【電車・バス・車・駐車場情報!】ディズニーリゾートへの各アクセス、裏ワザ&お得情報!

東京ディズニーリゾートまでは電車、バス、車と様々なアクセス方法があります。

今回はパークまでスムーズに、混雑なく、お得に到着するための裏ワザ&お得情報をご紹介していきます♪

【電車編♪】ディズニーリゾートへスムーズにアクセスする裏ワザ&お得情報!

パークへ向かう京葉線ホームには有楽町駅から向かおう!

ディズニーリゾートのある舞浜までは京葉線を利用します。

この京葉線、東京駅から乗り換える際に、京葉線の乗り場までは非常に距離があり大変です。

実は京葉線のホームは、JR有楽町駅に近い場所にあるため、有楽町駅から乗り換えるとスムーズなのです♪

★JR品川駅から舞浜駅へ向かう場合★

JR品川駅→JR東京駅山手線ホーム→(徒歩約10分)→京葉線ホーム到着→JR舞浜駅

JR品川駅→JR有楽町駅→改札で証明書をもらう(徒歩約6分)→京葉線ホーム到着→JR舞浜駅

しかも、品川方面から乗り換えする人に限り、有楽町駅の改札の駅員さんに、京葉線の東京駅に乗り換えたいと伝えると、証明書をもらうことができ、改札を通してくれます♪

追加料金はかからず、正規の乗り換えルートなので、覚えておくと便利です!

京葉線の5・6両目が舞浜駅の改札に一番近い♪

ディズニーリゾートに向かう混雑は、JR京葉線舞浜駅のホームですでにはじまっています・・・

改札を出るまでに人がごった返すなんてこともよくありますよね・・・泣

そんな混雑を避けるために覚えておきたいのが、どの車両に乗るべきかということ。どこでもいいじゃんと思いがちですが、結構大事です。

東京駅方面から向かう場合、5~6両目に乗ると、降りた場所がエレベーターー前となり、最も改札に近い場所となります♪ベビーカー持参の方や、ご高齢の方と一緒であれば、エレベーターがすぐ利用できるので便利ですね。

3・4・7・8両目は階段付近で降りることができるので、混雑に巻き込まれることなくこちらもスムーズに改札へ行くことができます♪

混雑を避けるなら舞浜駅・北口へ!

長期休みや連休シーズンになると、ほんっとに舞浜駅、混みます。どの方面に帰るにしても、電車なら一度舞浜駅に向かうしかないので、閉園付近の時間帯は人の集中具合がすごいです。

楽しかった1日、帰りもなるべくスムーズに帰りたい!そんなとき、混雑を避けるなら「南口改札」ではなく、あえて「北口改札」を利用しましょう。

北口はディズニーリゾートの判反対側ですが、改札を抜けて右へ道なりに進むと、すぐに南口にあるホテルドリームゲート舞浜の横に出ることができます。

特にディズニーシーに向かう場合はリゾートゲートウェイ・ステーション側に出られるので便利です♪

南口を利用した場合よりも1分弱程度時間はかかりますが、あまりにも混雑しているようであれば、北口利用の方が速いこともあります。小さいお子様連れなら、足元の安全のためにも、急がば回れ、ですね!

【バス編♪】ディズニーリゾートへスムーズにアクセスする裏ワザ&お得情報!

舞浜駅~ディズニーシーは意外に遠い!ベイシティバスの利用がオススメ♪

舞浜駅からディズニーシーまでは徒歩で15~20分かかります。小さいお子様連れだとちょっと辛い距離ですよね。

ディズニーリゾートラインを利用するのが定番ですが、片道260円。なかなかあなどれない出費です。

そこでおすすめしたいのが、舞浜駅南口から出ている「東京ベイシティ交通バス」の利用です!

1時間に1~2本と本数が少ないので、事前に時刻表で確認する必要がありますが、片道150円(ICカード利用で145円!)と安く、約3~5分でディズニーシーに到着できます♪

運転・乗り換えなしの長距離バス、帰りに利用すると楽です♪

ディズニーランドに向かう際、公共交通機関を乗り換え、さらに乗り換えで向かう方も多いと思います。そこでおすすめしたいのが「直通バス」の存在。乗り換えの必要がないって、相乗以上に楽です。

都内や首都圏だけではなく、大阪、神戸、長野など、自宅の近くから直通バスが出ていないか、公式ページで確認してみましょう。

おすすめとしては、バスは交通渋滞があり、時間が読めないため行きは公共交通機関で。

1日しっかり遊んで疲れた後、帰りの時間をそんなに気にしなくても大丈夫ならぜひ直通バスを利用してほしいですね!予約しておけば席にも座れるので、疲れた体を休めることができます。

【車・駐車場編♪】ディズニーリゾートへスムーズにアクセスする裏ワザ&お得情報!

混雑時は葛西ランプより浦安ランプへ!

車でディズニーリゾートに向かう際、主都高速湾岸線からは葛西ランプで降りるのが最短ルートですが、混雑しているときは葛西ランプよりも浦安ランプを利用したほうがスムーズに駐車場に入れることが多いこと、ご存知ですか?

特に休日は葛西ランプ、めちゃくちゃ混みます。そのため、浦安ランプから出たほうが短時間で到着できる可能性が高いのです。

浦安ランプを出たら、道路の道案内に従ってディズニーランドの駐車場へ向かいましょう!事前に公式サイトで地図を確認しておけば安心ですね♪

また、帰りは閉園1時間前くらいから駐車場出口が混雑し始めることも、覚えておきましょう!

千葉方面から向かうなら、旧江戸川沿いの道路で!

千葉方面から車でディズニーリゾートへ向かう場合、案内表示通りに進みがちですがはやく駐車場につきたいなら、国道357号線をできるだけ使わずに、旧江戸川沿いの道路を利用するのがオススメ!

旧江戸川沿いを走ると、「舞浜ローズタウン前」の交差点に直接出られるので、スムーズに駐車場に入ることができます。

このルートで走っていても、途中、国道357号線へ誘導する案内標識を見かけることになりますが、すべて無視!無視してください!!

パークへの案内標識は最短ルートではなく、ディズニー側が理想とするルートを示しています。

イクスピアリの駐車場を賢く活用しましょう♪

ディズニーリゾート内の商業施設「イクスピアリ」。パーク用とは別にここにも駐車場があります。

この駐車場、入会金・年会費無料のイクスピアリカードに加入すれば、駐車場代が2時間まで無料になります♪

イクスピアリの駐車場は1時間510円、以降30分毎に260円加算されます。

無料の2時間分を合わせると、6時間以内ならパークの駐車場の普通乗用車平日料金より割安となります♪アフター6パスポート利用時などの短時間での滞在時に賢く利用しましょう♪

料金不要!送迎のみなら駐車場を無料で利用できます♪

ディズニーリゾートの駐車場にはパークの入り口の近くに送迎用の一時駐車スペースが用意されています。

このスペースを利用したい場合は、キャストさんに送迎できたことを伝え、中に入れてもらいましょう!10分程度無料で入ることができるので、もし送り迎えを頼める人がいるなら、駐車場代を節約することができます♪

ディズニーシーの駐車場へは、ディズニーランド側から!

ディズニーシーの駐車場ゲートへは、シーを右に見ながら進むルートで行くと、かなり先まで進んでからUターンをして入らなければなりません・・・。

そのため、ディズニーシーの駐車場に向かう際は、ディズニーランド側から向かいましょう!

ディズニーランドの駐車場やオフィシャルホテル群を左手に見ながら進むルートです。このルートならUターンする必要がなく、また駐車場ゲートが正面に現れるので初めて車で行く人にもわかりやすいです♪

特に浦安方面から向かうときにおすすめですよ!

駐車場の再入場で気を付けたいこと!

ディズニーリゾートの駐車場は、一度駐車場の外に出ても、当日同じ車に限って再入場することが可能です。

しかし!

再入場の際は最初に受け取った駐車券が必要で、もともと停めていた位置には停められないので注意が必要です。

先に入園していて、あとから合流する人を車で迎えに行く場合や、急用ができて自宅や仕事場に行かなければならない場合などに活用できるので覚えておきましょう!

駐車場は午前3時頃から停められることも!

ディズニーリゾートの駐車場利用時間は「開園前から」ですが、ゲート内に入れてもらえる時間は非公開となっています。開門に決まった時刻はなく、日にちによってバラバラです。

車で行く際は、なるべく開園より少し前に到着するほうが良いのですが、夜中に遠方から出発して、予定よりも大幅に早く到着してしまった場合などは、午前3時ごろからゲートに入れる場合もあります。

開園前だからとあきらめずに、1度向かってみるのも1つの手です!早めには入れたら、次の日に備えて休息をとりましょう♪

ディズニーリゾート周辺の交通情報は電話で問い合わせ可能!

車での移動時にぜひ利用してほしいのが、「東京ディズニーリゾート交通案内テレフォンサービス」です!

ディズニーオフィシャルのサービスとなっており、電話でディズニーリゾート周辺の交通情報を聞くことができます。しかも24時間利用可能!

周辺道路の混雑状況はもちろんのこと、ランドとシーの駐車場がどれくらい混雑しているのかまで教えてもらえます♪

遠方からだと周辺の土地勘もないので、どこがどれくらい混むのか、見当がつかないですよね。ナビで道順を確認しても、渋滞などで時間がかかってしまえば、1日のプランも変更せざるを得なくなってしまいます・・・。

長期の休み期間や連休などは通常と道路状況も大きく変化しますので、車でディズニーリゾートに向かう際は、ぜひ利用したいですね!

★まとめ★

いつもと同じアクセス方法でも、裏ワザを知っていれば混雑を避けてスムーズにパークへ到着することができます。

楽しい1日が渋滞や混雑で台無しになってしまわないように、出来る限りのことはしておきたいですよね。

小さなお子様連れや、ご高齢の方と一緒なら、安全のためにもなおさらです。

ご紹介した裏ワザ、お得情報を活用して、楽しい時間を過ごしてくださいね♪

(画像引用:http://www.tokyodisneyresort.jp/guide/)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA