【ディズニーランド】魅惑のチキルーム:アロハエコモマイに登場する鳥の名前を覚えよう!【ハワイ感溢れるセリフも一緒に】

みなさんはディズニー映画『リロ&スティッチ』を見たことはありますか?

映画の舞台はハワイ。

 

独特なタッチで描かれる常夏の風景は見る人を元気にさせてくれます。

ハワイと言ったら海やフラダンスですよね!

 

夏にぴったりのアニメなので、この季節にぜひお試しあれ♪

 

そんな『リロ&スティッチ』を題材としたアトラクション『魅惑のチキルーム:アロハエコモマイ』

あまり馴染のないこのアトラクションをドカッとご紹介いたします!

ディズニーランドの魅惑のチキルームの『アロハエコモマイ』ってなんだろう?

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html

そもそも、魅惑のチキルームってどんなアトラクションなんだろう?

知らない人がたくさんいるでしょう!

アドベンチャーランドにあるのですが、外観がレストランっぽいので初めてみると、なんだこれ?って思います。

横に看板がありますがアトラクション名だけでは想像がつかないし、待ち時間が常に10分前後だし・・・人もいないし。

人気なさそうだし、別にいーや!

という感じでスルーしてしまう・・・。

ちょっと待った~~!

見た目で判断してはいけませんよ!

魅惑のチキルームはハワイの鳥たちのミュージカルショー

スタンバイ場所に入ると涼し気な空気で満ちています。

他のアトラクションとは違い、ここは並ぶということはあまりしていなくて、待合場所のような雰囲気です。

スタンバイ場所にお手洗いがあるのも珍しいポイントです。

 

魅惑のチキルームでは、まず大前提として「リロがスティッチを探している(スティッチが迷子になっている)」という設定があります。

ショーに直接関係しているのではなく、あくまでもスタンバイ場所での楽しみなんですけどね。

 

花壇にスティッチを探していますというポスターがあるので、ぜひみつけてください!

ここに迷子のポスターがあるということは、スティッチはこの近所に住んでいるはず。

 

魅惑のチキルームはリロとスティッチが実際に住んでいる街にある、ということが示されているんですね。

『リロ&スティッチ』の日常を感じることのできる雰囲気を持っているのもポイント。

 

ショーの主役はハワイのカラフルな鳥たち。

スティッチは友情出演のような関わりですが、実際に私たちがスティッチの住む町にいたら、こんな感じかな?と思わせてくれます。

「アロハ・エ・コモ・マイ」

ハワイの挨拶「アロハ」は日本語で「こんにちは!」ですよね。

では、「アロハ・エ・コモ・マイ」って何だと思いますか?

 

正解は・・・

 

「ようこそ!」

歓迎の言葉なんです。

魅惑のチキルームにようこそ!ってことですよね。

意味の分からないアトラクション名だったけど、訳してみるとなんだか親近感がわきませんか?

ようこそ!のわりには入り辛い雰囲気がでているアトラクションではあるんですけどね・・・!

外観変えるだけで、人気があがると思うんだけどなあ。

次ページ ≫ 魅惑のチキルームに登場する鳥たちと、ハワイの言葉を学んじゃおう!

魅惑のチキルームに登場するハワイの鳥は歌が大好き!それぞれの名前をご紹介。

実は、このアトラクションは2回くらいリニューアルしてるんですよね。

今の魅惑のチキルームは2008年にオープンしています。

その前まではスティッチ要素が全くなくて、鳥の独壇場でしたね。

多分、それだとあまりにも・・・なので2008年にスティッチが登場し、鳥が歌う曲も『リロ&スティッチ』で使用されている歌に変更されました。

ディズニー好きとしては、スティッチの登場に歓喜したものです。

 登場するメインの鳥たちは4羽。

ハウオリ

色が鮮やかでカラフルな鳥。みんなのリーダー的存在でまとめ役の鳥です。

はきはきとした声でかっこいい歌声を披露してくれます。

マヌ

ブルーの鳥で、ポイントは眼鏡をかけていること!席によっては眼鏡はよくわからないかも。

慎重な性格の鳥で、スティッチのいたずらに一番驚いて怖がってしまいます。

マヒナ

ピンク色の鳥。メンバーで唯一の女の子!

お姉さん的雰囲気を持っていて、原因不明のアクシデントに興奮する他のオス鳥たちをなだめるしっかり者です。

歌声がとっても魅力的です!ハワイの鳥たちの間でもモテモテ間違いなし♪

ワハヌイ

緑色をした鳥。マヌをからかいがちのお気楽な性格です。

アクシデントを逆に楽しんじゃうような口ぶりで、場の空気を和ませてくれるムードメーカー!

この4羽の鳥たち(+スティッチ)でストーリーが進んでいきます。

時折楽しい歌を披露し、部屋の中にはさまざまなギミックが存在します。

わっていく部屋の様子をみながら歌を聞くことになるので、意外にもあわただしく感じます。

そして最後にはスティッチが登場。

ラストに向けて、スティッチと4羽の鳥たちと一緒に歌っちゃいましょう!

魅惑のチキルームからハワイの言葉を学ぶ。

出典  http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html

ハワイの言葉って独特ですよね。

まず、みなさんに覚えておいてほしいのは「アロハ

これは予習しておいてください!ハワイの代表的な挨拶です。

ちなみに、スティッチのグリーティングの時にも「アロハ」はとっても有効です。

そして「オハナ

『リロ&スティッチ』の主軸となっているワードです。

Ohana means family, and family means nobody gets left behind — or forgotten”

出典 映画『リロ&スティッチ(原題 Lilo & Stitch )』

この文章はとっても素敵。

オハナは家族、家族はずっと一緒にいるもの――何があったとしても。」

オハナは家族っていう意味があるんですよ。

スティッチが一番大切にしている単語です。

魅惑のチキルームでも、オハナとアロハは重要な言葉になっているので、ぜひ覚えてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA