【車・バス・電車】東京駅からディズニーランドへのアクセス方法

東京ディズニーランドへのアクセスに東京駅を利用される方も多いのではないでしょうか。

新幹線を始め、たくさんの路線が乗り入れている東京駅は人も多く、大変複雑していますよね。

ディズニーランドに行く前に迷子になってしまって、思わぬ気力と体力を消耗してしまって楽しめなかったということにならないよう、自分の行きやすい方法で向かいたいものです。

そんな東京駅周辺からディズニーランドへのアクセス方法をご紹介したいと思います。

【車編】東京駅からディズニーランドへのアクセス

小さいお子様がいらっしゃたり、大きな荷物を持っていらっしゃる方は東京駅からタクシーなどを利用して、ディズニーランドへ向かいたいということもあるかと思います。

東京駅から車でディズニーランドへ向かう場合のルートの一例をご紹介します。

  • 所要時間:約25分
  • 距離:約17km
  • タクシー片道利用:6,670 円 (高速料金1,300円を含む)
ルート例

宝島ランプ〜都心環状線

江戸橋JCT〜高速6号向島線

箱崎JCT〜高速9号深川線

辰巳JCT〜高速湾岸線→葛西JCT

葛西ランプまたは浦安ランプ

※葛西ランプ・浦安ランプともにディズニーランドの最寄りランプとして取り上げられています。

それでは葛西ランプと浦安ランプの違いはどこにあるのでしょう。

ディズニーランドまでの単純な距離と早さで選ぶなら葛西ランプ、ディズニーランドまでの混雑を少しでも回避したいなら浦安ランプを選択するというように使い分けができるようです。

ディズニーリゾート公式ホームページでは浦安ランプで高速を降りることを勧めています。しかし、地図上では葛西ランプで降りた方が数キロメートル近いようです。

画像参照:東京ディズニーリゾート公式サイトより

カーナビなどを頼りに東京駅からディズニーランドを目指すと最短距離の葛西ランプで降りるように案内されてしまうので、葛西ランプのほうが混雑しやすいことも事実です。

交通量の多い時間帯や予め混雑が予想される場合には葛西ランプではなく、1つ先の浦安ランプから向かった方が早くたどり着けることもあるようです。

高速を降りた後は葛西ランプ・浦安ランプともに目印になる看板が出ているので迷うことはないと思います。どちらで降りた場合も約15分ほどでディズニーランドへ到着します。

高速道路を使うであろう平日朝の時間帯・夕方〜夜の時間帯ともに都内では通勤における渋滞が発生しやすく、

休日はディズニーランドを訪れる方や葛西臨海公園、東京ビックサイトなどへ行かれる方で湾岸線が渋滞しやすい状況ですので、お時間には十分余裕を持って移動されることをおすすめします。

【電車編】東京駅からディズニーランドへのアクセス

所要時間:約30分(東京駅内移動時間 約15分、乗車時間 約15分)

片道料金:220円

東京駅からディズニーランドへのアクセスで電車を使う方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

しかし、利用する京葉線は東京駅の端にあり、ホームにたどり着くまで大変複雑です。

こちらは東京駅の構内図なのですが、ごちゃごちゃしすぎていてさっぱりわかりませんよね(笑)

画像参照:JR東日本サイトより

まずお伝えしておきたいことは、京葉線への連結通路(ベイロード)は丸の内南口改札・八重洲南口改札寄りにあります。

つまり、京葉線への案内表示が見当たらない等、方向がわからなくなってしまった場合には東京駅の「南口」側へ向かいましょう。

そして、ワインレッド色がトレードマークの京葉線の案内表示を探してください。

新幹線の改札付近はキャリーカートなどを持っているお客さんが多く、特にごちゃごちゃしていて方向を見失いやすくなっているのでその周辺は慎重に進みましょう。

案内表示に従って進むと、「京葉ストリート」と呼ばれる通りが見えてきます。

この京葉ストリートにはパン屋さん・お弁当屋さん・スイーツ等のテイクアウト専門店が並んでいます。

もちろんJRのコンビニのNEW DAYSもありますので、いざという時にとっても便利です。

ここまで来てしまえば、あとは人の流れに身を任せて直進するだけ!なのですが、ここからの道のりが長い長い……

長いエスカレーターを下り動く歩道を3本通り、またエスカレーターを下っていきます。

エスカレーターを下り終わって左手に薬局が見えましたらゴールは近いです。

所要時間として早歩きでも10分以上は覚悟しておいた方がいいかと思います。

いよいよホームに近付き一安心かと思いますが、ここでも最後の注意が必要です。

本数は少ないですが、ディズニーリゾートのある舞浜駅に停まらない電車があります。

「特急さざなみ」「わかしお」「京葉線 通勤快速」は舞浜駅には停まりません

この3種類以外は快速電車も舞浜駅には停車しますので安心してご乗車ください。

舞浜駅の改札口を出たら、舞浜駅を背に右手側に直進してください。

ディズニーランド・ディズニーシーどちらのお土産も買うことが出来る「ボン・ヴォヤージュ」が左側に見えてくる頃にはディズニーランドホテルやディズニーランドも目の前に見えてきますね。

駅から東京ディズニーランドまでは下り坂が多いので、思わず早足になってしまいますよね。

舞浜駅からディズニーランドまでの所要時間は徒歩5分ほどです。

【バス編】東京駅からディズニーランドへのアクセス

所要時間:約35分

片道料金:720円

東京駅からのバスは8時~10時の間しか運行していません

しかも、平日は1時間に2本、土日祝日に至っては1時間に1本しかないという、東京のバスとは思えないくらいの本数の少なさです。

バス停にも早めについておくことで確実に座れる可能性も高くなるので、ぎりぎりの行動はできるだけないよう工夫の上利用することをおすすめします。

平日
8時20分 50分
9時20分 50分
10時10分
土日祝日
8時20分
9時20分
10時10分

東京駅まで来たけれど、京葉線までの長くて複雑な道を歩きたくない時間は少しかかってもディズニーランドまで体力を温存したいという方には断然バスでのアクセスがおすすめです。

私も時間に余裕がある時は電車よりもバスを使っています。

乗車口は「東京駅八重洲南口JR高速バスターミナル5番乗り場」になります。八重洲中央口から駅舎の外に出て、

横断歩道を直進すると右側にヤンマー、左側に”ホテルハイマート”の看板がある八重洲通りがあります。

八重洲通りの左側の歩道をそのまま直進するとすぐ右手に乗り場が見えます。

駅舎を出てすぐにある高速バスターミナルとは場所が違いますので注意が必要です。

運賃は片道720円、所要時間は渋滞が発生していない場合で約30〜40分です。本数があまり多くないので、事前に時刻表の確認は必須です。

近くまで来たら駅員さんに聞くのが間違いがありませんが、グーグルマップなどで5番のりばの写真を確認しておくと迷うことなくたどり着けるでしょう。

まとめ

ディズニーを楽しむためにはそこまでの移動で体力をどれだけ温存できるかが重要なポイントになってきます。

疲れが残ってしまったのでは、アトラクションやレストランなどを行ったり来たりするだけで結構つかれちゃいますから、行きと帰りはできる限り楽に移動できる方法を選択したいですね。

東京駅を利用する場合、沢山の路線が通っている電車を利用するのは普段電車をあまり利用しない人にとってはかなり神経を使います。

中央線だったり、総武線に乗ってしまうと乗り換えが必要になったりとタイムロスしてしまうこともあるので、個人的にはバスをお勧めしたいです。

電車なら10分おきくらいに走っていますが、バスを利用する場合は事前に時間を調べて利用するようにするとスムーズにディズニーへ行くことができるのではないでしょうか?

交通機関をしっかり調べておくことで当日の貴重な時間を無駄にせず、少しでも多くの時間を楽しみに使うことができることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA