【TDL】おひとりさまディズニーの楽しみ方!【TDS】

おひとりさまディズニーに興味があるけど、どんな風に楽しんだらいいのかわからない……と思っている人はいませんか?

友達や家族と行くと目に入りませんが、おひとりさまでディズニーに来ている人は実はたくさんいます。

実際、私もお一人様ディズニーで行くことが多いです!

ひとりで行くと自分の好きな時に行くことができて、他人に合わせることなく自分の好きなように動けるため、おひとりさまディズニーは特に年パスを持っている人たちに人気があるんです。

おひとりさまディズニーに行ったことのない人が、おひとりさまで楽しめるように単独で楽しくアトラクションに乗る方法やホテルを使った楽しみ方などなど楽しむための基本を厳選してみました。

アトラクションはどう楽しむ?おひとりさまの楽しみ方!

おひとりさまディズニーは慣れてしまえばなんてことありませんが、慣れるまでは周りの視線が恥ずかしく感じるかもしれません。

特に、アトラクションの列に並んでいるときは周りが楽しそうにしているのに一人で寂しい……なんてことになってしまうことも……

ファストパスを効率的にとる

開園〜閉園までいられる人は、4~5枚くらいファストパス発券が可能です。

例として、ディズニーランドのおすすめの効率のよいファストパスの取り方は次のようになります。

  1. ビッグサンダーマウンテンやスペースマウンテンのファストパスをゲット!
  2. ⅰ以外の人気アトラクションのファストパスをゲット!
  3. ⅰ、ⅱで選ばなかった第二候補のアトラクション(一度乗ったアトラクションの二回目でもOK)
  4. スターツアーズ、ホーンテッドマンションなどファストパスが残っているアトラクション

ⅰの理由は、やはり人気アトラクションのファストパスは取れなくなるのが早いからです!

開園してすぐに人気アトラクションのファストパスを発券すると、2枚目以降の発券スケジュールがたてやすくなります

3大マウンテンのうち、スプラッシュマウンテンは後述する「シングルライダー」の対象アトラクションなので、貴重なファストパスを使わずにシングルライダーを使った方が効率的です。

ⅱはバズライトイヤーのアストロブラスターやプーさんのハニーハントなど、スタンバイが90分前後の待ち時間になるアトラクションをとるといいと思います。

ⅰ、ⅱのアトラクションは13時ごろにはファストパスの発券が終了してしまう事が多いので発券可能時間になったらすぐに次のファストパスを取るようにしましょう。

ⅳを後回しにする理由は、他のアトラクションより発券終了が遅く、16時過ぎまでファストパスが残っていることが多いからです。

また、おひとりさまディズニーランドでは、ファストパス対応ではない乗り物に乗るのに苦労します。精神的に……

以前「ピーターパンと空の旅」というファストパスのないアトラクションに乗ったのですが、45分待ちでおひとりさま、話し相手もいなくて退屈でした。

待っている間に見える風景も楽しめる工夫はあるのですが、暇つぶし用に本やゲームを持って行くのもお忘れなく。

シングルライダーを活用する

ディズニーでは、お一人様向けに「シングルライダー」という制度を設けています。

アトラクションの席が余ってしまった時に、1人で来たゲストがその席に優先して乗ることができるというもので、対象アトラクションのファストパスルートの入り口で「シングルライダー」を利用したいと伝えると、ファストパスルートまたはシングルライダー専用通路を通って待ち時間もほぼなく、おひとりさまならではの待ち時間でアトラクションを楽しむことができます。

シングルライダー対象アトラクション

  • 【東京ディズニーランド】スプラッシュ・マウンテン
  • 【東京ディズニーシー】インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮とレイジングスピリッツ

他のグループに混ざってアトラクションに乗ることになるので、楽しそうにしているグループと相席になって、より一層一人であるという事実を突きつけられてしまうことになるので正直お一人様初心者にはおすすめしません

相席になるグループと意気投合してそのあと一緒に回るなんてこともあったりするかも知れないので、コミュニケーション力に自信があれば声をかけてみるのもありかもしれません。

もちろん相手の方たちの都合が一番大事ですが。

シアター型のアトラクション

私個人的に一番おすすめなのがシアター型のアトラクションを楽しむことです。

ライド系アトラクションと違って、ひとつの大きな会場に一斉に大勢の人が入るので、ひとりでいても目立ちませんし、室内が暗くなるアトラクションが多いので周囲からの視線も気になりません。

グループでディズニーに行くと、なかなか行く機会が少ないシアタータイプのアトラクションだからこそ一人ディズニーの時に楽しんでおきたいです。

オススメのシアタータイプアトラクション

  • 【東京ディズニーランド】ミッキーのフィルハーマジック
    • カントリーベア・シアター
    • 魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”
    • スティッチ・エンカウンター
  • 【東京ディズニーシー】
    • マジックランプシアター
    • タートル・トーク

特に、スティッチ・エンカウンターやタートル・トークは毎回トーク内容が異なりますし、マジックランプシアターは偉大なマジシャン「シャバーン」のアドリブが毎回想像を超えて面白いので絶対に見に行ってもらいたいです!

ショーやパレードはどう楽しむ?

お気に入りのキャラクターがいたりすると、ショーやパレードをいい場所で見るために長い時間待つ必要があります。

でも、友達と一緒だとショー・パレードを何時間も待ってられないなんてこともありますよね。

一人だとそんな気兼ねせずに待とうと思えば何時間でも待ててしまいます。

長時間待つので携帯できる「折りたたみのいす」や、夏場であれば「日よけ(フードタオルがおすすめです)」、冬場は「防寒具」など準備をしっかりしていかないと、体調不良などで後悔することになりますよ。

おひとりさまだからこそ体調管理できるだけの準備は周りの目を気にすることなくできますから、ベストな装備で挑みましょう。

また、一人だと二人以上だと入れないような小さなスペースに案内してもらえることがあります。

ショー開始直前に行って前から3列目に案内されたりするのこともあるので、最前列じゃなくてもいいといった場合は待つことに時間を使わなくて済むようになります。

遠方からの一人ディズニー!ホテルはどこに泊まるの!?

遠方からの「おひとりさまディズニーランド」で一番困るのが、ホテルやツアーの予約です。

ディズニーのホテルランクに従って、わかることを書いてみます。

ディズニーホテル

ディズニーホテルには宿泊者だけの特典で、大きな2つのメリットがあります。

メリット1: ハッピー15エントリーが使える

宿泊翌日、ディズニーランド・シーで早く開くゲートがあるのですが、その専用ゲートから15分も早く入場できるんです

ショー・パレードのベストポジションの場所取りなど目的に、おひとりさまでもディズニーホテルに泊まる人もいるんですよ。

料金は1室あたりなので、全額自分持ちで高額になってしまいますが、私も何度か利用したことがあります。

メリット2:人気レストランの専用予約枠がある

ディズニーホテル宿泊者向けに、人気レストランの予約が別枠で確保されているんです。

シェフミッキー、ベッラヴィスタラウンジ(ショー時間)、リロのルアウ&ファンなど、一般枠では予約困難ですがディズニーホテル枠ですと比較的ラクに予約できますよ。

第4のディズニーホテル「セレブレーションウィッシュ・ディスカバー」は、部屋数も多く、リーズナブルな価格設定です。

オフィシャルホテル・パートナーホテル・グッドネイバーホテル

これら3ランクのホテルもディズニーホテルと同様、1室あたりの料金です。

ランド・シーでの宿泊特典で目立つものがないため、おひとりさまでの利用にはメリットがありません。

ビジネスホテル

ディズニーホテルに続いておひとりさまディズニーランドに向いているホテルは「ビジネスホテル」です。

電車や夜行バスで行く人は、JR京葉線沿いのホテルを探すと便利でしょう。

「アパホテル東京潮見(しおみ)駅前」「CVS・BAYH0TEL」(シーヴィーエス・ベイホテル・市川塩浜駅前)の2か所が最有力候補です。

CVSホテルの方に泊まったことがあるのですが、料金も1人分で安く、舞浜から2駅、改札を出てすぐのホテルなので、初めてでもすぐにわかりましたよ。

直前で空きがないときには「マイステイズ新浦安」などJR新浦安駅周辺のビジネスホテルか、メトロ東西線の「浦安駅」周辺に泊まって路線バスで舞浜駅まで移動する方法を試してみてください。

まとめ

行ったことがないからこそ不安がいっぱいのおひとりさまディズニーですが、一度行ってしまえばその自由な快適さに病みつきになること間違いなしです。

一人で行くディズニーは、今まで気づかなかったディズニーの楽しさに出会うチャンスかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA