お父さんを一人にしない!家族で楽しむディズニーランドおすすめスポット!

休日のディズニーランドは、家族連れがいっぱい。
「俺はここで休憩してるから、お前たちで行ってこいよ」そんなやりとりがなされたのでしょう、ベンチで寝ころんで休憩したり、スマホをいじってぼーっとしているお父さんも、いっぱい・・・・・・。

せっかく家族できたからには、お父さんにも楽しんでほしいですよね。そこで、飽きっぽい父を持つ私が実践した「お父さんを一人にしないおすすめスポット」ごらんください!

お父さんも一緒!家族みんなで楽しむディズニーランドおすすめアトラクション

私の父はディズニー映画をほとんど見ません。というか、世の男性方で「ディズニー大好き!映画全部みた!」っていう人は少ないのではないでしょうか。
ディズニーランドは、ストーリーを知っているとさらに楽しめるアトラクションがいっぱい!けれどあえてここでは、ストーリーを知らなくても楽しめるアトラクションをピックアップしてみました。

バズライトイヤーのアストロブラスター

画像引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/

みんな大好きトイ・ストーリー!映画を見ない男性も、トイ・ストーリーなら見た!という方は多いはず。このアトラクションはライド型のアトラクションで、最高三人乗り。ライドに乗りながら、的に向かってシューティングを楽しむモノです。
簡単に当てられる近い的(丸い形の的)は点数が低く、遠くにあったり動いたり、難易度の高い的(三角の的)は得点が高い!
的に当てるのは結構難しいですが、男の人は得意なのかバンバン的に当てていきます。
アトラクションの最後では点数によってランクが表示され、
「お父さんはレベル5だった!」
「僕はレベル4だった!」
と男の子とお父さんがレベルを自慢し合っているほほえましい光景も、よく見られます。
ちなみに、トイ・ストーリーを見たことがなくても単なるシューティングなので楽しめますよ!

お父さんが主役!?家族でゆっくりおすすめレストラン

家族で楽しむために、絶対に押さえていたいポイントはレストランの確保です。男の人は、お腹が空くと機嫌が悪くなるみたいで、何度か喧嘩した経験があります・・・。
けれどただレストランに入るだけでは、子どもは飽きてぐずりだす。子どももお父さんも、ついでにお母さんも楽しむためには「ショーレストラン」は絶対おすすめ!
「でも、ショーレストランって予約がとりにくい・・・・・・」その通りです。ここでは、案外穴場なショーレストラン「ポリネシアンテラス・レストラン」を紹介します。

ポリネシアンテラス・レストランでは、ミッキー、ミニー、リロ、スティッチ、チップ、デールが登場します。キャラクターのかわいいショーを見ながら、ゆっくりご飯が食べられます。
昼の部は、ショーの最後にお子さまがステージに上がってキャラクターと一緒にダンスを楽しめます。しかも一人一人キャラクターが席まで来てくれて写真が撮れる!
・・・はい、昼は激戦です。
お父さんを主役にするためには、「夜」予約しましょう。
夜は、キャラクターはご挨拶にはきますが、写真を撮る時間はあまりありません。そのため、昼よりも予約がとりやすい。
お子さまがステージにあがることもありません。
「ステージに上がるのは、お父さん(男の人)」です!
女性のダンサーのショーが一通り終わると、ダンサーがステージから降りてきて、目に留まった男性をステージまで連れて行きます。ざっと30人くらいでしょうか?
お父さんは恥ずかしがりますが、そこはお母さんやお子さんが「お父さんも踊りなよ!」と大きな声で言いましょう。十中八九ダンサーさんが半ば無理矢理連れて行ってくれます。
あとは、男の人たち全員でステージでダンスタイム!
ビデオに撮れば、とってもいい思い出になります。
最初は全員で踊ります。
次はその中から15人くらい。踊ったらステージから降ります。
そして8人くらい。だんだん人が少なくなり、最後の一人は「主役」になってダンサーさんをはべらせて踊ることができます。
ちなみに、うちの父は張り切って踊りすぎたのか、最後の一人に選ばれて会場の喝采を浴びました。
目立ちたがりなお父さんを持つ方は、ぜひチェックしてみてください!

家族でゆっくり。お父さん満足のおすすめホテル

せっかくディズニーランドに行ったから、宿泊はオフィシャルホテルで!と思うのは正しいです。22時までいっぱい遊んで、そこから電車に乗ってホテルに移動するのは、正直つらい。
お母さん的には満足なホテルなのに、お父さん的には満足じゃないホテルがあるそうです。明日からまた頑張ってもらうためにも、お父さんにも満足なホテルを選びましょう!

ランドホテルとミラコスタ。男の人は、「ミラコスタ」の方が好き。でもキャラクターにこだわったコンセプトルームは、男の人の琴線に触れないみたいで・・・・・・父や旦那がホテルに求めるのは、ズバリ「お風呂の快適さ」!
ホテルオークラ東京ベイホテルはトイレとバスルームが一緒なのは、ホテル式なので仕方ないのですが、とにかくバスタブが広い!
東京ベイ舞浜ホテルは全室トイレとお風呂が別で、洗い場もついています。
ちなみに小さいお子さんがいるときは、ディズニーランドホテルが便利です。お子さんがぐずったり眠くなったりしたら、ディズニーランド目の前のホテルに戻って一休み。お父さんもお昼寝したら、夜からまた頑張れますね!

お父さんにゆっくり疲れを癒してもらって、明日からも頑張ってもらいましょう!

ではでは、良い旅を♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA