【タワーオブテラーレベル13】2017年版!期間はいつまで?落ちる回数は?怖さはどのくらい!?

2017年、今年もディズニーシーでは「タワーオブテラー」の怖いバージョン「レベル13”シャドウ・オブ・シリキ”」(Shadow of Shiriki)やっています。

みなさんは乗ったことがありますか!?

私は怖くて春〜秋の「通常バージョン」しか乗ったことがありません(>_<)。

でもタワテラレベル13には興味あります!

しかも私、ビビりで怖がりなので、しっかり下調べしないと怖くて乗れそうにありません><。

タワーオブテラーレベル13がどんな動きをするのか、怖さについて調べに調べまくってまとめてみようと思います。

2017年にタワテラがレベル13をやっている期間についても紹介しますね^^。

画像引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/

【期間はいつまで?】タワーオブテラーレベル13

2017年のタワーオブテラーレベル13の期間は、1月6日(金)〜3月17日(金)です。

中高校生〜大学生向け「キャンパスデーパスポート」の販売期間とぴったり一致しています。

画像引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/

学生の皆さんはぜひ友達と行くっきゃないですね!

大人の皆さんも身長クリアしたお子さんも、学生に負けずにぜひ挑戦していただきたいと思います^^。

タワーオブテラーは普段から人気アトラクションで混んでいますが、「レベル13」期間中はさらに人気が高まり混雑します。

ファストパスを利用したり、早めにスタンバイ(並ぶ)ようにしましょうね^^。

【落ちる回数は何回?】タワーオブテラーレベル13

画像引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/

ずばり「7回」も落ちるんです!

通常のタワーオブテラーは3回の落下。

レベル13のは小刻みな小落下、不規則な中落下も含めて、全部で7回落ちるというのが定説です。

2012年から始まった期間限定タワーオブテラーレベル13は、初めは「4回落下」からスタートしました。

「レベル13」のタワテラは2012、2013、2014年と「4回落下」だったようで、2015年からは「7回落下」にバージョンアップ、名前も「TOWER of TERROR : LEVEL13 ”Shadow of Shiriki”」になりました。

公式サイトの英語のスペルを見ると怖〜いですよ〜^^。

落下の様子は実際に乗った人の話をまとめると次のようになります。

エレベーターに乗り込みシートベルトをしめます。

チーン、扉がしまる。セリフ。

「なぜ忠告を聞かなかった・・・」などなど。

怖い音楽&怖い笑い声

扉が開くと「さあ、手を振って。この世の自分に別れを告げ・・・」

画像引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/

*落下の様子はは1〜7に分けてまとめてみました^^。

1. 大きな鏡を見ながらセリフを聞き、演出を楽しむ。

乗り込んだエレベーターが後ろに下がり、上へ(下へ)移動する

ワイヤーが切れる音、ふいに中落下におそわれる(1回目)

2. ワイヤー引きちぎれる。シリキの影が少し見える

また中落下におそわれる(2回目)

3. 一気に最上階へエレベーターが上がる。外が見える。

少しだけ落下(3回目)下の方の窓

4. すぐ上昇して最上階へエレベーターが上がる。

外が見えます。

ここで写真を撮ります。

そして悲鳴とともに大落下(4回目)

5. いったん上がって落下(5回目)

6. いったん止まってキラキラ光が見える部屋に

みどりのシリキの顔がアップになる演出があるよう。

すぐに中落下(6回目)

7. いったん上がって落下(7回目)

最後に火花が散る演出があるよう。

「諸君は助かった・・・」のセリフでアトラクション終了となります。

【怖さはどのくらい!?】タワーオブテラーレベル13

画像引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/

まずアトラクションの動きの怖さが一番気になりますよね^^;。

タワーオブテラー(通称タワテラ)は「フリーフォール」型に近いアトラクションと言われていて、垂直つまり真っ直ぐ下に落下します。

エレベーターが下に落下する速さは、時速50kmと言われています。

車が走るスピードや他のアトラクションと比べるとそう大きな数字ではないですが、「垂直落下」のため手持ちのバッグやポップコーンバスケット、ぬいぐるみなど「浮きまくり」ます。

「モノが浮く体験」なんて日常生活でそうそうないため、怖いのとビックリするのと両方でパニックになりそうです。

タワテラの落下距離は最大で30m、時間にしてみたらほんの2〜3秒かもしれませんが、恐怖の時間はいつもよりも長く感じてしまいます^^;。

さて通常のタワテラとレベル13の怖さの違いですが、フェイントを含む「不規則な動き」による怖さで、恐怖感が倍増しそうです。

距離の長い「大落下」1回も怖いですが、予測できない小刻みな動きで上下したり、タイミングの読めない「中落下」2回は怖いのではないでしょうか。

個人的に怖そうだなと思ったのは、写真を撮って大落下したあと、上がったり下がったりを繰り返すところが怖そうだと思っています。

落ちる距離が短くても、立ち直る前に再び落とされたら、三半規管が変になるんじゃないかと不安でいっぱいです。

私は裏技を使わないとタワテラに乗れなくて、落ちる時に真上を向いて口(のど)をしっかり開けると、浮遊感が消えて怖くなくなるんです。

どうしてもダメ!って思った時には、思い出して実行してみてくださいね^^。

なおタワーオブテラーは、建物となるホテルや登場人物のバックグラウンドストーリーも大変凝っていて、乗り物の怖さを倍増させてくれます。

建物(ホテル)のオーナー、ハイタワー3世のその中に「呪いの偶像」シリキ・ウトゥンドゥが混ざっていて、シリキの呪いによってハイタワー3世が失踪してしまう・・・というお話です。

画像引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/

ディズニーシー公式サイトからスマートフォンで紹介ページが見れるので、あとで見に行ってみてください。

スクリーンショット引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/

「音声オン」で見るのがオススメ。怖いですよ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA