【ディズニーランド】新潟から日帰りできるの!?【高速バス・車・新幹線】

新潟からディズニーランド・シーに行きたいけど、日帰りはできない……とあきらめてる人はいませんか!?

少々ハードな予定になりますが、新潟からディズニーランド、シーまでの日帰りができるんですよ^^。

高速バスのほか、自家用車新幹線を使った方法があるんです。

友達や家族など、一緒に行くメンバーによって交通手段を変えてる人もいるかと思います。

バス、車、新幹線で新潟から日帰りディズニーに行くと、どんな日程になるのかまとめてみました。

【ディズニーランド】高速バスの場合【新潟から日帰り!?】

新潟から高速バスでディズニーランド・シーに日帰りで行くときには「夜行バス」を使います。

ディズニーに行ける「夜行バス」は大きく分けて2通りあると考えています。

1つはインターネットで募集をかけているバスツアー。

新潟からは「ピンクのバス」でおなじみのウィラートラベルをよく見かけます。

ウィラーのサイトから直接申し込んでもいいですし、「楽天トラベル」など比較サイトから申し込む方法もあります。

画像引用元:http://travel.willer.co.jp/

2つめは地元の新聞チラシで見かけますが、新潟交通「くれよん」、越後交通「ゴールデンツアー」のバス会社ツアー、阪急交通社などツアー会社のバスツアーに参加する方法です。

画像引用元:https://www1.niigata-kotsu.co.jp/

上越方面の人は「マルケーバス」という会社からバスツアーが出ているようですよ。

新聞チラシを見てディズニーバスツアーに参加する方法だと、毎日バスが出ているわけではありません。

金曜発だと学生さん、お勤めの人には曜日が合いますが、ツアー外の日にディズニーに行きたい人には日程が不便です。

それでも地元の見慣れたバスに乗る安心感から、バス会社のツアーを選ぶ人もいるようですね。

高速の夜行バスでディズニーに行くとき、正確には「日帰り」でなく「0泊3日」の旅行になります。

ホテルを取らなくてもディズニーに行けますが、未成年の乗車には「同意書」が必要になるかと思います。

夜に寝ている時間に移動するため、体力に自信のある人向けの旅行になります。

【ディズニーランド】自家用車の場合【新潟から日帰り!?】

ディズニーランドに駐車場の入口なんてあるの?見たことない!という人は、グーグルマップ「東京ディズニーランドホテル」の裏、それからリゾートライン線路と海の間をみてください。

「航空写真」に切り替えると、びっしり車が停まっていますが、そこがディズニーランドの駐車場です。

駐車場の入口は一か所に固まっていて、ディズニーランドホテル裏にある立体駐車場より海側から入ります。

新潟からディズニーランドに行く場合には、この駐車場ゲートを目指してください。

画像引用元:http://tdl-web.blogspot.jp/

具体的なルートですが、「関越自動車道」という高速道路を使って、埼玉〜東京〜千葉と移動してきます。

いつも電車やバスで行くためイメージがわかない人は、国道17号線を群馬、埼玉、東京の順で走り、皇居や東京駅の横を通り過ぎて、海岸まで出て湾岸道路を走るとディズニーランドの駐車場。

新潟県から全て下道ですと、10時間以上かかってしまう場合があるので、一部または全部に高速道路を利用します。

おすすめのルートは、不慣れな人は車についているカーナビや、スマホアプリの「ヤフーカーナビ」に従うと確実に着けます。

画像引用元:https://play.google.com/

カーナビが予想外の道を示すこともありますが、渋滞情報を取り入れながら曲がり角や車線変更をアナウンスしてくれます。

車でディズニーに行く場合の移動時間ですが、高速道や駐車場入口の渋滞を避けるため、深夜に運転する人もいるようです。

早朝に着くつもりで新潟を出ると、徹夜で運転して仮眠も取れずにパークで遊ぶことになるからです。

夜早めに出て早く着き、舞浜で仮眠を取れた方が現実的なのでしょう。

仮眠は料金所前で待機しながら眠り、料金所が開くときにキャストさんに起こしてもらっているようですよ。

首都高に入るとJCTが多くややこしいので、国道14号(京葉道路)、国道357号(東京湾岸道路)の利用も頭に入れておきましょう。

【ディズニーランド】新幹線の場合【新潟から日帰り!?】

新潟から新幹線でディズニーランドに行く時には、東京駅まで新幹線で行き、JR京葉線に乗って舞浜駅で下車します。

新幹線ですが、新潟、長岡に近い人は上越新幹線、上越方面の人は長野新幹線を利用します。

ディズニーの入園引換券つきの「日帰り」新幹線ツアー商品が「びゅう」で売られていることがよくあります。

画像引用元:http://www.jrniigata.co.jp/

2人以上で行く人はおトクなツアーなので、びゅうに寄ってみてください。

入園チケット代相当が割引になり、イクスピアリやキオスクで使える商品券がつくこともあります。

その他「びゅう」の新幹線日帰りツアーでは、乗れる列車が指定されることがあります。

私が利用したときには、自由席の利用がダメだったため、全席自由席だった「始発」に乗ることができませんでした

ツアーを申し込むときに、細かなルールを確認して、納得できない場合は交通と入園チケット、別で購入するのもアリかと思います。

ツアーを利用せず、片道だけ新幹線、片道だけ夜行バスを利用したこともあります。

夜行バスで費用が抑えられ、新幹線で疲労がたまらないため、快適なディズニー旅行でした。

到着時間、出発時間を見て、新幹線と夜行バスを片道ずつ使うのも良いアイデアだと思います。


お一人様ディズニーで新幹線に乗る場合、残念ながらツアーは利用できません。

普通に東京に遊びにいくのと同じように東京ー新潟(長岡)までの特急券・舞浜ーお住いの駅までの乗車券を購入します。

「びゅう」の新幹線ツアーは、日帰りのほか1泊2日のツアーも販売しています。

ホテルもセットになった旅行がよい人は、宿泊つきのツアーをびゅうで探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA