【ディズニー・仮装】手作りで子供に着せてインパーク♪【ミニー・ダッフィー】

ディズニーランド・シーでは、小学生以下のお子さん達は、一年中いつでも「全身仮装」ができるんです。

大人はハロウィーン期間のはじめ、終わりで決められた期間以外は、仮装できないですが、子供はいつでもオッケーなんです。

子供用のディズニー衣装もネット通販などで売ってますが、サイズが毎年変わったりするので、手作りできたら便利ですよね♪

この記事ではディズニーの子供向け・手作り衣装で、仮装がかんたんに出来るものを紹介していきたいと思います^^。

お裁縫がニガテな人も大丈夫なように書きますね。

画像引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/

【ディズニー・仮装】手作りの衣装を子供に着せてインパーク♪

画像引用元:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

どんなキャラクター、どんな衣装にするかですが、いくつか考え方があります。

・お子さんの好きなキャラクターで

・衣装を作りやすいキャラクターで

・公開された映画、季節の流行に合わせたキャラクターで

お子さんや親御さんのお好きなキャラクターなら何でも構わないと思います!

現実的にひとつ注意しないといけないのが、暑さや寒さでシンドイ思いをしないことです。

1〜2月の真冬のパークで、アナと雪の女王「エルサ」の仮装をする場合、肩出しのドレスでは寒くて寒くて、何を羽織るかよーく考えないといけないですよね。

逆に、真夏の暑い時期に、ダッフィーのモコモコ生地で全身を覆うようなカブリモノを、お子さんに着せたいと思う親御さんはいないと思います。

着せたいもの、着たいものと、気温や天気の問題には、頭を悩ませます。

クツや傘など、小物だって衣装に合わせたいですよね。

そんな理由から、今回は気軽に仮装できる、ミニーの服からつくり方を紹介してみます。

【ディズニー・仮装】ミニーのお洋服【手作り・子供】

画像引用元:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

最も簡単な水玉スカートだけ、上半身もミニーになれるワンピース風ツーピースの作り方を紹介します!

ミニーの水玉スカートの作り方

・簡単バージョン

長方形の布を輪っかに縫って、上と下を「三つ折り縫い」します。

上の「三つ折り縫い」にゴムを通せば、水玉ゴムスカートの出来上がりです。

手作りのいい所は、お子さんの成長に合わせてゴムを足したり、すそを長くして、2〜3年履けるところです。

赤地に白ドットが定番ですが、ピンク地に白ドット、黒ドット、パープル地など、好きな色でバリエーションが作れます。

ドット(水玉)は直径2cmくらいの大き目のにすると、ミニー風のスカートになります。

・すそが豪華な全円スカート

サーキュラースカートというフレアー風スカートにすると、すそが豪華できれいなシルエットができます。

1m×1mの大き目のドット柄を用意して、たて・横(4分の1)に折りたたみます。

半径50cmの円を描きカット、円の中心も5cmくらい丸くカット。

直径1mのドーナツ型ができますよね。

すそと真ん中を縫い、真ん中にゴムを入れて完成です。

大きいお子さんは全円でなく半円フレアースカートにします。

1m×2mの布を半分に折り、半径1mの半円にカットして、同じようにフレアースカートにします。

ミニーのワンピース風ツーピース

黒い長袖のピタッとしたTシャツを中に着せて、水玉スカートと同じ布で後ろ開きベスト(丸首)を作ると、ミニーのワンピース風ツーピースが出来上がります。

後ろ身頃を作るのが難しい…という人は、脇の下をマジックテープで止めるようにして作り、頭からかぶってお子さんに着せればオッケー。

ウエストとスカートの切り替わりは、上着をスカートにインして、上から太めのリボンをウエストに巻いてしまえば、わかりません。

ワンピースに見えるツーピースで、よくある方法なんですよ。

そでが難しい・・・という人は、手縫いでチクチクとギャザーを寄せて、身頃に縫い付けてしまってください。

下に黒Tシャツを着せるため、上着が少々不格好でも、肌が見えたりする心配はありません^^。

余った赤ドット布で、ミニーちゃんのリボンを作るのも忘れずに!

次はディズニーシーでおなじみ、ダッフィー風のお洋服、お子さん向けの衣装の作り方です。

【ディズニー・仮装】ダッフィー風のお洋服【手作り・子供】

画像引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/

風の衣装をつくるのに一番大変なのは、「ボア生地」の入手です!

片面がモフモフしている、ぬいぐるみ生地みたいのです。

これが入手できれば、もう半分はできたようなもの。

もしダッフィー色のが用意できなかったら、別の色でも構いません。

「染色ダッフィー」と言って、ブルーやパープルなど、好きな色にダッフィーを染める人もいるくらいです。

それではダッフィー風のお洋服で、簡単にできるものを紹介しますね♪

ダッフィー衣装・マントタイプ

化粧用ケープに、フード(帽子)がついたものを想像していただければ大丈夫です!

図のものは、ディズニーランドやシーで売っていた、キャラクター(デイジー)のフード付きタオルと同じ形にしてみました。

真四角の布でマント部分を作り、フードも長方形を2つ縫い合わせて作ります。

ダッフィーの両耳がつけにくいですが、そこは頑張って、良い位置に縫い付けてしまいましょう。

ひもやボタンを縫い付けて、前で止められるようにしたら、完成です。

ダッフィー衣装・そで付きパーカータイプ

厚手のパーカーを縫うのと同じ方法で、ダッフィー風パーカーを作れます。

パークで羽織るほか、普段の生活でも暖かく着れて重宝しますよ^^。

前身頃、後ろ身頃は、手持ちのお子さんのパーカーで、やや大きめに型紙を取ります。

そでの型紙も既製服から適当に切り出しますが、そで布を大きめにカットし、身頃に縫い付けてから余り布を切り取れば、結果オーライで作れます。

ミシンがない人も、手縫いの「半返し縫い」でザクザク縫っていって大丈夫です。

フードは真ん中にマチがあり耳をはさみこむデザインにしましたが、面倒なら「マントタイプ」と同じように、長方形2枚を縫い合わせる形でもオッケーです。

後ろ身頃の腰のあたりにも、茶色いフェルト生地でダッフィーの体についている「ミッキーマーク」を、小さくカットして縫い付けてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA