至福のひとときが癖になるリストランテ・ディ・カナレット

リストランテ・ディ・カナレットのテラス席

リストランテ・ディ・カナレットにはゆっくりできる室内の席と、運河を進むヴェネツィアン・ゴンドラを眺めながら食事を楽しむことができるテラス席があります。

どちらでも料理の味は変わりませんが、冬以外はテラス席がオススメです。

夏場の外で食事なんて暑いと思いがちですが、テラス席は運河のすぐ近くなので涼しい風が心地よく、想像しているよりも過ごしやすいです。

このテラス席で飲むビールがたまらなく美味しいです!

ビールグラスを傾けて、ゴンドリエに「チャオッ!」と挨拶をするとここはベネツィアじゃないだろうかと軽い海外旅行気分に浸れます。

 

コールドミートとチーズの盛り合わせ、バゲット添え 1,200円

お酒のお供にぴったりなのが生ハムなどのコールドミートと4種類にチーズ、バゲットの盛り合わせです。

お皿の形が絵を描くときに使うパレットの形をしているのは、このレストランの名前のもとになっている画家「カナレット」にちなんだものなんですよ。

塩っ気の強い、お酒がすすむ味付けになっています。

一人で食べるにはちょっと量が多いのでみんなでシェアしながら食べるのがオススメです。

まとめ

ディズニーシーにいながらベネツィア気分を満喫できるリストランテ・ディ・カナレット。

テラス席に座ったら、運河を進むヴェネツィアン・ゴンドラゴンドラのゲストに挨拶をするのを忘れないでくださいね。

メディテレーニアンハーバーのあいさつは「チャオッ!」ですよ。

お天気によってはテラス席を独り占め状態の日もありますが、優雅な気分に浸れるので一人で来たときはあえてテラス席を選んでいます。

夏場も水辺なので過ごしやすいですし、ディズニーシーで蚊に刺されたことは一度もないので、虫にさされるかもと避けるのはもったいないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA