【TDR】子供の「元気」を守る!冬の寒さを対策する服装をまるごと解説!

ディズニーランドやシーに行く時、あなたは服装をどの基準で選んでいますか?

日本には四季があるため、季節ごとに厚着・薄着をチェンジしながら決めなくてはならないですよね。

まして子供や赤ちゃんを連れていくなら、大人よりも免疫が低いのでより重視しなければいけないポイントです。

冬場なら抱っこやおんぶで暖められますが、それだけでは汗をかいてしまうだけになる場合もありますし、育ち盛りになると歩き回る際の服装にも注意する必要があります。

そこで今回は、ディズニーリゾートでの「寒さ」に重点を置いた対策を「子供目線」から徹底的に考えていきたいと思います。

必要に合わせて洋服を買いたい人向けのお店も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

子供の防寒対策を徹底解説!(ベビーカー編)

※画像出典:東京ディズニーランドより

冷え切った地面に近い高さに座るベビーカーは、赤ちゃんにとって最大の難敵、「寒い場所」になりますよね。

この状態は、いつも寝ているベビーベッドを屋外に出したと想定していただくとわかりやすいかもしれませんね。

ベッドの下からヒューヒュー北風が吹いている・・・そう考えると、大人でも簡単に想像できるくらいの寒さになっているはずです。

こんな時、冷えるのは手や足など、体の先端とも言われる場所からです。

ここから少しずつ体感温度が低下していき、体の芯まで冷やしていくことになってしまうんです。

そこで防寒の鉄則「風を極力通さない」防寒着として、クツや手袋を用意することを強くおすすめします。

例えベビーシートの中とは言えど、完全に寒さをカットしてくれるわけでもありませんし、身につけておくとそれなりに暖かさを閉じ込めてくれますよ。

強い風をカットするカバーは必須アイテム

アマゾン

アマゾン

画像参照:Amazonより

北風による寒さは尋常なものではありません。

大人もそうですが、肌が弱く寒さに耐性の無いお子さんにとっては特にそうです。

それに、暑い日にも共通して言えますが、雨が降ったり曇り空の日になると、気温も少しずつ下がっていって寒さを感じる場合もあります。

そこで赤ちゃんに着せる衣服の他に、ベビーカーにかぶせる雨用のカバーも用意しておくと、「防風」カットによる暖房の役割を果たしてくれるでしょう。

ディズニーランド、シーのベビーショップではタイプ別のベビーカーのうち「B型ベビーカー用ビニールカバー」が売られているようです。

販売店舗については続く部分で紹介していますので、参考にしてみてください。

寝かせるA型の赤ちゃん用は販売していませんので、自分で用意した方がいいかもしれません。

レンタルベビーカーと電車インで荷物を増やしたくない人は、ビニール、ナイロンの袋でベビーカーや赤ちゃんの下半身、足元を覆ってしまうだけでも違うと思います。

子供の防寒対策を徹底解説!(荷物・小物編)

東京ディズニーセレブレーションホテル

東京ディズニーセレブレーションホテル

画像参照:東京ディズニーセレブレーションホテルより

前述ではベビーカーについてご説明いたしましたが、成長してくると今度は自力で歩けるようになって、親子で並んでパーク内を移動することになりますよね。

とはいえだんだん長距離の異動になってくれば、どんなに元気な子供も、「疲れた~」「抱っこ~」とぐずってしまうのは、パーク内でもよく見る光景ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA