アナ雪・雪だるま【オラフ】声優はどの人!?セリフ・名言まとめ♪

ディズニー映画「アナと雪の女王」に出てくる雪だるまオラフ

この雪だるまは、姉のエルサと妹のアナが「雪だるまつくろう」で一緒に雪だるまを作った頃の思い出が再現された、映画のカギを握る大切な登場人物なんです。

目や口がついてるのはもちろん、鼻のニンジンがチャームポイントで、氷の国アレンデールと正反対なくらい温かい心を持った雪だるまです。

「アナ雪」の中でオラフはたくさんの人の心を暖めてきました。

映画の声優を演じたのはどんな素敵な方なのか、そしてオラフの名言、セリフまとめについて、この記事で紹介したいと思います。

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

アナ雪・雪だるま【オラフ】声優はどの人!?

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

アナ雪の映画で「オラフ」の声を担当しているのは、ピエール瀧さんという人です^^!

ピエール瀧さんは背が高くておおらかそう、バンドで歌を歌ったりいろいろな役を演じているとてもマルチなタレントさんなんです^^。

電気グルーヴ」というテクノ系、電子系のバンドを長年結成していて、そちらでのライブもとっても盛り上がっているて、お客さんもみんな楽しそうでした^^。

私はテレビや歌謡曲を聞かないので、ピエール瀧さんのことは「アナ雪」のオラフ役でしか知らない・・・と思っていたんですが。

NHKドラマ「あまちゃん」でお寿司握る役をやってらしたんですね。今はじめて知りました!

「ピエール瀧さん知らない〜」という人は、どんな番組に出てきたかあとで調べてみてください。

きっと1つくらい知ってる役で出ていると思いますよ^^。

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

ピエール瀧さんは「アナ雪」オラフの声で、声優の仕事を初めて経験しました。

オラフの性格ピエール瀧さんの豊かな人生経験が、すごくマッチしたんだと思いました!

英語版の「アナ雪」では、ジョシュ・ギャットさんというフロリダの俳優さんがオラフの声を担当しました。

私は映画館では日本語吹き替え版しか見れていなくて、家にあるCDでしかジョシュ・ギャットさんの声を知らないです。

英語版の歌もピエール瀧さんと同じように、表情豊かで優しさや深みがある声ですよね。

オラフが夏に憧れる歌「In Summer」は英語がとても難しくて、途中の「ウバババブー」最後の「イン・サマー」しか聞き取れないです。

でも英語のオラフの発音の雰囲気などは、意味がよくわからなくても気持ちが伝わって味わうことができますよね^^。

アナ雪・雪だるま【オラフ】セリフ・名言まとめ〜part1〜

画像引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/

オラフは優れた名言を「アナ雪」で残しています。

見た目の愛らしさとともに、オラフの内面が「アナ雪」ファンに愛されています。

癒し系のオラフが「アナ雪」で残した名言・セリフをいくつかご紹介します。

やあみんな、僕はオラフ

ぎゅーって抱きしめて

アナとクリストフの前に、とつぜん現れた雪だるま「オラフ」。

「僕はオラフ」と、2人に自己紹介をします。

初対面のはずなのに「ぎゅーって抱きしめて」なんて本当に人見知りしない性格なんですね^^。

オラフの体も心も100%全部「愛情」という言葉でつくられてるんじゃないかと思いました。

映画をみていて、このオラフのセリフに思わず「きゅん❤︎」とした人も多いのではないでしょうか^^。

ちなみに英語版のセリフを訳すと「あったかいハグが好き」の意味なんです。

わかりやすくて名言ですよね♪

画像引用元:http://ameblo.jp/

アナのためなら
溶けてもいいよ

身も心も凍りきってしまい、今にも息絶えそうなアナに向かってオラフが言うセリフ。

このセリフを言いながら、オラフの顔の一部が溶けてしまうんです。

ああっオラフが溶けちゃう」て焦りますよね^^;

オラフはアナのために、暖炉に火を起こしたんです。

オラフは夏が大好きで、暖かいものもきっと好きなんですよね。

アナを暖めるための火なのに、オラフが溶けちゃうなんて悲しすぎます><

オラフの「溶けてもいい」はほんの一瞬のセリフですが、涙なしには語れません(泣)

アナ雪・雪だるま【オラフ】セリフ・名言まとめ〜part2〜

オラフのセリフ、名言を続けたいと思います。

愛っていうのは
自分より人のことを
大切に思うことだよ

アナがハンスに裏切られ「愛が何なのかわからない」とつぶやいた後に、オラフが即答したセリフです。

自分より人のことを大切に思うこと

画像引用元:http://www.02320.net/

アナはこの言葉を聞いて、自分の「愛」は間違っていなかったのだと少し安心したのではないかと思いました。

そのあと雪だるまのオラフが溶けそうになってしまうんです。

画像引用元:http://www.disney.co.jp/

最後はオラフの歌「あこがれの夏」の歌詞の一部からです。

辛いときには
夏の午後に
何をして過ごすか
夢みよう

夏を体験したことのないオラフが「あこがれの夏」を夢みて歌います。

タンポポの綿毛の舞う場面から始まって、オラフはビーチで日光浴しながら歌っています。

夢の中では、南風が吹いてもお風呂に浸かっても、溶けることもないですよね^^

東京ディズニーリゾートは「夢がかなう場所」と言われています。

「アナ雪」ではオラフが夢みることの大切さを教えてくれています。

そしてオラフの存在はエルサが幼いころにアナと作った雪だるま最終的な愛の結晶です。

DVDや録画した地上波放送で見返せる人は、2人の姉妹が仲良く雪だるまを作れていた場面や、エルサが魔法で雪だるまを作るシーンを探して、ぜひ見てみてください。

レットイットゴーの歌の中で、エルサが手袋をはずして、ありのままの自分になった場面の中です。

オラフの後ろ姿を見ると、エルサとアナが「オラフ」の存在を通して、ずっとつながっているように見えてきて、アナ雪のアナ・エルサ・オラフ・3人の絆をいっそう強く感じることができますよ。

オラフの「真実の愛」のおかげで、エルサとアナも「本物の愛情」を確かめ合うことができました。

オラフが誰からも愛され、頼りにされるキャラクターなのも納得ですよね^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA