【体験レポート】アンバサダーホテルのディズニー・スウィートハート・ウェディング

機会があれば、ディズニーで挙式をしてみたいという人は多いのではないでしょうか?

実は先日、私もディズニーアンバサダーホテルで結婚式をやってきました。

親族も友人も楽しめたと言ってくれたうえに、自分たちも存分に楽しむことができたので結婚式は大成功。

挙式をやるにあたって、準備が大変そうなど疑問や不安は多く聞きましたが、終始楽しいものでした。

今回はディズニーアンバサダーホテルでの挙式の一日の流れを振り返ってご紹介していきます。

式当日の流れ

今回は16:00から挙式、17:30から19:30がお食事会という流れになっています。

タイムスケジュール

新婦着替え    12:45 ビューティーサロン

新郎着替え    13:45 ビューティーサロン

両家の両親    14:30 控室

親族       15:00 控室

親族紹介     15:20 控室

集合写真     15:40 ポートレートスタジオ

親族以外の列席者 15:50 チャペル前

挙式       16:00 ローズチャペル

会食       17:30 会食

新婦が三時間半ほど前にサロンへということだったので、12時まではイクスピアリやディズニーランドでのんびりしてから、メイクに必要な道具を片手にビューティーサロンへ入ります。

ディズニーに始めてくる両親と一緒にパークでも遊びたかったので、ホテルウェディングは手ぶらで来ても大丈夫という点は物凄くありがたかったです。

式の前の雰囲気

私たちが衣装に着替えている間、家族たちは親族控室で待っていることになります。

桜茶など美味しいドリンクを飲みつつ和やかな雰囲気で過ごしていたようです。

集合写真などの合間に新郎新婦は挙式を上手に進行できるように流れを新婦の両親と一緒に介添のキャストさんから教えてもらいます。

全員が緊張でカッチカチになっていました。

新婦はじゅうたんの上をドレスで移動するたびに裾を踏んで大苦戦。

私服とは違ってドレス自体に重さがあるので、動くだけでもかなりの運動量になります。

昼食を食べずに空腹のままドレスを着たことに度重なる後悔を口にしていました。

いざ挙式

両親と兄弟、そして共通の友人だけの少人数ウェディングだったので、緊張は軽減されていたかもしれません。

ローズチャペルのバージンロードは短いはずなのに高い天井と緊張感でとても遠い気がします。

ローズチャペルの床はドレスでも比較的歩きやすい大理石になっています。

新郎も新婦も足元は見ないように歩きますが、ディズニープリンセスモチーフのドレスが綺麗に見える工夫が沢山ありました。

神父は他の教会では見ないようなTHEディズニー!と言いたくなるような方でした。

友人や親族から、やっぱりディズニーだ!と神父さんを見て感じたという意見が多かったです。

ドレスのトレーンは本当に美しくて多くの人がプリンセスのこの衣装を選択するのは納得です。

式場では新郎新婦と神父さんが誓約書にサインをします。

私たちは漢字で書いたのですが、その誓約書にはミッキーとミニーもサインをしてくれるので、筆記体にすればよかったかもと……。

秘かに後悔をしました。

サイニングセレモニー

ローズチャペルでの挙式の後は外に出て、イクスピアリの中にあるガゼボでの記念撮影です。

雨が降った場合はホテル内での撮影になり、写真のカット数が増えるとアナウンスがあり、どっちになるのかドキドキしました。

天気予報では雨予報だったのですが、幸い運よく雨も降らずに暑すぎないちょうどいい気候でした。

噴水の奥にはイクスピアリのレストラン「自然派ビュッフェ 饗の詩」があり、店内から記念撮影の様子が見えるようになっています。

レストランの窓に張り付いた子供たちがこっちを見ているのがちょっと恥ずかしかったりします(笑)

そして、「ミッキーとミニーがお祝いに駆けつけました」とアナウンスがあると、会場のテンションが上がるのを感じるとともにガゼボにあの人気者が現れます。

ミッキーとミニーが二人の元にやってきて、挙式の時に署名した結婚誓約書にサインをしてくれます

そのとき会場のボルテージはMAXです。

新郎は大喜びですが、新婦はミッキーとミニーに会うのが久々過ぎて笑顔も動きもものすごく緊張していました。

その緊張をほぐすためにミッキーがいつもの何倍もキスをしてくれましたよ!

ガゼボでの撮影が終わると、チャペル前での記念撮影、ホテル内の階段での集合写真など来場者と新郎新婦の希望を聞きながら進めていきます。

新婦は空腹の頂点に達して撮影より食べたいと繰り返し言っていました。

会食

楽しい記念撮影の後はもう一つのお楽しみの会食です。

私たちは一旦控室に戻ってメイクの直しをしたりしていましたが、両親たちはそのまま会場に向かったようです。

このタイミングで新婦のお手洗い休憩もあります。

ドレスなので、食事を食べるためにも遠慮せずいっておいた方がいいでしょう。

今回は2歳前の甥っ子がいたのでお子様メニューも頼んでみました。

こちらは3歳までの子供向けの”フラワー”。

この食事を目にした甥っ子はそれはもう嬉しそうに、いつも以上に食べていたようです。

  • コーンクリームスープ
  • テリヤキソースハンバーグ
  • 海老入りスパゲッティーナポリタンと温野菜添え
  • イチゴゼリーとフレッシュフルーツ クッキー添え
  • ミッキーブレッド

大人でも満足しそうな内容になっています。

続いて大人たち用のお食事です。

大人用のメニューは東京ディズニーランドのスペシャルイベントをイメージしたコース”シーズン・イン・ザ・パーク”にしました。

ディズニーの春夏秋冬を連想できる内容になっています。

こちらはディズニーの夏をイメージしたオマール海老とマンゴーのスフレ。

オードブルとスープの後に出てくるシーフードのメインです。

これだけでもかなりの満足感があります。

コース内容も紹介しておきましょう。

  • 食前のお楽しみ
  • オードブル四種盛り合わせ
  • 菊芋のクリームスープ トリュフのロワイヤルと共に
  • オマール海老とマンゴーのスフレ オレンジ風味のサバイヨン
  • ポルチーニ茸のデュクセルに包まれた国産牛フィレ肉のパイ包み焼き マルサラワインソース
  • 柚子風味のホワイトチョコレートムース ストロベリークーリと白ワインソルベ
  • 3種のブレッド
  • コーヒー/プティスール

秋のハロウィンをイメージしたお肉のメインは見た目も味も最高でした。

新郎新婦のメインはあらかじめ切ってあったので、話を楽しみながらもパクパク食べられました。

こういう気配りが本当にうれしいですね。

そして、最後のデザートが登場し歓声が上がります。

ホワイトチョコレートのツリーももちろん食べられますが、この中には美味しいチョコのムースが隠れています。

さらに驚くべきは、このデザートの大きさ……なのに一人一つずつあるんです!!

ツリーの高さは目算ですが、30㎝はあったと思います。

父たちはツリー完食に挑んでいましたが、新婦はさすがに諦めていました。

味もボリュームもみんなが満足したみたいですね。

ドリンク

ドリンクメニューもディズニーらしさ満点です。

私たちの選んだコースはBIG5をイメージしたノンアルコールカクテルが楽しめる”ダイアモンド”。

どれもそれぞれのキャラクターを見事に表現した可愛いメニューなのでみんな全種類頼んでいました。

  • ハッピー・ミッキー
  • スウィート・ミニー
  • ワッキー・ドナルド
  • ファニー・グーフィー
  • ジョイフル・プルート

もちろんアルコールメニューも充実しているのでお酒好きの人でも安心です。

お酒好きの義理兄は「いいお酒ばっかりだから全部飲まなきゃ!」といいって次々に頼んでいました。

こんなところに隠れミッキー

サプライズと言えば、ヴェールを新婦は会食の時に外していたのですが、髪型に隠れていました!

わかりますか?隠れミッキーです!

ヴェールを外すときに髪の毛にラメを付けてもらったので、写真の撮る度、頭がキラキラ輝いていました。

私たちはあまり飲まないのですが、お酒な好きな人にはたまらない充実のアルコールも好評でした。

着席した時にもあったのですが、ミッキーの形のナプキンもディズニーのホテルウェディングならではです。

まとめ

終わってみて、参加した人たちが本当に楽しかったと言ってくれていたので、アンバサダーホテルで結婚式をしてよかったという実感になりますね。

普通の式場であれば、緊張してしまって楽しいよりも大変だったという印象が残ったかもしれません。

打ち合わせもwebを活用してできるようになっていたり、ディズニーアンバサダーでのウェディングは新郎新婦も楽しく、楽ちんだったという印象です。

晴れた日にガゼボの前を通ったら、ミッキーたちが来るセレモニーをやっているかもしれません。

遠目に見学だけでもしにいってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA