ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンってどれくらい怖いんだろう?

ディズニーランドの絶叫アトラクションの中で、ビッグサンダーマウンテン・スプラッシュマウンテン・スペースマウンテンは「三大マウンテン」と呼ばれているらしいです。
スプラッシュマウンテンは、急流滑り。スペースマウンテンは、室内型のジェットコースター。そして、このビッグサンダーマウンテンは屋外型のジェットコースターとなっています。
体感ですが、他の二つに比べて怖くないかも?
ということで、ビッグサンダーマウンテンについて、調べてみました!

ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンに登場する動物!

スペースマウンテンに比べて怖くないかな?という理由の一つが、コースの途中にいろいろな動物がいて、子供と一緒に乗ったときに、子供の気が紛れる!というところです。

さて、ここで問題です。ビッグサンダーマウンテンには何種類の動物が登場するでしょうか?

A 5種類
B 7種類
C 4種類
D 3種類

答えは・・・Cの4種類!

オポッサムという、ネズミの仲間と、
ビッグホーンシープという、大きな角をもつ動物。
そしてコヨーテ。

それ以上は思いつかない、という方は、洞窟に入った後を思い返してみてください。
洞窟の中には、たくさんの「コウモリ」がいましたね。
ということで、合計4種類の動物が見られます。

ビッグホーンシープは、ジェットコースターが登り切り、降りはじめたところで見れるので、「怖い!」と泣いている子供に、
「ヤギさんだよー」と声をかけている親御さんをよく見ます。

・・・・・・ビッグホーン「シープ」なので、正式には「ひつじさん」ですね。笑
コヨーテは良い声を聞かせてくれるので、是非耳をすませてみてくださいね。

「ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンのコースは案外長い?」

画像引用元:www.youtube.com
私の家族は絶叫系が大好き。「前方のバーにお掴まりください」は基本無視で、両手をあげてスリルを楽しみます。
それが当たり前だと思っていたのですが、絶叫がそこまで好きじゃない友達とビッグサンダーマウンテンに乗ったときに、言われました。
「まだ続くの!?終わりじゃないの!?」って・・・
確かにビッグサンダーマウンテンは、一回アトラクションが終わったような雰囲気を醸し出しておきながら、もう一度スピードを上げますね。

最初は屋外の動物たちを見ながらスピードアップ!
オポッサムやビッグホーンシープを通り過ぎたあと、一旦スピードがゆるまり、「あれ?もう終わり?ジェットコースターの乗り降りする場所に着くのかな?」と思わせます。
けれど、そこで迷い込むのは、岩が今にも崩れそうな金鉱跡!
というか、すでに崩れてきている!?

列車はゆっくりと慎重に洞窟を抜け、スピードアップします!
とっても大きな音でグラグラいっているので、音に敏感なお子さまは励ましてあげましょう!

・・・未確認情報なんですが、その金鉱で、後ろを振り返ると一日に一回だけ「金色の隠れミッキー」を見れるというのは、本当なんでしょうか?
もし見つけたら、教えてください♪

ビッグサンダーマウンテンのファストパスを取りたい!場所はここ!

ビッグサンダーマウンテンは人気のアトラクションのため、ファストパス制度がとられています。
どうしても乗りたい方は、早めにファストパスをとりましょう!
急いでスタンバイエントランスのすぐそばまで行っても、ファストパスはとれませんよ。

ビッグサンダーマウンテンのファストパスは、ビッグサンダーマウンテンのスタンバイエントランスに立ったとして右後ろ・・・木に囲まれた場所にあります。
慌てすぎると見逃してしまうので、落ち着いてチェックしてみてくださいね。
プーさんやモンスターズインクが人気なので、そこまで急がなくても大丈夫ですが「2個目以降のファストパス」として検討している方は、ファストパスがとれるようになったらすぐ行きましょう!

では、良い旅を♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA