【キャッスルカルーセル】待ち時間・赤ちゃん・ポップコーン【ディズニーランド・トリビア】

メリーゴーラウンドと言えば、家族連れにカップル、友達となど、誰もが楽しく乗ることができるアトラクションです。

ディズニーランドにあるメリーゴーラウンド(回転木馬)は『キャッスルカルーセル』という名前がついています。

「キャッスルはお城のことだってわかるけど、カルーセルって何?」って思う人もいるかもしれません。

実は、カルーセルとはフランス語で「回転木馬」のことなんですね。

このキャッスルカルーセルはディズニーならではのこだわりが詰まった回転木馬なんです。

今回はキャッスルカルーセルをよりより楽しむための情報をまとめちゃいます。

キャッスルカルーセルの概要

キャッスルカルーセルは約2分ごとに90人が楽しむことのできる回転率の速い、遊園地のド定番アトラクションです。

ディズニーシー開園の際に「シンデレラのゴールデンカルーセル」から「キャッスルカルーセル」に名称が変更されるという歴史があります。

名称は変わりましたが、内容は変わらず小さな子供でも気軽に乗馬を楽しむことのできるキャッスルカルーセルは、ディズニーランドでも長く人気の乗り物。

実は、海外にあるディズニーにもカルーセルはありますが、シンデレラをテーマにしたものは香港と東京ディズニーランドだけなんですよ。

シンデレラをテーマとしたカルーセルだからこそ、みんなプリンスやプリンセスになったような気分になれる!

それこそが、今も多くのゲストに親しまれている秘密なのではないでしょうか?

  • 場所 :アメリカンウォーターフロント
  • 形式 :ライドタイプ
  • 所要時間 :約2分
  • 定員 :90名
  • 車いす :NG
  • 撮影 :OK
  • ファストパス:なし
  • 補助なしで座れることが必要

キャッスルカルーセルはどこにある?

画像参照:東京ディズニーランド公式サイトより

キャッスルカルーセルは、おとぎ話の世界を再現したテーマランド”ファンタジーランド”にあります。

シンデレラ城の真裏にあるのでディズニーランドの入口からだと少し遠く感じるかもしれませんね。

キャッスルカルーセルの待ち時間はどのくらい?

お盆など超混雑日・土日祝日の混雑日、平日の空いている日ごとに、キャッスルカルーセルの待ち時間をまとめてみます。

お盆・3連休など超混雑日の待ち時間は30〜40分程度です。

プーさんのハニーハントが2時間半、ピーターパン空の旅の1時間半待ちに比べたら、30分ちょっと、どんなに長くても1時間待たずに乗れるのは助かりますね。

午前はもっと混むアトラクションにのって、午後にパークが混んできたらキャッスルカルーセルにのると効率いいです。

ふつうの土日祝日の待ち時間は15〜30分です。

一度に90人のれて、約2分でおわることから、回転の早いアトラクションといえます。

スタンバイ列がたくさん並んでいるように見えても待ち時間の表示は、それほど長くならないのではと思います。

平日・空いている日は5〜15分待ちであることが多いです。

平日のキャッスルカルーセルは、雨やイベント、パークの混雑など、いろんな影響で混んだり空いたりします。

ガラガラで貸切状態のことが多いのですが、、たまたま自分の乗る待ち時間だけ混雑、30分待ちということもあるようです。

だいたい10分も待てばのれるのが、平日のキャッスルカルーセルです。

「長時間待ちたくないな」と思ったときに、スッとならぶタイプのアトラクションですね。

次は赤ちゃんがいるママ・パパがキャッスルカルーセルに行きたい場合、どうしたらいいのかまとめてみます

【キャッスルカルーセル】赤ちゃんはどうしたらいいの?【ディズニーランド・トリビア】

外側にある木馬は少し大きめな作りになっていて「子供」と「大人」がペアで乗れるようになっています。

ちなみに大人の二人乗りは絶対にダメです。

一人で座れるけれど、ちょっと怖い……という子供むけの木馬なのでルールを守って利用しましょう。

ちっちゃな子も落ちて、危なくないようにきちんと固定をして乗るのが前提です。

キャッスルカルーセルのトリビア情報は?

キャッスルカルーセルは全部で90体の木馬があります。

他の遊園地だと馬以外もいたりするのですが、ディズニーのプリンス・プリンセスと言えばやっぱり白馬ですよね。

ディズニーに来たらやはり白馬に乗りたい!という男の子、女の子は多いのではないでしょうか?

ディズニーランドの木馬は、その思いにこたえてくれています。

そう、すべて「白馬」になっているのです。

しかも、ひとつとして同じ木馬がないんですよ!

なぜすべて白馬なのかというと、ウォルト・ディズニーが自分の娘たちがいつも白馬に乗りたがることがきっかけなんです。

子供たちが白馬に乗るために喧嘩にならないようにと考え、全部白馬のカルーセルが誕生したのです。

ゲストの喜びを第一に考えていたウォルトのこだわりを感じますね。

よく見るとそれぞれに個性のある白馬の中でもお気に入りの白馬に名前を付けてみると、よりカルーセルが好きになるかもしれません。

次はキャッスルカルーセルの近くにあるポップコーン売り場は、何味のポップコーンなのか調べてみました。

キャッスルカルーセル横のポップコーン売り場は何味?

ファンタジーランドにあるキャッスルカルーセル隣にあるポップコーン売り場の味は「キャラメル味」です。(2019年1月現在)

ディズニーのポップコーンと言えばかわいいデザインのポップコーン・バケットも一緒に買わなきゃ!という方も多いですよね。

キャッスルカルーセル横のポップコーンワゴンは、キャッスルカルーセルがシンデレラモチーフのアトラクションだからシンデレラのかぼちゃの馬車のバケットが売っている!

と思いきや、キャッスルカルーセル横のポップコーンバケットはまさかのダンボ!(2019年1月現在)

かぼちゃの馬車のバケットはプーさんのハニーハント前で販売しているので間違えないように注意しましょうね。

キャッスルカルーセルでのキャラクターグリーティング

閑散期の日中にキャッスルカルーセルを楽しんでいると、飛び入りでプリンスやプリンセスが登場し、一緒にカルーセルを楽しむなんてこともあります。

混雑していない日に限られるのですが、これを知っていると混雑していない日の昼間にディズニーランドに来たらフラフラとキャッスルカルーセルに乗りたくなる人は少なくないでしょう。

このキャッスルカルーセル、ピノキオやピーターパンたちが乗っていることもあるようなのです。

私が遭遇したのは美女と野獣のベルとガストン!

白馬から降りようとするベルにガストンが歩み寄り……なんと、軽々と抱きかかえてしまいました。

なんとなく、ベルが嫌そうにしているように見えるのは気のせいでしょうか……。

キャッスルカルーセルの近辺では、マッドハッターなどエントランスではなかなか会うことができないレアなキャラクターに出会えることも。

キャッスルカルーセルを楽しんだ後は周りも気にしてみるといいかもしれません。

まとめ

キャッスルカルーセルはファストパスはありませんが、比較的混雑している日でも待ち時間もなく気軽に乗れてしまう回転率のいいアトラクションです。

夜はライトアップでロマンチックな雰囲気満載のカルーセルはデートの締めくくりにもピッタリ!

もちろん、日中なら思いがけない飛び入りもあるかもしれないので見逃せないです。

ちょっとした隙間時間も十分楽しめてしまうので、お気に入りの白馬に身をゆだねてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA