【TDL】明日から使える!ウエスタンリバー鉄道のちょっとした豆知識を紹介!

ディズニーランドのウエスタンリバー鉄道に乗ったことはありますか?

普段は見られない蒸気機関車に乗り込み、ゆったりとした鉄道の旅を楽しむことのできるアトラクションです。

筆者は、乗っている最中に流れる穏やかな声の案内がクセになり、毎回ランドへ行く際は必ず乗るようにしています(´∀`)。

普段は、疲れたお父さんやお休み目的で訪れている方をよく見かけますが、電車から見る景色は格別です!

ゲストと触れ合ったり、大自然の中で歴史を学んだり、お楽しみポイントは盛りだくさんです!

そんな冒険心くすぐるウエスタンリバー鉄道の魅力を、余す所なくたっぷりご紹介します!

アトラクションの場所

画像参照:東京ディズニーランド「ウエスタンリバー鉄道」より

アトラクションの乗り場は、「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”」から奥に向かって歩いた所にある大きな待ち場所が目印です。

乗り場の入口は「ジャングルクルーズ」とほぼ共通で、そこから左側に進めばウエスタンリバー鉄道に進みます。

必然的にジャングルクルーズの待ち列の方が長くなってしまうため、間違えるとそのままジャングルクルーズに乗る事になる場合もあります

近くのキャストさんに聞いて、待ち列が正しいかをしっかり確認しましょう。

ポイント1:あの有名声優さんのアナウンスで周る鉄道の旅!

画像参照:Instargramより

ウエスタンリバー鉄道は、中から眺める景色が綺麗という点も素敵ですが、各所に細かな説明をしてくれるアナウンスも忘れてはいけません。

この鉄道で様々な時代を旅しますが、アナウンスではどこの時代か(序盤はどのテーマランドか)、窓から見える景色でどんな出来事が起きたかなど、ちょっとした豆知識を教えてくれます。

この説明、なぜか聞いても飽きが来ないのは、やはりゆったりとした口調説明張らない気さくな言葉選びが効いているのかもしれないですね。

さて、このアナウンスをしている方の声、どこかで聞いたことあるなぁとお感じになったことはありませんか?

実はこのアナウンスを担当されたのは、青野武(あおのたけし)さんという声優さんだったんです。

この方は、ちびまる子ちゃんのおじいちゃん役(2代目)、シュレック2以降のハロルド国王、ゲゲゲの鬼太郎のぬらりひょん(5代目)など、有名なアニメの声でよく知られています。

青野さんは2012年にお亡くなりになっていますが、今でもこの声はアトラクション内で健在です。

乗るときは、是非このゆったりしたアナウンスもしっかり聞いてみてください。

ポイント2:それぞれに名前がついている、川の名前が由来の4つの車両

画像参照:東京ディズニーランド「ウエスタンリバー鉄道」より

アトラクションとして使用されている鉄道は、144人を1車両として乗せ、同じ車両の鉄道4本を用いてローテーションを組み走行しています。

この4つの車両、それぞれには「アメリカの有名な川」を由来とした名前がついているのをご存知ですか?

よく見ると車体番号が書いてあったり、アナウンスでも各車体の紹介をしてくれるのですが、乗るときにはやっぱり見逃しがちですよね。

ここでは、各車体の画像とともに、名前の由来を紹介していきます。

明日から使えるちょっとした豆知識なので、是非覚えて友達に自慢しちゃいましょう(´∀`*)。

コロラド号

画像参照:Twitterより

  • 車体は赤色
  • 車体番号は53番
  • アメリカ合衆国南西部とメキシコ北部を流れるコロラド川が由来
  • 炭水車の側面に大きい数字が描かれているのが特徴

ミズーリ号

画像参照:Twitterより

  • 車体は緑色、一部分に赤色が使用されている
  • 車体番号は28番
  • アメリカ合衆国中部を流れるミズーリ川が由来
  • 滝の絵が書かれたヘッドライトが特徴

リオ・グランデ号

画像参照:Twitterより

  • 車体はオレンジ色、一部分に赤色が使用されている
  • 車体番号は25番
  • アメリカ合衆国のコロラド州からメキシコ湾へ流れ出るリオ・グランデ川が由来
  • 北アメリカ生息のクマ・グリズリーベアが書かれたヘッドライトが特徴

ミシシッピ号

画像参照:Twitterより

  • 車体は青色、一部分に赤色が使用されている
  • 車体番号は20番
  • 北アメリカ大陸を流れるミシシッピ川が由来
  • バッファローが書かれたヘッドライトが特徴
  • 他の3車両より運転開始が遅く、そのため他車両とデザインが少し異なる

並んでしまうと、自分はこの車輌に乗ってみたい!という狙い乗車は難しいかもしれませんが、来た車両を上手く撮影できればいい思い出になりますよね。

外観の違いをよく注視していれば、その魅力にもきっと気付くはずです(´∀`*)。

ポイント3:3つのエリアをぐるりと一周!時間旅行を兼ねた冒険の世界へ!

画像参照:東京ディズニーランド「ウエスタンリバー鉄道」より

声優、車両を紹介したら、やっぱりアトラクションの中身を紹介しないわけにはいきませんね!

このアトラクションでは、クリッターカントリーの乗り場からアドベンチャーランドウエスタンランドを一周していき、各所のスポットや自然を紹介してくれます。

道中不思議な光景を目にする機会がありますが、これは時間旅行の真っ最中。

燃える山小屋、色んな所にいる鹿、草陰に潜む猛獣、ネイティブ・アメリカンの家族。

どれもよく作りこまれていて、まさにその場に生活しているんじゃないかと錯覚させられてしまいます。

もちろん、普通に生息している動物も歩いていますよ!

カモや名称不明の小鳥ちゃんたち(名前あったらゴメンナサイ)がたまに鉄道の中に入ってきて人間との交流を深めています・・・多分ポップコーン目当てだと思いますが(;^ω^)。

小さい子には要注意?最後に訪れる「暗闇の恐竜洞窟」

そんな見どころたくさんのウエスタンリバー鉄道ですが、一番のイベントはやっぱり最後の恐竜が現れるトンネルです!

鉄道の旅路も大詰めを迎えたころに、車内のランプがスウッと消え、前方には真っ暗なトンネルが・・・あ、ホラーじゃないですよ(^_^;)。

恐る恐るトンネルへ入ると・・・なんとそこには、生き生きとした恐竜たちが!

真っ暗なトンネルの中は恐竜時代の世界、人が生息する前、そして地球がビッグバンに苛まれるちょっと前の世界なんです。

トンネルの中は真っ暗なので、小さい子供たちにとっては恐ろしい時間に感じる場所かもしれませんね・・・。

ウエスタンリバー鉄道の座席は、出発前なら基本的に自由に座ることができますので、恐竜が現れる進行方向向かって右手から遠ざけて座らせてあげたほうがいいかもしれません!

豆知識タイム:実は送迎用の予定だった?!ウエスタンリバー鉄道生誕までの苦悩

画像参照:Twitterより

そういえば、道中とても作りこまれた駅を1つ通り過ぎますよね。

この駅なんですが、実はもともとTDSにある「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」のように駅と駅を走行する送迎車の役割を果たす予定だったんです。

実際そうなっていれば、私たちのTDLを巡る足取りが楽になって、より1日を楽しめそうですよね!

とはいえ、開園当時の鉄道に関する法律がそうさせてくれませんでした・・・。

1983年時点での鉄道に関する法律では、2点の駅を走行する場合、ダイヤグラムだけでなく運賃の設定をする必要があったのです

そうなってしまうと、移動のたびに何度も運賃を取られてしまう悪循環になりかねず、当時のOLCの方が2点走行をやめたそうなんです・・・。

ちなみに、「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」の場合、法改正が行われた後であったこともあり、私有地内での2点走行は運賃をかけずに行えるようになっていました・・・タイミングが悪すぎる(´;ω;`)。

今後、アトラクションのリニューアルを通して2点走行が実現するといいですね・・・。

 豆知識タイム:鉄道にディズニーの主役・ミッキーが乗ってくる!?

画像参照:東京ディズニーリゾート公式ブログより

もうひとつのお楽しみは、ウエスタンリバー鉄道に突如現れる我らが主役・ミッキーが乗り込んでくることです!

本来このアトラクションはミッキーやその他キャラクターとはゆかりのないものなので、一緒に乗れた人はまさに幸運に恵まれてるとしか言いようがないんです・・・。

このサプライズが始まったのは2016年の夏頃からで、場所は決まっていて先頭車両に乗り込んできます

ミッキーがいつ来るかなどは一切わからないので、一緒に鉄道の旅を楽しみたい方は、常に先頭車両を選ぶよう心がけてください。

タイミングと運は隣り合わせ・・・会えたらラッキー、一緒の車両に乗れたらとってもレアです!

なお、ウエスタンリバー鉄道にミッキーが来ても、特別なことがおこることはなくいつも通りのアナウンスで進行していきます。

いつもとちょっと違った空間が楽しめる・・・そんな気持ちで幸せなひとときを味わってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA