳥たちと一緒に歌っちゃいましょう!

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”で覚えておくとより楽しめるハワイ語

画像参照:東京ディズニーランド公式サイトより

ハワイの言葉って独特ですよね。

まず、みなさんに覚えておいてほしいのは「アロハ

ハワイの代表的な挨拶ですよね。

こんにちはだけでなくおはようやおやすみ、そしてさようならにまで使えてしまうオールマイティーな挨拶なんですよ。

右手の人差し指、中指、薬指を曲げ左右に振る仕草をしながら使いのがポイントです。

ちなみに、スティッチのグリーティングの時にも「アロハ」はとっても有効ですよ。

そして「オハナ

『リロ&スティッチ』の主軸となっているワードです。

この文章はとっても素敵。

オハナは家族、家族はずっと一緒にいるもの――何があったとしても。」

オハナは家族っていう意味があるんですよ。

スティッチが一番大切にしている単語です。

アトラクションの名前にもなっている「アロハ・エ・コモ・マイ」は「ようこそ!」という歓迎の言葉なんです。

魅惑のチキルームにようこそ!ってことですよね。

意味の分からないアトラクション名だったけど、訳してみるとなんだか親近感がわきませんか?

魅惑のチキルームでも、オハナとアロハは重要な言葉になっているので、ぜひ覚えてくださいませ。

まとめ

魅惑のチキルームアロハ・エ・コモ・マイはスティッチが登場するようになってますます家族連れに嬉しいアトラクションです。

待ち時間も少なく、待っている間もトイレ休憩やスティッチの話で盛り上がることのできる知らないのはもったいない隠れた人気スポットになっています。

人気アトラクションのファストパスを発行した後に少しだけ時間が空いたなど、休みながら何か楽しみたいという時間があるなら足を運んでみてください!

きっと、その魅力に気づいて何回でも足を運びたくなることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA