【チュロスの種類】シナモン・ストロベリー・ポテト【ディズニーランド・シー】

ディズニーランド・シーの人気スイーツといえば「チュロス」

ポップコーンと並んで、チュロスは女子学生が必ず食べるワゴンフードです。

前は2種類くらいの味しかなかったのですが、最近ではいろんな味が楽しめます。

この記事ではディズニーランド・シーでチュロスの種類、シナモン・ストロベリー・ポテトについて紹介したいと思います。

【チュロスの種類】シナモン味はどこ?【ディズニーランド・シー】

シナモン味はディズニーランド・シーの両方で食べれます。

ただしイベントの関係で通常の「シナモン味」ではなく別の味にかわっていることもあります。

具体的な例をあげて説明します。

ディズニーランド・シナモン味チュロス

ふだんは「パークサイドワゴン」というアドベンチャーランドのチュロス屋さんで売っています。

画像引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/(以下同)

ワールドバザールの商店街をぬけて左にいってすぐのところです。

しかし2018年1月現在「アナとエルサのフローズンファンタジー」というイベントをやっているため、このチュロス屋さんでは「ホワイトチュロス」350円(ホワイトチョコレートシュガー)という別のチュロスを売っています。

いつものシナモン味のチュロスが食べたい場合には、アナ雪イベントが終わってから通常販売に戻るのを待ってみてください。

ディズニーシー・シナモン味チュロス

ディズニーシーではアラビアンコーストにある「オープンセサミ」という店で、シナモン味のチュロスを売っています。

こちらのチュロスもシナモン味が基本ですが、何かのイベントで種類が変わることがあるかもしれません。

「通常はシナモン味」とおぼえておくといいでしょう。

「ミッキーチュロス」といって断面がミッキーの形をしています。

値段は310円で、アナ雪イベントのホワイトチュロスより少し安いです。

次はストロベリー味のチュロスを売っているお店を調べてみました。

【チュロスの種類】ストロベリー味はどこ?【ディズニーランド・シー】

ストロベリー味のチュロスは、ディズニーランドのクリッターカントリー「ラケッティのラクーンサルーン」という店に売っています。

ストロベリー味のチュロス、値段はシナモン味と同じく310円

断面がミッキー型のところもシナモン味と一緒です。

滝つぼにズトーンと落ちるアトラクション「スプラッシュマウンテン」の近くにある…といえば場所が伝わると思います。

ディズニーランドの一番「左奥」になります。

行ったことがない人もいると思いますので、地図をのせたいと思います。

ストロベリーチュロスを食べたいな…と思った人は、ディズニーランドの奥の方になりますが、ラケッティのラクーンサルーンというお店を探して行ってみてください。

前にミニーちゃんがクリッターカントリーで「いちご摘み」の写真をとらせてくれたことがありました。

クリッターカントリー奥では、いちごが採れるのかもしれないですね^^。

次はめずらしい種類で注目、ポテト味のチュロスについてまとめてみました。

【チュロスの種類】ポテト味はどこ?【ディズニーランド・シー】

ポテト味のチュロスは、ディズニーシーのミステリアスアイランド「リフレッシュメント・ステーションという店に売っています。

値段は380円。チュロスの種類では、一番高いですね^^。

場所はマーメイドラグーンに行く途中にあって、むかし「ギョウザドッグ」を売っていた場所なんです。

現在はギョウザドッグは「ノーチラスギャレー」という少し奥まったお店に移動しました。

ミステリアスアイランドにグッズのショップや中華レストランがありますが、中華レストランの先にポテト味のチュロス屋さんがあります。

火山に囲まれた場所なので、ディズニーランドのストロベリーチュロスが売られてる場所よりはわかりやすいと思います。

「ポテト味」というのが珍しいのか、話題になっているようですよ。

また甘いだけのお菓子が多い中で「ポテト味」というおかず系のチュロスは男性にもうれしいですよね。

ポテト味のチュロス、実は私もまだ食べたことがありません。

今度ディズニーシーに行ったら、ぜひリフレッシュメント・ステーションに立ち寄って、ポテト味のチュロスを食べてみたいと思います^^。

最後にチュロスのなかま「ティポトルタ」についてもまとめてみます。

●ティポトルタはどこに売ってるの?

ディズニーランド「ビレッジペイストリー」にサクサクのティポトルタが売られています。

値段は380円。

ポテトチュロスと同じ値段です。

チョコレート・スウィートポテト味です。

チュロスとの違いですが、チュロスは「ドーナツ生地」を揚げてあるのですが、ティポトルタは「パイ生地」に近いものを揚げてあります。

チュロスはジューシーな食感ですし、ティポトルタはサクサクなお味になります。

どちらにもそれぞれの美味しさがあり、細長く持ちやすいフードとして人気があります。

ディズニーシーにも同じティポトルタが売られています。

「ハイタイド・トリート」というお店で、電車(エレクトリックレールウェイ)を降りたポートディスカバリーに近いところで、細い道ですが通りがかりに寄りやすい場所にあります。

ハンガーステージ、アクアトピア、ニモ&フレンズ・シーライダーに行くついでがある時には、ハイタイド・トリートにも立ち寄ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA