【ディズニーシー・カスバ・フードコート】カレーおすすめメニュー・場所・甘口はあるの?

ディズニーシーで気軽にカレーが食べれるレストランといえば「カスバ・フードコート」。

ディズニーシーのガイドブックを見て「行きたいな…」とチェックしてる人もいるのではないでしょうか。

座席が850席もあるため、パークが混んでる日でも入りやすいので、使い勝手がいいレストランなんです。

この記事ではカスバ・フードコートのカレーおすすめメニュー、レストランの場所の他、子供向けの「甘口」カレーやアレルギーなど普通のカレーは心配という人向けのメニューがあるのか?などもあわせて紹介していきます。

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

カスバ・フードコートの概要

カスバ・フードコートは日本の国民食ともいえるカレーをディズニーシーで唯一食べられるレストランです。

ディズニーランドにも”ハングリーベア・レストラン”というカレーが食べられるお店がありますが、カスバ・フードコートはご飯だけでなくナンもついています

インドカレーが食べられるお店などで食べられるナンよりも小ぶりなのですが、しっかりお腹にたまって食べごたえのあるナンご飯の両方が付いてくるんです。

インドカレーのお店だとナンかライスを選択して注文するお店も多いのですが、両方ついてくるので初めてナンを食べる人も安心して挑戦できますね。

  • ジャンル:ライスとナンが付くカリー
  • 場所:アラビアンコースト
  • サービスタイプ:カウンターサービス
  • 予算:~1,000円
  • 席数数:約850席
  • プライオリティ・シーティング:なし
  • 低アレルゲンメニュー:あり

【カスバ・フードコート】場所はどこにあるの?【ディズニーシー】

カレーが食べれるレストラン「カスバ・フードコート」は、エリアでいうと「アラビアンコースト」にあります!

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

キャラバンカルーセルという回転木馬や、マジックランプシアターというランプの魔人ジーニーが出てくるショーの見れるエリアです。

アラビアンコーストでは唯一のゆっくり座れるレストランで、他にはチュロスやソフトクリームなどデザートや軽食のお店しかないんです。

まるでアラジンの世界に紛れ込んだような店内の装飾やお店の周りの路地裏を歩いているだけで楽しい気分になってしまいます。

アラビアンコーストでお腹すいたなと思ったら、カスバ・フードコートでカレーを食べましょう。

カスバ・フードコートの待ち時間

カスバ・フードコートはディズニーシーで一番座席数が多いレストランです。

純粋な座席数だけでいうと、ケープコッド・クックオフの約910席が一番多いように思えるのですが、こちらはショーを見る席と見ない席に分かれているので実質一番多いのはカスバ・フードコートなんです。

そんな座席数の多いレストランなので待ち時間は短めになっています。

混雑している土日でも30~40分もあれば商品を購入することができます

購入さえできてしまえば席数が多いこともあり、空いている席を見つけることができるかと思います。

【カスバ・フードコート】おすすめメニュー、ベスト3は?【ディズニーシー】

カスバ・フードコートはカレーの専門店で、スポンサーはハウス食品です。

ディズニーランドのハングリーベアレストランと同じ企業がスポンサーですが、それぞれのお店で味の傾向がちがいます。

ハングリーベアレストランのカレーは子供から大人まで可能な限り万人好みの家庭的な味のカレーで、カスバ・フードコートのカレーは日本人に好まれる味でありながら、スパイスの効いた異国情緒を出した個性や主張のあるカレーに仕上がってると思います。

それでは、ディズニーシーのカレー専門店「カスバ・フードコート」のおすすめメニュートップ3を紹介します。

おすすめメニュー1位

コンビカリー、タンドーリチキン添え(中辛ビーフ&甘口シュリンプ) 1,280円

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

カスバ・フードコートにはたくさんのカレーがありますが、具材も辛さも違うカレーが一度に楽しめるのはこのカレーだけです。

肉もシーフードもというよくばりな私も迷う時はこれを頼みます。

量が多いかもしれないと思うんですが、食べ始めると食べきれてしまうのがカレーのすごいところですよね。

タンドリーチキンは食欲の進む味付けで癖になります。

食べきれるほど良い量なのも選びたくなってしまう理由の一つです。

2018年9月3日(月)~2018年10月31日(水)の間は販売していませんが、ハロウィン限定のメニューを販売しています。

こちらは基本はバターチキンカレーなのですが、食べ進んでいくとアッと驚くような仕掛けがされています。

この時期は、”マジックランプシアター”に登場するシャバーンとアシームたちが目の前でマジックを見せてくれるショーも開催されているので、マジックを見ながら食べたい一品です。

おすすめメニュー2位

ビーフカリー(中辛) 1,080円

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

日本人ならやはりビーフカレーも外せません。

お家で作るのはちょっと大変なビーフカレーだからこういうところで食べると格別です。

ホロホロのお肉とカレーが絡むと、必然的に食欲も上がりますよね。

こちらにもナンが付いているので普段と違う食べ方ができるのもカスバならではの楽しみ方でしょう。

おすすめメニュー3位

ココナッツプリン 360円

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

3位は食事でなくデザートのプリンを紹介します。

ディズニーシーでは何か所かの店でプリンが食べれるのですが、その中でもカスバフードコートのココナッツプリンはイチ押しです!

カスバ・フードコートのプリンの特徴は

  • ココナッツ風味がカレーに合う!
  • しっかり固め、食べごたえのあるタイプ
  • 高さと丸さのバランスが可愛い♪

よそで食事を終えたときでも、ココナッツプリンだけ食べに、カスバ・フードコートに寄るのもオススメですよ。

カスバ・フードコートのココナッツプリンはプリンだけで食べにいくだけの価値があるので、小腹が空いたときに足を運ぶのもアリだと思います。

カスバ・フードコートのカレーに、子供でも食べれるような「甘口」カレーはあるのでしょうか!?

【カスバ・フードコート】甘口カレーはあるの?【ディズニーシー】

親子でディズニーという時、まだ辛口のカレーだとおいしく食べられない年齢の子供の場合はやっぱり「甘口」があるかどうか?は心配ですよね?

心配ありません!カレー専門店「カスバ・フードコート」に、甘口カレーも置いてあります!

ただ、注意したいのが、全てのカレーのメニューに「甘口」があるわけではありません。

甘口カレーが単品で頼めるのはチキンカリーだけです。

チキンカリー(甘口)

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

さらっとして食べやすいタイプのカレー。

チキンカレーの味付けは、甘口と相性が良いのではと思います。

ゴロッとした大きな鶏肉が入っています。

コクと深みのある味わいが特徴です。

どのくらい辛くても大丈夫か、お子さんの年齢だけでなく、個人差もありますよね。

小学校に上がっているくらいのお子さんでしたら、甘口をオーダーすれば問題なく食べれると思いますよ。

アレルゲン対応メニュー

カスバ・フードコートでは5大アレルゲン(小麦、そば、卵、乳、落花生)を原材料に使用していない低アレルゲンメニューを食べることができます。

一般的な日本のカレーには小麦粉が入っているので小麦アレルギーを持っていると食べることができませんが、カスバ・フードコートの低アレルゲンカレーライスでは小麦粉を使っていないので安心して食べることができます。

アレルギーでもみんなと同じように食べることができるっていうのはうれしいですよね。

まとめ

子供連れだとマーメイドラグーンにばかり行ってしまいがちですが、カスバ・フードコートはマーメイドラグーンからも位置的に近く、足を運びやすいでしょう。

カルーセルやランプシアターなど、子供が安心して楽しめるアトラクションが同じエリアには多いのも親子連れには嬉しいですね。

親子連れにも優しいカスバ・フードコートはデザートだけ食べに来るのもオススメのレストランと言えます。

他のレストランに比べて席数も多めなので、のんびり休憩もかねて立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA