2018年4月にリニューアルした「イッツ・ア・スモールワールド」はどうなった?

皆さんのディズニーランドでの思い出のアトラクションといえば、どんなアトラクションが思い浮かびますか?

最初にディズニーに行った年齢によってバラツキはあるものの、多くの人が挙げるアトラクションがあります。

それはディズニーランドのオープン時からディズニーランドを見つめ続けてくれているイッツ・ア・スモールワールドです。

イッツ・ア・スモールワールドは家族や観光でディズニーを訪れた人なら大抵の人が乗っているといっても過言ではない幅広い年齢層が楽しめるアトラクションです。

2018年4月15日にオープン以来初めての大幅リニューアルを行ったイッツ・ア・スモールワールドの魅力について紹介いたします。

イッツ・ア・スモールワールドの概要

ディズニーランドのオープン当初から、たくさんのゲストが体験し、思い出に残っているのではないでしょうか?

画像参照:東京ディズニーランド公式より

船に乗って小さな世界をめぐるアトラクションです。

日本やアメリカなど様々な国の子供たちが「ちいさな世界」の音楽を奏でてゲストを楽しませてくれています。

暗いシーンや怖いシーンなどがないため小さい子供から大人まで楽しめるアトラクションです。

撮影ができるので、初めてのディズニーの思い出を映像や写真で残せるのも親子連れに人気となっている要因かもしれませんね。

ただし、フラッシュ撮影は厳禁ですので設定をしっかりしてから乗車しましょう。

  • 場所 :ファンタジーランド
  • 形式 :ライドタイプ(屋内)
  • 所要時間 :約10分
  • 定員 :20名
  • 車いす :NG
  • 身長制限 :なし
  • 乗車中の撮影 :OK
  • ファストパス:あり

イッツ・ア・スモールワールドの場所

イッツ・ア・スモールワールドはファンタジーランドにあります。

入り口から見るとシンデレラ城の裏側にあるエリアです。

画像参照:東京ディズニーランド公式より

15分ごとにおもちゃの兵隊が登場する「スモールワールド・ クロック」が目印です。

イッツ・ア・スモールワールドの待ち時間

リニューアル前までのイッツ・ア・スモールワールドはディズニーファンたちの間でパークの混雑具合の指標にされていました。

これは、普段まったく混雑することのないイッツ・ア・スモールワールドに大勢の人が押し寄せて混むほどにパーク全体が混雑していることを表しています。

そんなスモワの待ち時間事情が、リニューアルによって一変しました。

リニューアル前は5~10分程度だった待ち時間が、リニューアルを境に平日の夜でも30分以上の待つようになり、ファストパスの発券対象になりました。

スタンバイルートのほとんどが室内になるため、ほかのアトラクションに比べて待ち時間での暑さ寒さの負担は少なくなっています。

小さなお子さんにも十分楽しめる内容になっているので、利用者は家族連れが多くみられます。

リニューアル後の変更点

では、今回のリニューアルでイッツ・ア・スモールワールドはどこが変わったのでしょうか。

一番大きな変更点はアトラクション内の人形にディズニーキャラクターたちが登場したということでしょう。

画像参照:東京ディズニーランド公式より

むしろ今までいなかったことが不思議でしょうがないのですが、全部で約40体のディズニーキャラクターの人形が追加されました。

また、ボート乗り場「スモールワールド・ステーション」も大きく変更されています。

ミッキーやミニーがイッツ・ア・スモールワールド風にポップにデフォルメされたイラストがところどころに描かれています。

よりカラフルに、よりポップになった「スモールワールド・ステーション」はこれから乗るアトラクションに対する期待を大きく引き上げてくれます。

ウェルカム

小さな世界が聞こえてきて、これから始まるんだなとワクワクしますね。

ここにはミッキーやミニーが描かれているので、ビデオや写真を撮るときは見逃さないようにしたいです。

ヨーロッパ

ヨーロッパの民族衣装はとってもかわいいですね。

こちらにはアナとエルサ、オラフがいます。ヨーロッパエリアはキャラクターが多いので、キョロキョロしてしまいます。

シンデレラにピノキオ、ピーターパン、アリス、ラプンツェルなどのキャラクターもこちらのエリアで見ることができるので、見逃すとまた乗りたくなっちゃうんですよね。

他にもたくさんのキャラクターを見つけることができるので、初めて乗る人はキャラクターを数えてみるといいかもしれません。

アジア

アジアエリアにはムーランやアラジン、ジャングルブックなどのキャラクターを見ることができます。

日本の文化も盛りだくさんです。スモールワールドはいろんな国の文化を見ることのできるアトラクションですから、キャラクター以外も忘れずに見ておきたいですね。

アフリカ

ライオンキングをここでは見ることができます。

ジャングルの仲間がいっぱいいるので、ここのキャラクターをカウントできれば見つけられるキャラクターはさらに多くなりますね。

中南米

中南米だから、ブラジルなどのあたりの世界ですよね。

ドナルドとホセ、パンチートがいるんですが、乗る場所によって見づらいかもしれません。

オセアニア

オーストラリアやハワイのある世界があるあたりといえば、スティッチやリロ、モアナにアリエルと知っているキャラクターがいっぱいいるので、「あ、いたー」と歓声を上げながら見てしまう人は多いでしょう。

フィナーレ

フィナーレエリアと呼ばれるこのエリアは、白の世界です。

こっそり隠れているキャラクターもいるので、こちらでもあちこち見渡してしまいますね。

民族衣装も白くなっているので、衣装の特徴がよくわかります。

グッバイ

あっという間に終わってしまったように感じるのがこの瞬間。

「あー、もう一回乗りたい」という風に毎回思いますね。

イッツ・ア・スモールワールドはウォルトの理想の世界

画像参照:東京ディズニーランド公式より

イッツ・ア・スモールワールドは、ディズニーランドの創業者ウォルト・ディズニーの理念、理想を表した世界的にもとても有名なアトラクションです。

中でもアトラクションのテーマソングの「小さな世界」は、分かりやすい歌詞とメロディーで世界中で親しまれています。

「小さな世界」の“世界は一つ”という歌詞からもわかるとおり、戦争のない平和な世界をテーマにしたアトラクションです。

アトラクション内の人形に子供しかいないのも、「平和な世界」=「子供の世界」であるというウォルト・ディズニーのテーマ設計が理由です。

イッツ・ア・スモールワールドの注意事項

落ちることもなく、暗い場面もないので小さいお子さんでも安心して楽しめるアトラクションです。

ですが、出てくる人形たちが苦手という人がいるかもしれません。

かくいう私も、子供のころスモワの人形が苦手であまり乗りたくないアトラクションの一つでした。

リニューアル記念の特別メニューも

イッツ・ア・スモールワールドのリニューアルを記念してキャプテンフックス・ギャレーでは5つの地域をモチーフにしたピッツァをリレー形式で販売しています。

第一弾:ヨーロッパ(2018年4月15日~7月7日)

第一弾はヨーロッパをイメージしてパンチェッタ&サラミのピッツァでした。

サラミとパンチェッタの塩気がチーズにとても合っていて美味しかったです。

画像参照:東京ディズニーランド公式より

第二弾:アジア

第二弾はマーボーナスのピッツァです。

ピリッと辛いなかに甘みを感じる食べごたえのあるピッツァです。

画像参照:東京ディズニーランド公式より

第三弾はアフリカ、第四弾は中南米、第五弾は南太平洋となっています。

パッケージもかわいいので、写真をとれたら記念の一枚になりそうですね。

まとめ

まだまだリニューアルされたばかりでゲストが集中している感がありますが 、しばらくすればリニューアル前と同程度の待ち時間になると思います。

新しいものを早く体験したいといったことがなければ、来年以降の混雑が落ち着いてからでもいいのではないかなというのが正直な感想です。

思い出があって、ディズニーランドに行くときは必ず乗るという人も多いスモールワールドですが、私も避暑や休憩を兼ねて初めて行ったときに乗っているのもあって、時間ができると待ってでも乗りたくなるアトラクションのひとつと言えます。

待ち時間は昔の思い出に花を咲かせたり、前に乗ったときの違いを話しているとあっという間なので、時間に余裕があったりのんびり回りたいときには一押しアトラクションです。

ポップでかわいらしくリニューアルされたスモールワールド、是非機会があれば訪れてみてください。

久しぶりな人ほど驚きと発見が盛りだくさんになることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA