至福のひとときが癖になるリストランテ・ディ・カナレット

ディズニーシーで窯焼きの本格ピッツアを食べられるお店があるのって知っていますか?

そのレストランは、リストランテ・ディ・カナレットです。

満足度の高いコースメニューに加えてアルコールのリストも豊富で、ゆっくりとした大人ディズニーを楽しむのなら一度は食べにいっておきたいレストランの一つでしょう。

ディズニーシーで大切な人と食べるアツアツの窯焼きピッツァは格別なものがありますよ。

行ったことのある人も、意外に知らないこともあるので詳しく掘り下げてリストランテ・ディ・カナレットについて語りつくしていきます。

リストランテ・ディ・カナレットの基本情報

リストランテ・ディ・カナレットは、ディズニーシープラザからパークに入って、ハーバーが見えてきたら左に進んで川を越え、左側の下の方に見えてきます。

ヴェネツィアの街並みを再現したエリアにあって、人気アトラクションのヴェネツィアン・ゴンドラの乗り場の隣にあります。

本格的な窯焼きピッツァだけでなく、前菜やパスタ、ドルチェも逸品ぞろい!

大人ならビールやワイン片手にゆっくりとした時間を過ごしたくなる雰囲気最高のレストランです。

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

  • ジャンル:パスタが選べるセット料理、窯焼きのピッツァ
  • 場所 :メディテレーニアンハーバー
  • サービスタイプ :テーブルサービス
  • 予算:昼 2,000~5,000円 夜 2,000~5,000円
  • 座席数 :約220席
  • プライオリティ・シーティング:あり

リストランテ・ディ・カナレットの営業時間・待ち時間は?

リストランテ・ディ・カナレットはディズニーシーのオープン時間によってお店のオープン時間が変わるのですが、パークのオープン直後は準備中になっています。

通常は10時30分からオープンしていますが、11時にオープンする日もあるので、カナレットをオープンから利用したいときは調べておいた方がよいでしょう。

リストランテ・ディ・カナレットは事前予約制プライオリティ・シーティング対応なので、絶対にここで食べたいといった場合は事前予約必須です。

事前予約が出来なくても当日の店頭枠とWEB枠がありますし、予約できなくても並べば食事をすることができます。

事前予約の方法についてはこちらの記事にまとめてありますのでチェックしてみてください。

【当日の予約はできるの?】ディズニーランドのレストラン予約方法【裏技・キャンセル料は?】

雰囲気がいいレストランなので、予約がない場合はオープン直後の時間でも50~60分程度待つことになります

当日の予約はWEBサイトやアプリからだと9時から、店頭では10時から受付しています。

朝一はアトラクションに向かいがちですが、何を食べるか相談しながらレストランに並ぶのも楽しい時間ですよ。

リストランテ・ディ・カナレットのメニューはどんなの?

リストランテ・ディ・カナレットでは、本格的な窯焼きピッツァから、オリジナリティあふれるパスタ、疲れを忘れさえるドルチェなど、おいしいイタリア料理を楽しむことができます。

スパゲッティ・カルボナーラ(キノコ入り) 1,680円

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

季節によって変化していくパスタと定番のメニューはどれも濃厚で、できるならどれも食べておきたいと感じさせるものばかりです。

魚介、ベーコンやミート、お野菜とその日の気分で選ぶのですが、いつも迷いに迷います。

期間限定のメニューは特別感からか、利用時間が遅いと売り切れの時もあるため食べたいメニューがあるときは早い時間に利用した方がいいかもしれませんね。

ピッツァ・マルゲリータ 1,880円

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

定番の「マルゲリータ」と「三種のチーズ」も捨てがたいですが、ベジタリアンの方でも安心して食べられる野菜が盛りだくさんのピッツァもあります。

二人で行けばパスタとピッツァを一品ずつでシェアするのがおすすめ!とはいえ、ピッツァのメニューもいつもどれにしようか迷ってしまいます。

迷いに迷ってマルゲリータか三種のチーズにすることが多いです。

お腹がすいてきたころに、あのピッツァもやっぱり食べたかったと感じてしまうのが、来店頻度を高めているように感じずにはいられません。

ティラミス 700円

 

画像参照:東京ディズニーシー公式サイトより

ドルチェも定番の3種類と期間限定のメニューがあります。

ティラミス、パンナコッタ、ヘーゼルナッツのケーキ、期間限定のドルチェと気分によって変えますが一人で行くと大体は期間限定を選んでしまいます。

何人かで来店するときはシェアするのも楽しみの一つ。

ティラミスは甘いだけのデザートが苦手な人におすすめの大人なドルチェ。

パンナコッタはお子さんに人気の優しいテイストです。

ヘーゼルナッツのケーキにはマスカルポーネのアイスが添えられていて、変化を楽しみながら食べるのが贅沢な逸品。

ドルチェ選びで迷い過ぎて、いつも食べるときには空腹の限界に挑戦してしまっています。

ピッツァ、カナーレ・ベッロ(5種のチーズ) 1,880円

どのメニュも魅力的ですが、個人的に一番のおススメはこのお店に来たことのある人なら一度は頼む「ピッツァ、カナーレ・ベッロ(5種のチーズ)」でしょう。

別の器に入ってくるのが追いチーズ?……オリーブオイル?

説明を受けて「本当に合うの!?」と驚いたのですが、この容器の中の液体はハチミツなんです。

ハチミツがチーズとの相性バッチリなんて食べるまで疑っていました!

一度食べてしまうと、この「チーズとハチミツ」のマリアージュが毎回食べたくなってしまうほど、癖になる味なんです。

食べる人数によって切り方も変えてもらえますし、私はカメラを持っていたので撮影してからカットしてもらえました。

チーズの種類によって苦手なものがある場合は、注文の時に外してもらうこともできます。

私はゴルゴンゾーラチーズの香りがどうしても苦手なので、ゴルゴンゾーラチーズだけを抜いてもらうことが多いです。

快く受け入れてもらえるので、美味しいピッツアが食べたくなるたびに足を運んでしまっています。

一枚だけあるミッキーチーズを誰が食べるかで、じゃんけんをしたりしますが、ミッキーの形のチーズは格別に美味しいです。

リストランテ・ディ・カナレットのテラス席

リストランテ・ディ・カナレットにはゆっくりできる室内の席と、運河を進むヴェネツィアン・ゴンドラを眺めながら食事を楽しむことができるテラス席があります。

どちらでも料理の味は変わりませんが、冬以外はテラス席がオススメです。

夏場の外で食事なんて暑いと思いがちですが、テラス席は運河のすぐ近くなので涼しい風が心地よく、想像しているよりも過ごしやすいです。

このテラス席で飲むビールがたまらなく美味しいです!

ビールグラスを傾けて、ゴンドリエに「チャオッ!」と挨拶をするとここはベネツィアじゃないだろうかと軽い海外旅行気分に浸れます。

 

コールドミートとチーズの盛り合わせ、バゲット添え 1,200円

お酒のお供にぴったりなのが生ハムなどのコールドミートと4種類にチーズ、バゲットの盛り合わせです。

お皿の形が絵を描くときに使うパレットの形をしているのは、このレストランの名前のもとになっている画家「カナレット」にちなんだものなんですよ。

塩っ気の強い、お酒がすすむ味付けになっています。

一人で食べるにはちょっと量が多いのでみんなでシェアしながら食べるのがオススメです。

まとめ

ディズニーシーにいながらベネツィア気分を満喫できるリストランテ・ディ・カナレット。

テラス席に座ったら、運河を進むヴェネツィアン・ゴンドラゴンドラのゲストに挨拶をするのを忘れないでくださいね。

メディテレーニアンハーバーのあいさつは「チャオッ!」ですよ。

お天気によってはテラス席を独り占め状態の日もありますが、優雅な気分に浸れるので一人で来たときはあえてテラス席を選んでいます。

夏場も水辺なので過ごしやすいですし、ディズニーシーで蚊に刺されたことは一度もないので、虫にさされるかもと避けるのはもったいないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA