ディズニーアフター6パスポートの価格一覧と120%楽しむための方法

ディズニーに行くときは朝から夜までめいいっぱい楽しみたい!

そんな方たちがほとんどかと思います。

平日の学校や仕事が終わってからアフター6パスポートを使って夜のディズニーへ遊びに行ってみませんか?

週末よりも圧倒的にゲストの数が少なくて空いているので、目当てのアトラクションに何度も乗る事ができます!

今回はアフター6パスポートの短い時間の中で最大限に楽しむためのポイントをご紹介したいと思います!

アフター6パスポートとは?

アフター6パスポートというのは、平日のディズニーランド、ディズニーシーに午後6時から入ることができるパスポートです。

午後6時からパークに入ることができるので、舞浜近郊に住むゲストが仕事帰りや学校帰りに利用することが多く、夜のライトアップやショー・パレードを楽しみにしているんですよ。

平日の夜は、週末に比べると圧倒的にゲストの数が少ないので短い時間でも密度が濃いディズニーライフを過ごすことができます。

1デーパスポートよりもチケットのお値段も安くなっているのも魅力の一つです。

アフター6パスポートの価格

アフター6パスポートの値段は、パークに入れるのが18時からと遅い時間になっているため、朝から遊べる1デーパスポートに比べて安くなっています。

大人の値段で比べると、1デーパスポートが7,400円なのに対してアフター6パスポートは4,200円なので3,200円も安くなっています。

大人中人小人
アフター6パスポート4,200円4,200円4,200円
1デーパスポート7,400円6,400円4,800円

1時間当たりの値段にしてしまうと、1デーパスポートが616円/時、アフター6パスポートが1,050円/時と結構コスパが悪いように思うかもしれません。

でも、朝からパークにいたらレストランでの食事や食べ歩きのポップコーンなどの出費があるのでそこまで差は大きくないはずです。

楽しむために抑えておくべきこと4選(基本編)

アフター6パスポートは、パーク内で遊べる時間が最長4時間と圧倒的に少ないので、効率よく楽しむためのコツを知っておくことが重要です。

限られた時間内に楽しむためには前もって決めたり、気にするようにしておきましょう。

1.できるだけ早い時間にパークに入る

パークに入る時間が遅ければ、遊ぶ時間は減ってしまいます。

遅ければ遅いほど楽しみ方は時間との戦いになるので注意しましょう。

17時30分ごろからアフター6組が並び始めることが多いですよ。

2.夕食は事前に済ませておくか食べ歩きで

ディズニーリゾートの楽しみとして、食事に魅力を感じる人は多いです。

ですが、午後6時といえば朝からパークで遊んでいる人たちの夕飯の時間と被りがちでどこも混んでいます。

食べ歩きで済ませる場合は、食べるものも何時まで提供されているか?はきちんとチェックしておきましょう。

お店の前で立ち尽くすということにならないようにすることは大きな時間節約のポイントになります。

パーク内で絶対に食べたいものがない場合は時間になる前に食べておくという作戦も有効です。

3.待ち時間のチェックは忘れない

効率よく遊ぶために、乗りたいアトラクションの待ち時間は必ずチェックしましょう!

東京ディズニーリゾート公式アプリを使えばアトラクションの待ち時間がリアルタイムで分かるようになります。

空いている乗り物を効率よく回れば、日中より待ち時間も少なく楽しむことも可能になります。

例えば、ディズニーシーの人気アトラクションのタワー・オブ・テラー。

土日だと90分くらい待つのが普通ですよね。

そんな人気アトラクションもアフターなら10~15分で乗れてしまうことも

昼間は見られない空からの夜景を楽しめるのも魅力です。

4.買い物はボン・ヴォヤージュか公式通販

ディズニーでは買い物に使う時間は意外に多いものです。

お土産などが必要な場合は、パークよりも遅くまで営業をしているボン・ヴォヤージュを利用したり、公式の通販を利用することで大幅に遊ぶ時間を捻出できますよ!

通販は東京ディズニーリゾート公式アプリから利用することができます。

公式アプリからお土産を購入できるのは入園日の23:30までとなっているので、アトラクションなどの待ち時間や帰宅中にササっと済ませちゃいましょう。

楽しみ方によって違うポイントを極めよう

アフター6の利用については自分に合った楽しみ方を見つけることで、より充実した時間を過ごせるでしょう。

混雑が少ない時間帯だからこそ、効率的に動くことはマストです。

あれもこれもではなく、やりたいことを決めて動きましょう!

1.ショー・パレード派

18時から入ってもショーやパレードはこれからが本番!

アフター6はショーやパレードを見たい人にとってかなりお得なチケットになっています。

昼間のショーも魅力的ですが、夜もまだまだやっています。

ディズニーランド
  • Celebrate! Tokyo Disneyland
  • 東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ
  • ブランニュードリーム
  • レッツ・パーティグラ!
ディズニーシー
  • ブランニュードリーム
  • ファンタズミック!
  • ビッグバンドビート
  • ハロー、ニューヨーク!

抽選が必要なショーもあるので、締め切り時間に間に合うようにしたいです。

抽選結果次第で見に行くショーと食事を考えるのが、満喫するポイントといえるでしょう。

2.アトラクション派

夜から入るのでファストパスの発券はほぼ終わっているでしょう。

でもあきらめないで!

アフター6で入る時間は、夕飯を食べていたり、パレード待ちをしているゲストが多いのでアトラクションがすいていることが多いんです。

私は年パス持ちなのでいつでも行けるのですが、土日祝日はアトラクションに乗らないでショー・パレード・グリーティングを楽しんで、平日仕事終わりの18時以降にインしたときにアトラクションを楽しんでいます。

3.いっそレストランで食事だけ

短い時間だからこそミッキーたちと絶対会いたいという場合は、ミッキーのレインボー・ルアウやザ・ダイヤモンドホースシュー・プレゼンツ “ミッキー&カンパニー”のショーレストランを利用するといいですよ。

事前に予約をしておかないと行けないですが、かっこいいミッキーが近くで見れるのは大きいです。

どちらのショーレストランも1時間以上(ミキカンは2時間弱)拘束されることになるのでアトラクションやパレードよりもなによりもショーレストランでミッキーを見る!と決めていくことが重要ですね。

一日中ディズニーを楽しんでショーレストランとはまた違った贅沢な時間を過ごせてしまいます。

4.イルミネーションを楽しむ

朝から楽しんでいるとついつい夜はレストランで快適に過ごしたくなりがちですが、アフター6なら疲れもほとんどなく夜景を楽しみながら歩く余裕が確保できます。

パーク内の夜景はどこを切り取っても絵になりますから、イルミネーションの撮影を意識したカメラを持っていくといい写真が撮れるかもしれませんね。

5.会社帰りの息抜き

金曜日の夜に1週間頑張った自分へのご褒美としてもアフター6はありがたいですね。

ゆったりした時間を過ごすことで気持ちもリセットできてしまいます。

グリーティングや食事など、好きなことをして気ままに過ごすと疲れも吹っ飛びますよ。

6.パーク内の限定品を買いに

夕方のショップはゲストがパレードや食事に行っていることが多いので、楽しく実に快適にお買い物ができます。

帰り際は込み合ってしまうことが多いので、これも夕食時を狙うのがポイントになります。

まとめ

一日中全力で遊ぶのも魅力的ですが、限られた時間で楽しめるアフター6はお財布にも体力的にもありがたいパスポートです。

自分に合った楽しみ方でマイペースに過ごせれば、充実した時間を過ごすことができるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA