【TDR】ディズニーリゾートの定番スイーツ!チュロスとティポトルタの味を大調査!

ディズニーランド、ディズニーシーで食べ歩きスイーツとして人気の定番商品「チュロス」。

ポップコーンと並んで人気度が高く、今やパークに向かう女性がなかで必ず食べたいスイーツに選ぶほどの人気ぶりです!

おまけにインスタ映えを気にする人たちが、チュロスを片手にシンデレラ城をバックに写真を撮影する・・・そんな姿もお見受けしますね(;´д`)。

そんなチュロス、前は2種類くらいの味しかなかったのですが、最近では様々な味が用意されていることにお気づきでしょうか?

この記事ではチュロスの種類、販売店舗、さらにチュロスにちょっと似ているハンドスイーツ「ティポトルタ」についても紹介したいと思います。

どんな味があるの?販売されているチュロスの味・販売店舗を紹介!

ディズニーランドやディズニーシーでは、さまざまな種類のチュロスを販売しています。

さらに、スペシャルイベントの期間中は、そのイベントをモチーフにしたスペシャルメニューが登場するなど、いつ来ても飽きない美味しさを楽しめます(´∀`)。

今回は、普段から常に販売している味、並びにその味を販売している店舗をまとめて紹介していきたいと思います。

パーク内に立ち寄ったら、ぜひこのページにあるチュロスを食べてみてくださいね(´∀`)。

(販売店舗の欄で、店名が赤色東京ディズニーランド青色東京ディズニーシーの各エリアにあるお店になります)

シナモン

ディズニーリゾートのチュロス

ディズニーリゾートのチュロス

パーク内のチュロスシリーズでは定番中の定番、いつでも食べれる安心と信頼のシナモン味です!

断面がミッキーの形をしており、カリカリに焼かれた表面から香るシナモンの香りはまさに絶品・・・。

表面に砂糖がまぶしてあるので見た目で苦手さを感じる人もいるらしいですが、実際に食べてみるとシナモンの香りと味で相殺されてしまうので、あまり気にせず食べることができますよ^^。

一緒にコーヒー紅茶を買って食べると、口の中にさわやかな甘さが広がりやすくなるので、この組み合わせはぜひお試し下さい♪

販売店舗

キャンプ・ウッドチャック・キッチン/ウエスタンランド

ハイタイド・トリート/アメリカンウォーターフロント

チョコレート

ディズニーリゾートのチュロス

ディズニーリゾートのチュロス

見た目はシナモンとちょっと似ていますが、味と香りはしっかりチョコレートなんです^^。

実際にチョコレートのクリームなどが入っているのではなく、生地にチョコレートが練り込まれているので、途中で溶ける心配をする必要もありません。

さらに、使っているチョコはややビターな味のものなので、甘いものが苦手な人でも安心して食べれますね(´∀`)。

甘いチョコレートの香りを堪能したら、すっきりしたキリンレモンなどの炭酸飲料を飲むと風味が混ざり合い、より美味しく感じると思います!

なお、こちらは冬季限定の味になるため、販売期間には十分お気をつけください。

販売店舗

パークサイドワゴン/アドベンチャーランド

ペコスビル・カフェ/ウエスタンランド

オープンセサミ/アラビアンコースト

ストロベリー

ディズニーリゾートのチュロス

ディズニーリゾートのチュロス

いちごの甘酸っぱさがふんだんに盛り込まれたストロベリー味も欠かせませんよね。

シナモンやチョコと違い、ストロベリー本来の味を忠実に再現したこちらのチュロスは、意外にも男性に大人気の商品なんです。

ほかほかなチュロスに、さっぱりしたストロベリーの味と香りが、甘いものが苦手な男性の心をくすぶるのかもしれませんね^^;。

なお、こちらのメニューは35周年記念のイベント終了(2019年3月26日)までは販売されておりませんのでご注意ください。

販売店舗

ラケッティのラクーンサルーン/クリッターカントリー

メロンソーダシュガー

ディズニーリゾートのチュロス

ディズニーリゾートのチュロス

普段のチュロスの味に飽きちゃったあなたには・・・少し変わった味にも挑戦していただきたいと思います( ̄▽ ̄)。

メロンソーダシュガー味・・・もう聞くだけで味の想像が全然できませんよね(笑)。

筆者も先日のパークインで食べてみたのですが・・・意外にも甘すぎず、ほんのりとメロンの香りが漂う感じがして、サクサクどんどん食べることができました。

特に、食べてる最中口の中がパチパチ弾ける感触がしたので、ソーダパウダーを使っているからなのか、飽きることなく一人で平らげちゃいました(´∀`)。

色も緑色なので、写真を撮る時にはこちらのほうが映えるかもしれませんね♪

販売店舗

トゥモローランド・テラス/トゥモローランド

コットンキャンディー

ディズニーリゾートのチュロス

ディズニーリゾートのチュロス

前述のストロベリー味の代わりに販売されている、35周年記念のオリジナル味のチュロス・・・名前はコットンキャンディー

いわゆる「綿あめ」の味を再現したチュロスで、見た目も華やかな紫色になっていて、生地の中と外側にシュガーをまんべんなく使って甘さを引き出した、いま話題のパークスイーツなんです!

外も中も砂糖なので甘さが他の物に比べかなり強く、食べるときはお茶やコーヒーを必ず用意して食べないと、少々味が口に残ってしまうかもしれません^^;。

とはいえ、カラフルなシュガーで彩られたコットンキャンディー味、一度買って食べてみる価値はあるかもしれません^^。

販売店舗

ラケッティのラクーンサルーン/クリッターカントリー

クリッターサンデー

ディズニーリゾートのチュロス

ディズニーリゾートのチュロス

チュロスを使ったちょっと一味違うスイーツにも挑戦してみましょう。

こちらのクリッターサンデーは、ストロベリーミルクソフトクリームベリージャムをかけて作られたサンデーに、チュロスをブスッと刺して作られた看板商品なんです!

冷たいソフトクリームとチュロスの相性は抜群で、一緒に入ったチョコやコーンフレークと一緒に食べて食感を楽しむこともできちゃいます!

さっぱりとした味わいのソフトクリームにも注目しながらぜひ召し上がってみてください。

販売店舗

ラケッティのラクーンサルーン/クリッターカントリー

ポテト

ディズニーリゾートのチュロス

ディズニーリゾートのチュロス

お菓子・・・というよりもおつまみのような感じの味わいが楽しめる、チュロスの中では異色の味「POTATO」ですドヤァ。

生地自体はチュロスと何ら変わりがないのですが、一口食べるとホクホクなじゃがいもの風味が口いっぱいに広がり、なんか・・・塩が欲しくなっちゃいます^^;(フライドポテト脳)。

パークに行く人の中には、この商品をお昼ご飯の代わりに食べたり、カクテルやビールと一緒に食べて本当のおつまみにしてしまう人もいるみたいです^^。

甘さはほとんどなく、普段のチュロスに飽きちゃったときは舌の味をリセットするためにこのポテト味を食べてみるのもいいかもしれませんね^^。

販売店舗

リフレッシュメント・ステーション/ミステリアスアイランド

チュロスと似てるけど全然違う!「ティポトルタ」って何?

ここまで、チュロスの様々な味を紹介してきましたが・・・チュロスに似ているハンドスイーツを販売しているのをご存知でしょうか?

その名も「ティポトルタ」、サクサクなパイ生地で包んだ2種類の味が楽しめる焼き菓子のことを表していて、どこかの国のスイーツをイメージした各種ワゴンスイーツとは異なり、ディズニーリゾート完全オリジナルスイーツなんです。

味の種類は下記のとおりです。

チリコンカン

ディズニーリゾートのチュロス

ディズニーリゾートのチュロス

アメリカの有名な家庭料理「チリコンカン」をベースにした餡を生地に包み焼き上げた、おかずにも向いている味のティポトルタ。

トマトやインゲン豆、チリソースを加えて作られたソースは、少しピリッとくる刺激に後味を添えてくるので、あとを引く美味しさになっているんです(´∀`)。

1本食べたら病みつきになってしまうほどの美味しさを、是非ご賞味ください!

チョコレート

ディズニーリゾートのチュロス

ディズニーリゾートのチュロス

チュロスのチョコレートは生地に練り込まれていましたが、こちらはチョコレートソースが生地に包まれているため、かぶりつくと中からトロッとしたチョコが顔を出します♪

温かい商品なのでホットチョコを飲んでいる感覚にもなり、冬のような寒い時期なら体をポカポカにしてくれること間違いありません。

ただし、チョコレートソースは少しでも冷めると固まっちゃうので、アツアツのうちにお召し上がりください!

販売店舗

チリコンカン、チョコレート共通で販売しています。

ビレッジペイストリー/ファンタジーランド

トロピック・アルズ/ロストリバーデルタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA