【アトラクション乗り放題】ディズニーシーの貸切イベントに行ってきた【プリマハム】

ディズニーで時々、営業が短い日があって多くの人が帰る中、閉演したはずなのに人が集まってくるのを見たことはありませんか?

実は、そういうときは懸賞などで当選しないと入ることのできない特別なイベントが行われているんです。

今回は、運よく2018年10月12日に行われたプリマハムのディズニーシーの貸切イベントに当選して行ってきました。

貸切のイベントの気になるところをまとめてご紹介します。

貸切イベントってなに?

ディズニーの貸切イベントは、スポンサー企業などが通常のパーク閉園後にディズニーランドまたはディズニーシーを貸切、パーティー参加者のためだけに特別な時間を提供してくれるプログラムのことです。

ディズニーの貸切イベントのチケットは、一般には販売されていません。

チケットを手に入れるには、スポンサー企業の商品を購入して懸賞にチャレンジするのが一番の近道です。

チケットゲットのチャンス!絶対参加したいディズニー懸賞

どうせ当たらないと諦めずにチャレンジしてみることが大事ですよ。

私は3年間で20通くらい応募して、4回当選しているので、そこまで当たりにくいってわけではなさそうですよ。

開園待ちの行列は寒いです

当日は19:30開園なのですが、仕事を休んで昼間から舞浜入りです。

昼頃からパークを堪能して私は16時過ぎに並んだのですが、それでも前に50人くらい先客がいました。

最初はピクニックエリアの近くに並んでいたのですが、17:00くらいからチケットブースの方に移動になりました。

このときに入り口毎に分かれて並ぶことになるので前から2番目を取ることができました。

後は2時間半待つだけです。

この時間が寒くて一番つらかったです。

オリジナルのお土産

今回はありがたいことに貸切イベントオリジナルのお土産を貰うことができました。

事前にチケットと一緒に送られてきていた引換券をチケットブースに持って行くとグッズを貰うことができました。

以前は入園時に手渡しだったこともあったのでイベント毎に違うのかもしれませんね。

チケットブースは全然混んでいなかったのですぐに交換してもらうことができました。

私は使わなかったのですが、みんなケミカルライトを付けていて入園後もあちこちで緑の光を見ることができました。

待ちに待った開門からの開園

19:00になると目の前にあるシャッターオープンです。

このときちょっとしたトラブルがあって開門に戸惑っていたのですが、無事にシャッターが開いてゲストから謎の拍手が(笑)

ディズニーシー・プラザにはミッキーたちと”東京ディズニーシー・マリタイムバンド”がゲストを迎える準備をしてくれていました。

出てきてくれたキャラクターは全部で10人。

  • ミッキー
  • ミニー
  • ダッフィー
  • シェリーメイ
  • ドナルド
  • デイジー
  • チップ
  • デール
  • グーフィー
  • プルート

普段は夜にグリーティングをしてくれることはないので写真撮りたい!と思ったのですが、今回はアトラクションに乗りに行こうと思い断腸の思いでディズニーシー・プラザを抜けてトイ・ストーリー・マニア!へ向かいました。

空いてるトイ・ストーリー・マニア!

普段なら90分なら空いているかなと考えるトイ・ストーリー・マニア!も、奇跡的な待ち時間で楽しむことができてしまいます。

Qラインも全く立ち止まることなく進めてしまう……

こんな事があっていいのだろうか。

結果は、もう少しで20万点だったので残念です。

毎週パークに行っていてもアトラクションに全然乗らないのでトイマニ自体が半年ぶりなのでコツとか全然わかってません(笑)

降りると待ち時間の表示が80分になっていたので、トイマニに乗りたい場合は早めに並んで最初に行くか少し時間をおいていくのがいいですね。

開園後60分後の公式アプリの待ち時間で30分待ちになっていたので、30分以上の待ち時間だったら他のアトラクションから攻めた方がいいかもしれません。

それにしてもタワテラが5分待ちとはすごすぎですね。

プリマハムへの感謝

トイマニの待ち時間の少なさに感激しながら、今回の貸切イベントに招待してくれたプリマハムがスポンサーのユカタン・ベースキャンプ・グリルで夕飯をとろうと向かうと、ここにもサプライズが。

お店の前に葉っぱが集まってるのが遠くから見えたのですが、近づいていくとその葉っぱはミッキーの形に整えられていました。

混雑しているとなかなか見られない心憎い演出です。

ほとんど待つこともなくシェフのオススメセットを注文しました。

パリッとしたウィンナーソーセージとパンチのきいたベーコン、さらにハンバーグというよくばりなプレートです。

ご飯を食べつつアルコールも進みそう。

今日は限られた時間、普段人気のアトラクションにいくつか乗りたいので、サクサク食べて出発しようと話していると外から花火の音が……。

慌てて食べて外に出ると終わってしまっておりました。

事前に時間を見て食事に行けばよかったと、後悔先に立たずですね。

あれもこれもと迷ってしまいますが、アトラクションの待ち時間は短いです。

気を取り直して何かに乗らねばと先を急ぎます。

レイジングスピリッツ

普段はスタンバイの列が外に出ているのですが、まったく列が外から見えない状態だったのでサクサクと中に進みます。

隠れグーフィー

Qラインを歩いて行ってようやく列の最後尾にたどり着くとキャストさんが「こちらには隠れグーフィーがいますよ」と声をかけてくれました。

最初はどこ?と思いましたがよく見てみると本当にグーフィーが隠れていました。

普段は素通りしてしまっていたのですが、とっても得した気分です。

本当に空いているパーク内

それにしても、普段は歩くのが大変なくらいに人がいるんですが、園内はガランとしています。

いつもは行列になっているフォトスポットも独占して撮影ができてしまうのは感動ものですね。

あちらこちらで見かけられる緑色の光はお土産のライトです。

私はもったいなくて使わなかったのですが、たいていの人が思い思いに光らせていました。

センター・オブ・ジ・アース

グリーティングをしたいからプラザに向かおうとしていたら、センター・オブ・ジ・アースまでもが10分待ちなんて!のらないと……と本当に人が少なくてびっくりです。

スタンバイで並ぶ場所もガラリとしており、背景に誰もいない状態で写真を撮り放題状態です。

そんなレアな状態ですが、閉園も近づいてきたのでサクサクと進みます。

センター・オブ・ジ・アースのテラヴェーターはいつもなら人がひしめいた状態で乗るのですが、4組くらいが乗った状態で出発しました。

やろうと思えば1時間で4~7回は乗れてしまうかもしれない状態です。

アトラクションが好きなら限界に挑戦したいところですが、グリーティングだけは死守したいので、1回乗ったら移動です。

フェアウェルグリーティング

プラザに開園時と同じくミッキーたちと”東京ディズニーシー・マリタイムバンド”が現れてゲストたちは大興奮。

私もちゃっかり入待ちです(笑)

ステージではブラスバンドの演奏に合わせてミッキー、ミニー、ダッフィ、シェリーメイがかわいく踊って歓声が上がります。

地球儀の周りのグリーティングでは、開園時には見かけなかったアラジンとアリエルもいました。

普段プラザでは見ることができないキャラクターなのでうれしくなりますね。

まとめ

19:30~22:30はあっという間でした。

見たいもの食べたいものをあらかじめ決めて動けば、もっと多くのアトラクションを楽しんだり、移動しながら花火を見たりすることもできたかもしれません。

開いているレストランの数も少ないのであえてパーク内で食事をとらなければもっとアトラクションを楽しめます。

今回は無計画でも「トイストーリーマニア」「レイジングスピリッツ」「センター・オブ・ジ・アース」に乗って、食事も楽しめたので大満足です。

またこの特別な時間を過ごしたいので、絶対にまた懸賞に応募したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA