ディズニーシーが初めてでも大丈夫!行ったら買ってほしいグッズ・行ってほしいエリアを大紹介!

唐突な質問ですが・・・皆さんはディズニーシーへ行ったことがありますか?

シーはおろか、まだディズニーリゾートに行ったことがない!という方は、是非パークデビューをディズニーシーで飾っていただきたいですね(´∀`*)。

普通紹介するのはディズニーランドじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ディズニーシーは上級者向けの雰囲気とは裏腹に、誰でも気軽に遊ぶことが出来るテーマパークなんですよ!

最近はシー拡張化計画も進んでいますので、これまで以上に快適なパークライフを送れるようになること間違いありません!

そこで今回は、ディズニーシーの攻略に欠かせないお土産アイテム人気エリアといった、「行ったらぜひ体験して欲しいのポイント」を2つの項目からBest3を紹介します!

ディズニーシーに初めて行く人も、リピーターの皆さんも、ぜひこれを参考に楽しんで来てくださいね!

ディズニーシーに来たら絶対【買うべき】アイテムBest3

ディズニーランドもそうですが、雰囲気が大人っぽいディズニーシーに来てしまうと、ついつい悩んでしまうのがみんなへのお土産

やっぱり雰囲気に合わせたものの方がいいのでは・・・そう考えちゃうかもしれませんが、案外蓋を開けてみると揃ってるグッズはディズニーキャラクター商品ばかり

確かに大人っぽさも大事ですが、なによりディズニーシーへ遊びに行った!という証拠につながるキャラグッズはなによりお土産に適していますよね(´∀`*)。

そこで今回は、ディズニーシーのグッズ商品で多くのゲストさんが「お土産に指定する率の高いアイテム」を3種類紹介します!

No.1 ダッフィーたちのグッズ

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

やっぱりディズニーシーに来たなら、イメージキャラクター「ダッフィー」やその仲間たちのグッズを買うのが一番ですよね!

人形からお菓子、文具に至る様々なアイテムが用意されているので、友達と一緒に行っても購入商品が丸かぶりしてしまう!という心配はまず必要ありません!

むしろどの商品を買うのか迷ってしまう・・・という人の方が増えそうですね^^;

覚えよう!ディズニーシーのイメージキャラクター

みなさんは、ダッフィーたち4人の名前を、キャラクターを見ただけですらすらっと言うことができますか?

できればディズニーマニアへの道を一歩踏み出したことになるので、是非覚えておきましょう♪

ディズニーシーおすすめ

ディズニーシーおすすめ

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

写真の4つのキャラクターの名前はそれぞれ、下記の名前で呼ばれています。

  • ダッフィー(左上)
  • シェリーメイ(右上)
  • ジェラトーニ(左下)
  • ステラ・ルー(右下)

特に、ダッフィーはミッキーの、シェリーメイはミニーのテディベア、つまり誕生日や特別な時にプレゼントされる大事な記念のための贈り物なので、より思い入れの深いキャラクターになりますね(´∀`*)。

この4キャラクターに関連したアイテムは、シーの中でも3つの場所でしか販売していません。

  • ガッレリーア・ディズニー
  • マクダックス・デパートメントストア
  • アーント・ペグズ・ヴィレッジストア

ディズニーシーに来たけれど、何を買ったらいいのかわからない…という人は、ぜひダッフィーたちのグッズを購入してください。

No.2 季節のイベントグッズ

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

東京ディズニーシーでは1年を通して、たくさんのイベントをやっています。

春にはイースター、夏には七夕お祭りをイメージしたイベント、秋はハロウィン、冬はクリスマス、そして年越しイベントも用意されていて、いつ訪れても違った風景を楽しめるので飽きないですね(´∀`*)。

そして各スペシャルイベントに合わせて、Tシャツやズボンといった着用型アイテム、メイクセットやサングラスなどのおしゃれアイテム、ミッキー達キャラクターをあしらったぬいぐるみバッジなど、たくさんの商品が販売されます。

何かしらイベントが開催されていて、来園する時には既にイベント限定アイテムがお店に出揃ってることが多いと思いますので、記念にぜひイベントグッズを購入すれば、ちょっとした想い出にもつながりますよ(^-^)。

No.3 ブランケットなどパークで使えるグッズ

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

気温の変化が見られる夏の時期や冬の時期には、熱中症対策風邪の予防対策が欠かせないのはディズニーシーも同じことです。

特に地面がアスファルトや石畳で出来てる以上、特に夏の暑さには弱く、海が隣とは言えあまり冷感効果は期待できません。

そんな時に役立つのが、暑さも寒さもしのげるおしゃれグッズのひとつ「ブランケット」です。

この項目に掲載している写真のブランケットは4200円ですので、大きさや肌触りの良さ、機能性の高さを考えると意外とリーズナブルな値段と言えますね。

夏なら頭にかけることで日よけになりますし、冬なら体をくるっと包んで防寒対策としても活躍できるので、シーを訪れるときは必ず持ち歩きたいひと品ですね!

レジで「そのまま使います」というと値札をはずして渡してくれるので、すぐ使いたい!と感じるならぜひ活用してみましょう。

ディズニーシーに来たら絶対【訪問すべき】テーマポートBest3

ディズニーシーは「海」をモチーフとした7つのテーマポートから成り立っています。

各テーマポートに足を踏み入れると、一瞬で変化する雰囲気や建物の形、楽しめるスポットの変化が目でも身体でも体感できるので、できればすべてのテーマポートを訪れて欲しいのですが・・・ある程度の広さがあるので、1日で全部は難しいですよね^^;

ここでは、特にディズニーシーに初めて訪れたなら是非行ってほしい3つのテーマポートを紹介していきます!

初めてディズニーシーに行く人は、この内容を参考に地図を見ながら攻略してみてくださいね♪

No.1 アメリカンウォーターフロント

西洋の雰囲気が漂う、古代と近未来の世界が入り混じったアメリカンウォーターフロントには、さらに細かく2つのエリアが用意されていて、どちらも雰囲気の異なる楽しさが見えてきます。

ニューヨークエリア

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

タワーオブテラートイ・ストーリー・マニア!タートルトークといった人気アトラクションが集まるニューヨークエリア。

ミッキーが素敵なバンド演奏でゲストをもてなす人気のショー「ビッグバンドビート」が行われる会場も、このニューヨークエリアに存在します。

ディズニーシーの貴重な移動手段のひとつ「エレクトリック・レールウェイ」の駅もこのニューヨークエリアにあり、お隣のポートディスカバリーまでは時空を超えた電車の旅を楽しむことができます。

ケープコッドエリア

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

ダッフィーが主役のショー「マイ・フレンド・ダッフィー」を行っているレストラン「ケープコッド・クックオフ」を始め、数々のお店が立ち並ぶエリアがケープコッドエリアです。

のどかな漁村の田舎町をイメージして作られたこのエリアのお店には、ショーの影響もありダッフィーたちのグッズを売っているショップや、帽子やサングラスといったおしゃれアイテムを販売する小さなお店も数々用意されています。

灯台や船が通る海を眺めるスポットも存在し、そのロマンチックな雰囲気がラブラブなカップルに人気のエリアとなっています(´∀`*)。

No.2 メディテレーニアンハーバー

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

ハーバーショーと呼ばれるショーは全てこのエリアで行われ、なによりディズニーシーの玄関口ですから必然的に足を運び入れることになる「メディテレーニアンハーバー」。

ショーが行われる関係上特に人が集まるエリアで、ディズニーランドのワールドバザールのような役割もになっているので、この周辺にはお土産屋さんやお食事処も多数用意されています。

ディズニーシーのオリジナルグッズなら一通り揃う大型ショップ「エンポーリオ」、ダッフィーグッズを販売している「ガッレリーア・ディズニー」、多彩なデザインの洋服が並ぶ「フィガロズ・クロージア」など、ここを回るだけで一通りお土産が揃います!

天気が良い日にインパークしたら、ミッキー広場やリドアイルの出島あたりで、海と一緒に記念撮影をしましょう!

No.3 ロストリバーデルタ

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

ディズニーシーの奥地にある、荘厳でどこか神秘的な雰囲気が醸し出される世界「ロストリバーデルタ」。

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮」や「レイジングスピリッツ」といった、スリルと冒険心に満ちあふれるアトラクションが人気のエリアです。

大自然の力強さを感じるこのエリアは森林浴を楽しみながら歩く散歩道としても愛されていて、その雰囲気からお年寄りの方でも楽しめるエリアとしても人気です。

お食事処も豊富で、がっつりとしたお肉料理が楽しめる「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」や、メキシコ料理を数多く用意している「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」など、予約なしでも美味しい食べ物にありつけるエリアです。

「自分は花より団子です!」という方でも十分楽しめますので、小腹がすいたら立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね(´∀`*)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA