【ディズニーの暑さ対策】必須グッズ7選と退避場所・クールスポットまとめ

8月になって夏休みも本番!

ディズニーのサマーイベントも8月になって一層の盛り上がりを見せています。

年々入場者数が増えているように強く感じるのが、この夏の季節であると言えるでしょう。

夏のディズニーを楽しみにしている人はとても多いです。そんな夏ディズニーでも人が少なめに感じる日があります。

それは「猛暑日を超える暑さの日」家族連れが減る傾向なので、通常の日よりゲストが少ないことが多いです。

暑くても、きちんと対策をすれば楽しむチャンスでもあります。

今回は夏ディズニーを暑さに負けずに楽しむための準備とスポットに絞ってご紹介します。

ディズニーを楽しむための必須暑さ対策グッズ7選

まずは夏ディズニーの暑さ対策のために、年間パスポート4年目で毎週末ディズニーに行っている筆者が持って行ったら便利だった!というアイテムを7つ紹介します。

暑さ対策グッズ7選
  1. 日傘
  2. フード付きタオル
  3. 飲み物
  4. 日焼け止め
  5. 瞬間冷却剤
  6. 折りたたみ椅子
  7. ミニ扇風機

それぞれ見ていきましょう。

グッズ1.日傘

高い建物がなく、日差しを遮るものが少ないディズニーリゾートでは、日差し対策必須です。

急な雨も多い夏、通り雨にも対応できる事を考えると晴雨兼用の日傘を持っていれば心強いです。

ショーの時やパレードでは使用できませんので、日よけとして考えるのであれば傘だけでは万全とは言えません

アトラクションや食事をのんびり楽しむ人であれば日傘でも十分楽しめるかもしれませんね。

Amazonで日傘を探す

グッズ2.フード付きタオル

日傘だとアトラクションに乗ったり、ショー・パレードの時は閉じないといけないので面倒くさい!という場合は、パークで売っているフード付きタオルがオススメです。

※画像出典:ディズニーリゾート公式サイトより

夏場にパーク内で購入できるタオルはほとんどがUVカット(紫外線遮蔽率90%以上)になっています。

このタオルが本当に有能なんです。上半身をすっぽりとカバーしてくれるので日傘をさしているよりずいぶん涼しく過ごすことができます

夏場は昼と夜の温度差がある日もあるのですが、夜はタオルで体が冷えるのを防いでくれるので一石二鳥ですよ。

Amazonでフード付きタオルを探す

グッズ3.飲み物

飲み物はパーク内で買うこともできますが、熱中症対策のドリンクを持って行くのもオススメです。

お茶やコーヒーなどのカフェインは利尿作用があり、場合によっては熱中症対策になりません。

特に、ディズニーシーに行く大人の中にはパークで飲むビール最高!という方もいるでしょう。

水分補給はビールで!なんて考えているとすぐに熱中症になってしまいますよ。

こまめに飲めるように凍らせたドリンクをもって行くと、飲むだけじゃなく持っているだけでひんやりして過ごしやすくなるでしょう。

Amazonで水を探す

グッズ4.日焼け止め

朝出かける前に塗った日焼け止めは時間がたつと効果が薄くなるので、定期的にしっかり厚めに塗らないとすぐに焼けてしまいます

特に首の後ろはほとんどの人が焼けているのを見かけますので、朝塗って終わりと思わず持参をお勧めします。

家に帰ってから日焼けで体中が痛いなんてことにならないようにしたいですね。

Amazonで日焼け止めを探す

グッズ5.瞬間冷却剤

もしもの時に心強いのが瞬間冷却材です。

袋をたたくと一気に冷たくなるアレですね。

首、わきの下、脚の付け根などの太い血管が近くを通っている場所を冷やすと体温が一気に下がりますよ。

屋内で休みたくてもお店が行列になっていることもありますし、ショーなどの行列で身動きが難しいことが想定されるときは必須アイテムです。

フード付きタオルの一部には首の後ろにポケットがあって冷却材を入れられるようになっていますよ。

Amazonで瞬間冷却材を探す

グッズ6.折りたたみ椅子

※画像出典:SOLCION公式より

夏ディズニーの醍醐味でもある散水ショーを楽しむためには、長時間座って待つ必要があります。

レジャーシートやTODAYなどをお尻の下に敷いて待っているという方も多いかと思いますが、地面からの反射熱は尋常ではありません

はだしで歩いたら火傷をするくらいの日もありますから、少し地面から離れた状態で座れる折りたたみ椅子は、快適に過ごそうと思うとあったら嬉しいアイテムです。

色々なイスを試してみましたが、『PATATTO mini』がコンパクトで軽量で一番使いやすいです。

パーク内で利用している人も多くなってきた折りたたみ椅子なのですが、多くの人が使っているのを真似するとパーク内では結構快適に過ごせます。

私もこれは持っていてよかったと実感しているアイテムです。

Amazonで折りたたみ椅子を探す

グッズ7.ミニ扇風機

ミニ扇風機はこの猛暑ですから、買っておくと日常でも使えて便利です。

今年は特に首から下げている人を良く見かけます。

電池式のものやUSB充電などの持ち運べる種類が増えているので、無風の日も風を感じると体感温度が下がりますよ。

Amazonでミニ扇風機を探す

ディズニーランド&ディズニーシーの屋内の暑さ退避場所

グッズだけではどうしようもないくらいに暑い時に涼しい屋内で休めるアトラクション、エリアを紹介します。

ディズニーランドの退避場所は2つ

カントリーベア・シアター

ウエスタンランドにあって待ち時間が少なく、ウェイティングエリアから屋内のこのアトラクションは夏の穴場になっています。

シアター内での飲食は禁止なので水分補給はできませんが、約20分間涼しい場所で座れるというのはそれだけで体に嬉しい環境です。

夏の間はバケーション・ジャンボリーとしてくまさんたちの夏休みが見られますので、期間限定を楽しめるのも嬉しいですね。

ミッキーのフィルハーマジック

こちらもカントリーベア・シアターと同じく長い時間座れるシアタータイプのアトラクションです。

待ち時間も少なくクールダウンにちょうどいい時間過ごせる夏にこそ足を運びたいスポットになっています。

少量ですが水が噴き出てくるギミックもあるのでクールダウンにはぴったりです。

ディズニーシーの退避場所は2つ

マーメイドラグーン

マーメイドラグーンのアンダー・ザ・シーエリアは完全に屋内で空調も効いているので過ごしやすいです。

お子さんや暑さが苦手な人は暑さのピーク時間はできるだけこちらにいるのがオススメです。

マジックランプシアター

暑さや寒さをしのいで行かれる方が多いのが、ここマジックランプシアターです。

年齢を問わず楽しみつつ涼めるので、夏はついついいっちゃいます。

時間制限のない場所でくつろいでしまうとそのまま出られなくなってしまいがちですが、待っているお部屋も涼しく過ごせるのでクールダウンするにはちょうどいい時間で出られるのはありがたいです。

ディズニーランド&ディズニーシーのクールスポット

※画像出典:ディズニーリゾート公式サイトより

夏のディズニーリゾートではいたるところに暑さ対策として、ミストが噴き出したり水が出てくるクールスポットが設置されています。

お子さんと一緒にのんびり楽しみながらクールダウンしているのを見ますが、お子さんには楽しめるアトラクションの一つになっていますから、クールスポットを通れる道を選んで遊びながら楽しくクールダウンしてしまいましょう。

ディズニーランドのクールスポット5か所

ディズニーランドではアドベンチャーランドに2か所、トゥーンタウンに2か所、ファンタジーランドに1か所設置されています。

  • アドベンチャーランドの橋
  • スイスファミリー・ツリーハウスの近く
  • ロジャーラビットのカートゥーンスピンの近く
  • ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイムの近く
  • クイーン・オブ・ハートのバンケットホールの近く

ディズニーシーのクールスポット5か所

ロストリバーデルタ、アラビアンコースト、ポートディスカバリーそしてミステリアスアイランドに1か所ずつ設置されています。

  • ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイルの近く
  • アラビアンコーストの小道
  • ポートディスカバリーの高架下
  • ミステリアスアイランドの通路

まとめ

ひと工夫することは「また行きたいと言える楽しい思い出を残すこと」につながります。

ずぶ濡れになるショーが大人気なのも夏ならではの光景ですよね!

ディズニーシーのウォーターフロントパークにある噴水はランダムで水が噴出してくるので、子供たちが楽しくずぶ濡れになって遊んでいるのをよく見かけます。

大人もつられて近づいて予想外に濡れて楽しそうにしていました。

そういう楽しみ方もあるディズニーリゾート、体調不良になるからと行くのを控えるのはもったいないです。

他の人が行くのを避けるような暑い日に対策して挑めたら、快適に過ごせる日よりも多くのアトラクションに乗れたりすることもあります。

とはいえ、暑さ対策はしっかり準備をして楽しい思い出を作っていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA