【ディズニーシー】滝や洞窟、びしょ濡れもあり!?アクアトピアのコースを紹介♪【夜もおすすめ!】

これからの暑い夏にぴったりのアトラクション―――『アクアトピア』。

ディズニーシーではいろんな世代のゲストに大人気のアトラクションです!

水上には様々な仕掛けがあり、コースごとに違う楽しみを味わうことができます。

アクアトピアに乗って、ディズニーシーの暑い夏を乗り切ろう!

ディズニーシーのアクアトピア、移動するコースは毎回違うんです!

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html

アクアトピアを既に乗ったことのある方は、もうお分かりのはず。

同じコースを連続で回ろうとしても、難しいですよね。

どうしてなんでしょうか?

気になるその疑問、解決しちゃいましょう!

アクアトピアのアトラクションにはレールが敷かれていない。

ライド系のアトラクションは、基本的に地面にレールが敷かれていますよね。

規則的な動きをするので、どこに向かっているのかがすぐにわかります。

しかし!

アクアトピアのヴィーグルが移動する水上には、レールがありません!

どうやって移動しているか、既に知っている方は自慢できますよ♪

アクアトピアでは『ファクトリーオートメーション』といったシステムでヴィーグルの動きを管理しているんです!

アトラクション内にある大きなタワーと、ヴィーグルひとつひとつとが通信で繋がり、その全てがコンピューターで制御されています。

とっても近代的な移動システムです!

水中を覗き込んでもレールが見えない、動きが予測できない謎はこれで解決ですね。

ちなみに、ディズニーランドの『プーさんのハニーハント』にも、この移動システムが採用されています。

プーさんのハニーハントにも、実はレールが敷かれていないんですよ。

でも、アクアトピアのコースはスタート時にある程度選択することができます。

ディズニーシーのアクアトピアのコースを分析――滝にはどうやって行くの?びしょ濡れコースって?

アクアトピアのスタンバイ場所に入ると、まず右側か左側かを選ぶことができます。

右側は『海側コース』、左側は『陸側コース』。

また、海側コースに2通りのコース、陸側コースに2通りのコースがあります。

全部合わせると、4通りのコースを楽しむことができます♪

「皆さん、好きですよね~滝!」ディズニー好きは、滝好き?

ジャングルクルーズのお兄さんが良く言う台詞ですよね♪

みなさんも勿論、滝、好きですよね?

アクアトピアのコースにも滝の傍を通れるコースがあります!

滝を見たいそこのあなた!

まずは、左側の『陸側コース』を選ぶのです!

陸側コースに行けば、滝の正面に行けるかもしれません。

残念なことに、絶対に行けるとは限りません…。

陸側コースも2通りあるので、運次第です!!

でも!アクアトピアは待ち時間が少ないアトラクションなので、何度でもトライしてください♪

ちなみに、右側の『海側コース』の見どころは洞窟です。

こちらもまた、洞窟の中に入れるかどうかは2分の1の確率です。

夏限定の『びしょ濡れコース』もご紹介!

アクアトピアといったら、やっぱりびしょ濡れコース!

夏季限定の特別なコースです。

通常のアクアトピアでは、濡れるといってもほんの少しです。

しかし!

びしょ濡れコースはそんなものじゃありません。

終わった後は、まるでプールにでも入ってきたくらいびしょ濡れになります!

夏にアクアトピアの近くを歩いたことのある方はわかると思います。

乗り終えた人たちが、頭のてっぺんからつま先までびしょ濡れだったことを…。

私も初めて見たときは、一体何があったんだろう?と思いました。

ディズニーシーでの夏のショーも、かなり濡れる演出なのでそのせいかな?と考えたのですが、ショーの時間でもありませんでした。

原因は、アクアトピアでした。

アトラクションであそこまでびしょ濡れになるのは本当にびっくりです!

乗ろうと思っている方は、油断していると痛い目をみること間違いなし。

濡れたくない方はかっぱを着用するか、普段のコースで楽しむことをおすすめします。

びしょ濡れコースに挑戦したい方は、くれぐれも貴重品には気を付けて。

特に、電子機器。横からも容赦なく水が襲ってくるので、防水はしといた方が安全です!

私自身、アクアトピアのびしょ濡れコースに着替えは必要?という質問をよく受けるのですが……

応えは「YES」!

アクアトピアに限らず、ディズニーシーの夏をめいっぱい楽しむためには必需品です。

すぐ乾くとはいっても、濡れたままの状態でレストランや他のアトラクションに行くのは、他のゲストさんに迷惑をかける可能性があります。

タオルも勿論必要ですね。

特に夜になってからは気温も下がりますので、着替えがないと風邪をひいてしまうかもしれません。

この点をしっかい把握して、アクアトピアのびしょ濡れコースを楽しんでください!

一回乗るとやみつきになってしまうこと間違いなし♪

アクアトピアの夜は幻想的。ディズニーシーで異色な雰囲気を味わおう!

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html

みなさん、アクアトピアの夜を見たことがありますか?

私は夜のライトアップされているアクアトピアが大好きです!!

ディズニーシーの夜景といったら、やっぱり中央の海に面した景色と思いがちですが…

アクアトピアもおすすめです♪

綺麗な青を基調としたイルミネーションが辺りを照らしています。

まるで映画『アバター』のような幻想的な色合いの景色が広がっています♪

夜にアクアトピアに乗ると、昼間と雰囲気が全く違うのです。

まるで別のアトラクションのよう!

みなさんもぜひ、昼間と夜間のアクアトピアを楽しんでください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA