ピノキオの冒険旅行の待ち時間は?どんなキャラクターに会えるの?

東京ディズニーランドのファンタジーランドにある4人のりアトラクション「ピノキオの冒険旅行」。

待ち時間も少なく、雨や暑い日、寒い日にもすぐ入れてしまうので時間が空いているときは行ってみるのもいいのではないでしょうか?

この記事では東京ディズニーランドのピノキオの冒険旅行やピノキオのキャラクターついて知っておきたいポイントをまとめちゃいます。

ピノキオの冒険旅行の概要

画像参照:東京ディズニーランド公式より

東京ディズニーランドのピノキオの冒険旅行は、世界中のディズニーランドでいちばん最初に正式にオープンしたピノキオをモチーフにしたアトラクションです。

小さなトロッコに乗ってピノキオの物語を追体験していくアトラクションなのですが、暗いところを進むうえに怖いというか不気味なシーンがほとんどなので小さいお子さんや感受性の高い人は苦手なアトラクションかもしれません。

大人でもちょっと怖いなと感じてしまうのですが、ジミニー・クリケットやピノキオに出てくるキャラクターを探してみると楽しく乗ることができますよ!

  • 場所 :ファンタジーランド
  • 形式 :ライドタイプ(屋内)
  • 所要時間 :約2分
  • 定員 :1台4名
  • 身長制限 :なし
  • 乗車中の撮影 :NG
  • ファストパス:なし

ピノキオの冒険旅行はトロッコに乗って楽しむアトラクションになっているのですが、実はピノキオの物語の途中から始まるので、乗る前にピノキオの物語がわかっていると、ここはあのシーンだから次はこうかな?という風な楽しみ方ができます。

一度ストーリーを見ておくと細かいところの作りこみが見られて、より楽しむことができるでしょう。

ピノキオ5分でディズニー総復習!「ピノキオ」のあらすじをネタバレ解説付きで紹介!

ピノキオの冒険旅行はどこにある?

画像参照:東京ディズニーランド公式より

ピノキオの冒険旅行はファンタジーランドにあり、プーさんのハニーハントやホーンテッドマンションの向かい側にあります。

アリスのティーパーティーの近くにあるので、その周辺を探してみると探しやすいです。

ピノキオの冒険旅行の待ち時間はどのくらい?

お盆や3連休など大混雑日、土日祝日のふつうの休日、平日の空いてる日ごとに「ピノキオの冒険旅行」待ち時間を調べてみました!

お盆や3連休など大混雑日・待ち時間

ディズニーランドが混雑している日でも、ピノキオの冒険旅行は20〜40分の待ち時間でのれます。

人気の3大マウンテンが200分待ちになるような日でも、ピノキオの冒険旅行はそれほど待たずにのれるタイプのアトラクションです。

土日祝日のふつうの休日・待ち時間

土日の人が多い日であっても10〜30分の待ち時間で乗れてしまいます。

同じファンタジーランドにあるピーターパン空の旅が45分くらいの待ち時間でもピノキオの冒険旅行の待ち時間はとても短いです。

家族で行ったときは、お父さんがピーターパンに並んでいる間にお母さんと子供でピノキオの冒険旅行に乗って、乗り終わってからお父さんと合流してピーターパン空の旅を楽しむというのも時間節約の手ですね。

平日の空いてる日・待ち時間

閑散期に至っては、なんと!5〜15分の待ち時間でのれます。

もはや待ち時間と言っていいのかわかりません。

キューラインで一度も止まらずに乗れるなんてことも!

こんなに空いている日は他の混雑アトラクション中心に乗るようにして、ピノキオは次回にしてもいいのかもしれません。

1日でアトラクションに乗れる回数を極めたいならピノキオの冒険旅行で挑戦してみると、記録更新できるかもしれませんね!

ピノキオの冒険旅行の注意事項

画像参照:東京ディズニーランド公式より

「ピノキオの冒険旅行」赤ちゃんには怖いですか!?

アトラクションの中は真っ暗な中を進み、ピノキオの冒険を体験するので、赤ちゃんにはかなり怖いと思います!

寝てるタイミングなら暗くてもわからないので怖くなく乗れるでしょう。

ただし、ピノキオの冒険旅行は「ひとりで座れることが条件」のアトラクションです。

寝ているお子さんは一度起きてもらって乗せることになります。

お子さん自身がひとり座りできて、暗い所でもOK!となったら、ピノキオのアトラクションにも乗れるようになりますよ。

「ピノキオの冒険旅行」落ちる所はありますか!?

ピノキオの冒険旅行は、ただ真っ直ぐレールどおりに進むだけなので、落ちる所は特にありません

スピードが出る乗り物や落ちたりするのが怖いお子さん、大人でも大丈夫です。

ただし先ほども書いたように「暗い」のが特徴です。

暗やみを怖がる年齢の子供にはキビシイかなと思います。

夜に自家用車に乗ってるときなど、お子さんに怖いかどうか聞いてみてください。

ディズニー公式HPにのってるアトラクション動画をみせて、怖そうかどうか聞いてみるのもひとつの方法です。

お子さん自身が「怖いかも」と言うようでしたら、避けておいた方がよさそうですね。

ピノキオの冒険旅行アトラクションの外でも見れるストーリー

ピノキオの冒険旅行はピノキオの物語を体験できるアトラクションですが、その物語はアトラクションの外から始まっているのです。

リンゴと本をもって、ジミニー・クリケットと一緒に学校に行くピノキオと、それを見つけてなにやら悪だくみをしているファウルフェローとギデオンの姿が……

ディズニーランドで会うことができるキャラクター

ディズニーランドではピノキオたちとグリーティング出来ることがあります。

会うことができるかどうかはその日の天気など運次第ですが、アトラクションは怖いけどピノキオは好きというお子さんでも楽しむことができるでしょう。

ピノキオはエントランスやワールドバザールに遊びに来てくれることが多いですよ

ピノキオ

ゼペットじいさんが作った木の人形「ピノキオ」。

ブルーフェアリーの魔法で命をふきこまれて動けるようになりますが、いつか人間になりたいと思っています。

正直でやさしい子でいると、本物の人間になれると言われて一生懸命奮闘しています。

ゼペットじいさん

おもちゃ屋の心優しいおじいさんです。

そんなゼペットじいさんをピノキオはお父さんと呼び、慕っています。

ゼペットじいさんもピノキオを本当の子供のように可愛がっているのでしょう。

グリーティングでもよく一緒にいるのを見かけます。

ジミニー・クリケット

口笛が上手ってなんでだろう?と思っていたのですが……ブルーフェアリーによって「善悪」をピノキオに教える、重要な役割をまかされたコオロギがこのジミニーなんです。

コオロギだから口笛が上手なんですね。

ストーリーテラーの役割もあるので、アトラクションのピノキオ冒険旅行でもいたるところに姿が見られますよ。

ブルーフェアリーに綺麗にしてもらった服装が決まっていますね!

J・ワシントン・ファウルフェロー

嘘なんてつかないさとか言いながら大ウソばっかりのキツネの詐欺師。

グリーティングでも子供にやさしく接して、どうやって連れて行ってしまおうか?と企んでいるのかもしれません。

ギデオン

キツネの詐欺師フェローの相棒である猫のギデオン。

ギデオンはアルコールに弱い体質で、酔っぱうとすぐしゃっくりが出ちゃうんですって。

グリーティングの時は時々酔っぱらっているのか千鳥足に見えるときがあります。

ブルーフェアリーって誰!?

ブルーフェアリーとは映画「ピノキオ」にでてくる青い妖精のことで、背中にチョウチョウのような半透明の大きな羽が生えています。

夜のパレード”エレクトリカルパレード・ドリームライツ”の先頭でやってくるのがブルーフェアリーです。

ピノキオがウソをつくと「鼻」がのびてしまうのはブルーフェアリーの魔法のせいなんですね。

「星に願いを」という歌がは、ブルーフェアリーがピノキオに「魔法」をかけて命をふきこむ歌なんですよ。

ただのあやつり人形だったピノキオに命をふきこんだので、ブルーフェアリーがいなかったらピノキオの物語は始まりませんね。

まとめ

ピノキオの冒険旅行は待ち時間が短く、何度でもサクサク乗れてしまうアトラクションです。

暗いのが怖い人にとっては事前にそれが分かっていないとトラウマになる可能性もありますから、事前に確認して乗るようにしましょう。

アトラクションが怖い場合はグリーティングでピノキオたちに会うこともできるので、そちらを楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA