【TDL】有効期限のないチケット取り扱い終了・・・原因を考察してみた!【TDS】

パスポート関連記事用

日々便利さが向上していく世の中ですが、それはディズニーリゾートにも言えることですよね。

コンビニで購入したチケットも、以前はそのチケットを入口前のエントランスで正式なチケットと交換しなくてはいけなかったものが、バーコードがついたことで購入→即入園OKになりましたよね。

また最近スタートした、スマートフォンにチケットを表示するシステムも始まり、ネットで決済したらスマホをかざして即入園できるという魅力あふれるサービスに多くのゲストが喜びました。

そんな中、今後有効期限のないチケットの販売が停止される旨が公式サイト上で告知されました。

参考 有効期限のないパークチケットについて東京ディズニーリゾート公式サイト

今回は、こちらのお知らせを中心に、今後の対策やしてはいけないことなど、様々な視点からチケットについて考えていきたいと思います。

お知らせの概要

<以下、公式サイトのお知らせを一部引用>

東京ディズニーリゾートでは、2001 年 7 月以前に販売していた有効期限設定のないパークチケット等の取り扱いを、お取り扱い数の減少に伴い、2023年5月31日(水)をもって、終了させて頂きます。

お手持ちのチケットがお取り扱い可能かどうかの確認方法については、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトをご確認ください。

といった内容のお知らせですが、残念なことに筆者はこの形式のチケットを見たことがなく、ネットで調べてもみましたがあまり有力な情報を得ることはできませんでした・・・。

ただし、1983年4月~2001年7月に販売されていたパスポート・入園券・ビッグ10パスで、かつ有効期限設定がないものが対象だそうです。

この期間に購入された記憶があり、まだチケットが手元に有るという方は、今一度確認されることをおすすめします。

なお、今回のこの告知にオープンチケットは含まれていませんのでご安心ください。

なぜ?取り扱いが終了になる理由を考察!

まだまだ日にちがあるとはいえ、突然の発表に驚く人も多くいるはずですよね。

日付の指定がないチケットはとても便利ですが、入場の際の不都合や管理の問題など、様々な面で問題が起きたこともありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA