【ディズニー・防寒着・防寒グッズ】2017-2018年コーデ・値段は?

真冬の閑散期だったディズニーも、魅力的なイベントによりパークが賑やかになりました。

「寒いけど行きたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

屋外のディズニーランドも寒いですが、海風が直接あたるディズニーシーは寒さも格別です。

この記事ではディズニーの防寒着、防寒グッズについて、2017-2018年コーデと値段についてお伝えしていこうと思います。

【ディズニー・防寒着・防寒グッズ】2017-2018年コーデ・値段は?

まず最初にお伝えしたいのは「デート雑誌に載っているかわいいコーデは寒い」「学校の遠足の服装、スキー選手のような服装は寒くないという2つの鉄則を覚えておきましょう。

可愛くて寒い服、可愛くなくて暖かい服の特徴をあげてみます。

●可愛いけど寒い服はどんなの?

・ニット

画像引用元:http://www.uniqlo.com/(以下、同)

ざっくり編み、縄編みたっぷりのニットは可愛くてシワにならず、デートの鉄板コーデですよね。

しかしニットは風をするする通すので、ディズニーデートでは寒いんです。

ナイロン素材のものを上に羽織るなど、温かさを閉じこめるアウターが必須です!

・ひざ丈スカート

ディズニーのアトラクションは絶叫系でもそれほど激しくありません。

暖かい春・夏ならミニスカートやひざ丈スカートで、可愛いデート、友達とのインパを楽しめるのですが、真冬の極寒で足を出すのは寒いですよね。

厚手のタイツを履いても冷風が筒抜けのため、効果がうすいです。

冷えは足から来るため、ひざ丈スカートなどお洒落してディズニーに行きたいときは、「記念日」ということで「マゼランズ」「イーストサイドカフェ」など、暖かい屋内レストランの予約(PS)を入れてもらいましょう。

●かわいくないけど暖かい服はどんなの?

たとえば高校陸上部、高校スキー部など、普段から屋外でスポーツをしている人たちは、真冬のディズニーで半日〜1日、寒い思いをしないで遊べるウェアを持っています。

条件、例としては

・一流スポーツメーカー(ミズノなど)で上下で2万円するウィンドブレーカー

・風を通さない薄手のナイロンパーカー、レインズボン

・1日中走らずじっとしている時用の、厚手のナイロン上下ブレーカー

・Tシャツ、スパッツ、ランニングシューズも速乾性にすぐれ、汗をかいてもすぐ乾く素材

普段から体を鍛えているから寒くないというのも多少ありますが、屋外で活動している人たちは「防寒の装備」を所有しています。

冬山登山、スキー部の人は、もっと強力な防寒をしていますよね。

どのくらい可愛くしないといけないか、ずっと寒い場所にいるメンバーなのかで、どのレベルまで防寒しないといけないか決まってきます。

帽子、耳あて、カイロ、ブランケット、手袋など、防寒の「足し」にはなりますが、大して効果ないのがパークの現実です。

次の記事では、防寒度をレベル1からレベル5まで、考えてみたいと思います。

【ディズニー・防寒着・防寒グッズ】2017-2018年コーデ・値段は?

防寒レベル1:屋内ショー鑑賞、レストランPS予約、屋内で過ごす時間が長い(例:フリース、ニットのコート)

「記念日デート」でおしゃれを優先したい時には、屋内ショー鑑賞したり、レストランPSでゆっくり食事したり、暖かく過ごせるスケジュールにしましょう。

ディズニーランドやシーが単なる遊園地でなく「パーク」であるのがよくわかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA