【ディズニーピクサー・リメンバーミー】coco(ココ)・ヘクター・ネタバレ

ディズニー・ピクサーの新作映画「リメンバーミー」。

ハンカチどころか感動の涙でタオル持参の人、続出です。

どうせ1度か2度しか見れないなら、てっていてきに感動を味わいたいですよね。

この記事ではディズニーピクサー映画新作「リメンバーミー」で感動のコツがわかるようcoco(ココ)・ヘクターがどんな人なのか、忙しいみなさんのために「ネタバレ」をさくっとまとめてみました。

【ディズニーピクサー・リメンバーミー】coco(ココ)はどんな人!?【意味】

coco(ココ)は主人公の少年「ミゲル」の「ひいおばあちゃん」にあたる人です。

映画の中ではまだかろうじて生きていて、揺りいすのようなのにずっと座っているんですよ。

画像引用元:http://www.disney.co.jp/movie(以下同)

ミゲルの自宅のシーンで、最初の方と最後の方に、少しだけでてきます。

出演シーンはそれほど多くないのですが、この映画の原語タイトルは「coco」(ココ)と、ひいおばあちゃんの名前なんですよ。

主人公ミゲルではなく、ひいおばあちゃんの名前が映画タイトルになるくらい、この映画では重要な登場人物なんです。

coco(ココ)は映画の中で座りっぱなしのひいおばあちゃんとして登場する他、「写真」としてすでに祭壇にかざられているんですよ。

ネタバレになってしまいますが・・・・・・主人公ミゲルの家に、亡くなった家族をまつる「祭壇」(さいだん)があるんです。

その祭壇に亡くなった家族の「写真」がかざられているんです。

ピラミッド型にかざられた10枚くらいの写真の、一番上の写真に・・・・・・。

両親にだっこされた「小さな女の子」が写っています。

画像引用元:https://www.youtube.com(以下同)

その幼女の写真が、幼いころの「coco(ココ)」です。

「写真の幼女=揺りいすのひいおばあちゃん」

画像引用元:http://www.disney.co.jp/movie(以下同)

リメンバーミーを100倍たのしむために、まず「揺りいすに座ったひいおばあちゃんcoco(ココ)=写真の幼女」だということを知りましょう。

次はディズニーピクサー映画「リメンバーミー」で、coco(ココ)と同じくらい重要な役割をはたす人物「ヘクター」についてまとめてみました。

【ディズニーピクサー・リメンバーミー】ヘクターはどんな人!?【意味】

ヘクターについてネタバレですが、「coco(ココ)のお父さん」です。

ヘクターはcoco(ココ)のお父さんなので、年齢的に「もう死んで」います。

なのでヘクターは「死者の国」の住人です。

ヘクターは主人公の少年のひいおばあちゃん(coco・ココ)のおじいちゃん、つまり「ひいひい・おじいちゃん」にあたるのです。

●リメンバーミーは「死者の国」をえがいた映画です

リメンバーミーは、映画の最初と最後で「生きている現実」の世界をえがいているのですが、真ん中へんずっとながい間「死者の国」をえがいています。

主人公の少年「ミゲル」は、家族に禁止されてるギターを弾きたいあまり「死者の国」に迷い込んでしまいます。

「死者の国」は死んでいる人たちが住む国なので、すでに亡くなった祖先が住んでいます。

登場人物を分けてみます

生きている人:

ミゲル(主人公)お父さんお母さん

画像引用元:http://www.disney.co.jp/movie(以下同)

ミゲルのおばあちゃん(音楽キライで叱ってばかり)

ミゲルのひいおばあちゃん(coco・ココ)

揺りいすにずっと座ってます

(*「1年後」のシーンでは亡くなっていて、祭壇に写真がかざられています)

死者の国に住む人:

イメルダ(ミゲルのひいひい・おばあちゃん。cocoの母)

ヘクターの夫。死者の国でミゲルを世話します。

生前はギターのために家族をすてた夫のせいで、苦労した生活を送りました。

ヘクター(ミゲルのひいひい・おじいちゃん。cocoの父)

イメルダの夫。死者の国でミゲルにお願いごとをします。

オレの写真を生家の祭壇にかざってほしい」と・・・。

ヘクターは家族をすててギターや音楽をしていたので、生家の祭壇に写真がかざってないんです。

ミゲルが「生きている世界」に戻り、ヘクターの写真を生家の祭壇(ネタバレすると「自分(ミゲル)の家)にかざると、ヘクターは死者の日自分の生家にかえれるんです。

このあたり「死者の日」の意味がわかりにくいので、次のページにネタバレをまとめてみます。

【ディズニーピクサー・リメンバーミー】死者の日のネタバレとは!?【意味】

リメンバーミー「死者の日」のネタバレですが、この映画では「日本のお盆」をそのままディズニーピクサーがネタでとりあげています。

お盆になると、墓参りやおそなえものをすると「ご先祖さまが数日だけ帰ってきてくれる」

「迎え盆」「送り盆」といいますよね。

日本の「迎え盆」(先祖がくる)「送り盆」(先祖が死者の世界に帰る)をそのまま取り入れて、メキシコの「死者の日」とつくったのが「リメンバーミー」なんです。

映画の中で死者の日は、実際にこの状態でした。

coco(ココ)ひいおばあちゃんまだ生きている

イメルダ(ココの母)

祭壇に写真がかざってあるので、死んでいるけど「死者の日」に生家に帰れる。

自分の娘「ココ」や主人公のミゲルなど家族に会える

・ヘクター(ココの父)

祭壇の写真が「引きちぎられていて」飾られていないので、死んでしまっているし「死者の日」に生家に一度も帰れたことがない。

同じ「死んでいる人」でも、イメルダ(ココ母)とヘクター(ココ父)の差は大きいですよね!

映画の中では「死者の日」に生家に帰れる人・帰れない人は、スーパーなコンピューターできちんと管理され、「顔パス」でデータ化されています。

「生きている世界で写真が飾られている」人は、ゲートをパス。

「生きている世界で写真が飾られていない」人は、出国(?)ゲートをくぐることができないんです。

ヘクターは死者の日がくるたび、毎年どんなに出国ゲートをくぐり、娘のココ(coco)に会いに行きたかったことでしょう。

若くして亡くなったヘクター、ずっとココ(coco)に会えなかったんです。

そして、この映画の悪役は、まさかのまさか、英雄のギタリスト。

白いスーツの悪役が、どん底に落とされる痛快なギャップも、この映画でお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA