タワー・オブ・テラーの待ち時間・ファストパスの攻略情報

テーマパークのお決まりといえば、絶叫系のアトラクションですよね。

ディズニーシーの怖い乗り物といえば、よくテレビやCMでも取り上げられているタワー・オブ・テラーです。

以前テレビで、マツコ・デラックスさんも乗ってみて楽しかったと答えていました。

乗るまでが怖いドキドキするストーリーも魅力的で、知れば知るほどより楽しめるアトラクションになっています。

この記事ではディズニーシーのタワー・オブ・テラーの、「ファストパスの場所」、「混雑日や空いてる日の待ち時間」、乗れば乗るほど楽しくなる「ストーリー」についてまとめてみました。

タワー・オブ・テラーの概要

2006年9月、突如としてディズニーシーに現れた恐怖のホテル「ホテルハイタワー」通称「タワー・オブ・テラー 」。

ディズニー史上最恐と言われるこのホテルから無事に脱出することはできるのだろうか……

  • 場所 :アメリカンウォーターフロント
  • 形式 :ライドタイプ(屋内)
  • 所要時間 :約2分
  • 定員 :22名
  • 身長制限 :102cm~
  • 乗車中の撮影 :NG
  • ファストパス:あり

※健康状態が良くない、乗り物に酔いやすい、心臓・脊椎・首に疾患がある、高血圧、妊娠中、高齢の方は乗ることができません。

タワー・オブ・テラーはどこにある?

タワー・オブ・テラーは、ディズニーシー入って左へずっと進んだ先の「アメリカンウォーターフロント」にあります。

※画像出典:ディズニーシー公式サイトより

タワー・オブ・テラーは東京ディズニーリゾートで最も高い建造物なので遠くからでもよく見えます。

ちなみに、ホテルの高さは59メートルで、なぜキリのいい60メートルにしなかったかというと、航空法により60メートル以上の建物を建設する際に、航空障害灯と呼ばれる赤く光る電灯の設置が義務付けられており、パーク内の建物として景観を損ねないようにする為だそうです。

タワー・オブ・テラーの待ち時間はどのくらい?

タワー・オブ・テラーはディズニーシーのアトラクションの中でも待ち時間が長いアトラクションです。

休日だと120分前後で推移することがほとんどなので、60分待ちの表示が見えたら短めの待ち時間なので、迷わずに乗ることをオススメします。

平日でも、日中は90分前後の待ち時間なので、1時間以下の待ち時間になっていれば中をのんびり見てストーリーを堪能して乗ることができます。

ファストパスだと気づけない部分もあるので、スタンバイでも待ち時間が短いならかなり楽しめます。

閑散期の平日夜(20時以降)だと10分ほどで乗ることができるので、アフター6パスポートで遊びに行くときは狙っていくといいでしょう。

私が行った時も、5回目のループだ!と言っていた男性がいたので何度も乗りたい人は平日の夜が断然オススメです。

疲れてくると怖さが半減するので、待ち時間が少なくても楽しむ体力がない可能性があります。

万全の状態で楽しみたいなら混雑が緩和されてくる夕方からタワーオブテラーに遊びに行くことをオススメしたいです。

タワー・オブ・テラーでファストパスがなくなる時間帯

タワテラのファストパスは平日だと15時ごろ、土日祝日は13時前後に発券終了になることが多いです。

キャンパスデーパスポートを利用して、絶叫系アトラクション目当てで来ている学生が多い時期はもっと早くなくなることもありますが、平日であれば前述のとおり、夜の待ち時間が圧倒的に短くなるのであえてファストパスを取らずに夜の待ち時間が短くなってから乗るというのもアリだと思います。

タワー・オブ・テラーのファストパスはどこで発行できるの?

タワテラのファストパスはアトラクション入り口のすぐ隣、右の方にあります。

並んでいる人が多いと最後尾がわかりにくい時があるので、列を見つけたら何の列なのかしっかり聞いてから並びましょう。

わからないまま並ぶのはタイムロスになりがちです。

タワー・オブ・テラーのバック・グラウンド・ストーリー

タワテラのバックグラウンドストーリーはエレベーターに乗る前にキャストさんが毎回説明してくれるので乗ったことがある人ならある程度は知っていると思います。

大富豪のハリソン・ハイタワー三世は、世界中から様々な骨董品などを収集したりしていた。1899年、彼はコンゴ川流域に住むムトゥンドゥ族から、呪いの偶像だと言われている「シリキ・ウトゥンドゥ」を手に入れる(実際はムトゥンドゥ族に騙され、押し付けられた)。そのシリキ・ウトゥンドゥのお披露目パーティーが1899年12月31日に開かれた。場所はハイタワー三世が建設し、オーナーとなっていた「ホテルハイタワー」。その時にハイタワー三世はシリキ・ウトゥンドゥの呪いを「はっ、呪いの偶像だと?馬鹿馬鹿しい!」とあざ笑った。そのパーティーの終盤、ハイタワー三世はホテルの最上階にある自室にシリキ・ウトゥンドゥを飾るため、エレベーターに乗り込み、シリキ・ウトゥンドゥに煙草を押し付けた。すると深夜0時ちょうどにホテルは停電に。すると、そのとき緑色の光がエレベーターを包み込み、同時にハイタワー三世の悲鳴が響き渡った。そして制御不能となったエレベーターは1階まで落下した。ところが奇妙なことに、落下したエレベーターの中からハイタワー三世は姿を消していた。トルコ風帽子とシリキ・ウトゥンドゥだけを残して…。この事件以来、ホテルハイタワーはニューヨーク市民から「恐怖のホテル(タワー・オブ・テラー)」と呼ばれるようになった。

時は経ち、1912年。1899年の事件以来長らくホテルは閉鎖されてきた。しかし、ニューヨーク市保存協会は「建築物の歴史的価値が高い」という理由で改修工事を行った。修復が行われた背景として、エンディコット三世の娘の存在がある。ニューヨーク市保存協会の会長はハイタワー三世と長年の確執があるエンディコット三世の娘、ベアトリス・ローズ・エンディコットであるが、そのベアトリスはハイタワー三世に並々ならぬ尊敬の念をもっていた。ハイタワー三世と確執があったエンディコット三世は当然ホテルハイタワーを取り壊し、その跡地に自分のホテルを建設する予定であった。しかし、娘のベアトリスにそれを反対されてしまった。ニューヨーク市保存協会は設立の目的を「ニューヨーク州ニューヨークの歴史ある建造物を保護すること」としているが、実際にはホテルハイタワーの修復・保護だけの目的で設立されたという噂が立っている。ホテルがニューヨーク市保存協会により修復された後、同協会主催のツアーが開催される。ゲストはツアーの参加者となり、ホテルなどに関しての説明を受け、ホテル内を見学する。そして最後には業務用エレベーターに乗り込み、最上階のハイタワー三世の部屋へ。恐怖の体験が待ち受けていると知らず…。

出典:Wikipedia

しっかりと作りこまれたストーリーが恐怖心を倍増させ、私たちゲストを楽しませてくれます。

エレベータに乗る前のスタンバイ列には、ハイタワー三世の収集した骨董品がたくさん飾ってあり、それぞれにハイタワー三世の思い入れのあるストーリーがあることが見えてきます。

知っていて眺めていると待ち時間もワクワク、ドキドキしますよ。

タワー・オブ・テラーの注意事項

タワテラは東京ディズニーリゾートにある他の絶叫アトラクションがかわいく見えるほど、怖いアトラクションです。

上下に垂直運動するフリーフォール型のアトラクションなので、苦手な人は本当に苦手です。

実際に私は友人を無理やり乗せたことがありますが、乗車前から顔面真っ青、乗車後に至ってはアトラクション外のベンチに座り込んで全く動けないといった状況に陥ってしまいました。

乗りたくないと言っている人を無理やり乗せるのは絶対にやめましょう!

その後のスケジュールに支障をきたす場合があります。体調不良になってしまっては元も子もありません。

ちなみに、タワー・オブ・テラーの前にあるウォーターフロントパークにはアトモスフィアや次の項目でご紹介するグリーティングが頻繁に行われていますし、座るところもいっぱいあります。

苦手な人だけ別行動にしていても、合流しやすいですよ。

タワー・オブ・テラー近辺で見られるグリーティング

タワテラの正面にあるウォーターフロントパークがグリーティングのメッカな上に、キャラクターたちが出てくる場所がタワテラの隣なのでタワテラ付近ではとてもたくさんのキャラクターに会うことができます。

とてもかわいい人気な衣装グリーティングが行われていることもあり、長時間いても楽しめるので、人によってはここで半日を過ごす人もいます。

タワー・オブ・テラーで落ちる場所は何回?そして何処で写真を撮られるの?

垂直落下が魅力的なタワー・オブ・テラー。

一体何回落ちるのでしょうか。

乗車するエレベーターの場所によって落ちるタイミングや距離は違いますが、どのエレベーターでも変わらず3回となっています。

もっと怖いタワー・オブ・テラー:Level 13

ただでさえ怖いタワー・オブ・テラーですが、1月~3月の間は落下する回数・タイミングが普段と違う

それが「タワー・オブ・テラー:Level 13“シャドウ・オブ・シリキ”」です。

落下する回数は7回まで増え、しかもタイミングが分かりにくい……

この時期のタワー・オブ・テラーは混雑必死ですが何が何でも乗ってほしいです!

落下中に写真撮影

ディズニーリゾートの中でいくつかあるライドショットの中で、唯一真正面から撮影されるアトラクションがタワー・オブ・テラーです。

出来上がりの写真を見ると、落下直前にとられたものだとはわかるのですが、どの落下の時にとられたのかがなかなかわかりにくいですね。

撮影されるのはタワー・オブ・テラーのクライマックスともいえる、エレベーターが最上階到着し、窓が開いて外が見えたときの落下の直前。

この落下の時は怖くても笑顔待機でいい思い出を写真に残したいですね。

まとめ

タワー・オブ・テラーは苦手な人も多いですが、楽しめる工夫がたくさんある魅力的なアトラクションです。

落ちるのだけは無理という人も、途中でキャストさんに伝えれば抜けることができますので、ストーリーだけでも見てみてください。

途中を見て歩くだけでも怖さは十分楽しめる内容です。

自分に合った待ち時間や楽しみ方は人それぞれ。

無理せずまた行きたくなる範囲で足を運んで見てはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA